Page Top

DYM

About 会社情報

CEO水谷佑毅メッセージ

イメージ写真: CEOメッセージ

株式会社DYM代表取締役の水谷佑毅と申します。以下に私達のビジョンや考え方のうち、特に大切にしていることを箇条書きでまとめましたのでご覧いただけますと幸いです。

  • 当社は「世界で一番社会を変える会社を創る」のビジョンの基に世界で一番新規事業を行っていき、社会の諸問題を解決できる会社を目指しています。当然「株式会社」ですので利益の追求も行いますが、事業の中で必ず社会に貢献していければと思っています。
  • 人生は1回しかありませんので、この1回しかない人生を無駄に使うことなく、社員一同で何かを成し遂げたいと考えています。具体的な目標としては「DYMを世界を代表するメガベンチャー」にしたいと考えています。定量的な目標としては、私は現在34歳なのですが、私が37歳になるまでに100億円、47歳になるまでに1000億円、私が完全に引退する時までに1兆円の売上の会社を創造したいと考えています。
  • 私達は「1000年後にも存続する会社」を目指しています。ベンチャーというと常に攻める事だけを優先的に行う会社と思われがちですが、私達は「絶対に潰れない戦いをする」をテーマにしています。そのため、どんな不況や環境の変化があっても会社が継続できるように最大限の努力を行っています。このため単一事業ではなく複数の事業を行う事を美徳と考え、毎年3-4事業新しい事業を立ち上げています。また財務基盤に関しても自信を持っており、創業以来実質無借金経営でかつ、2年間会社を一切動かさなくても潰れない屈強な財務基盤が当社の誇りです。
  • 「新しい価値観を創造する」事をしていきたいと考えており、今世界に存在しない事業の創造をこれからも行っていきたいと考えています。
  • これからの日本は少子高齢化が進むため日本のGDP及びマーケットは必ず縮小していくと考えているため「外貨を獲得する」事をテーマにタイ、シンガポール、中国などに積極的に海外展開を図っており、アジアだけでなく出来る限り早いスピードで全世界的に展開していきたいと考えています。
  • 積極投資分野として、今期から特に私が創業した理由でもある医療事業に多角的に進出していきたいと考えています。現在新規事業として取り組んでいるのが医療メディア事業、医療人材事業、産業医紹介事業、海外医療事業ですが、これから日本国内における法人の従業員の健康管理事業及びメディカルツーリズム事業を強化し、社会に貢献できればと思っています。

私達は本気で世界中の社会を変革し、社会に貢献できればと考えています。会社として未成熟な部分も多々あると思いますが、ぜひ私達の本気の志を応援いただければ幸いです。

DYMのサービスに関するお問い合わせ

DYMへのご質問やサービスについてのご相談等、お気軽にお問い合わせください。

このページのトップへ戻る

Back to top