Page Top

DYM

新卒紹介事業部 課長代理 DYMの魅力:成長「自ら考え、行動する環境」で自らの実力を開花。一年目から役職に。

QUESTION 1

DYMで働くことを決意した経緯を教えてください。

私がDYMに入社を決めた理由は、2点あります。それは「成長性」と「社風」です。「成長性」という要素は、私自身が就職活動をするうえで、「20代で誰よりも成長できる環境」を重視していたということと関わりがあります。規模を問わず、さまざまな企業を研究しましたが、DYMは、ベンチャー企業の中でも顕著な成長性があり、入社後は、多くのことにチャレンジしていける環境だと感じたことが最大の決め手となりました。加えるなら、数ある企業の中でも、「突き抜けて成長をしていくという強い思い・意思」が感じられたことも私の心を揺さぶりました。

もう一点が、「社風」です。DYMでは、面接や面談時に会う社員すべての人が、嘘偽りなく今の仕事を楽しんでいることをひしひしと感じました。また、仕事と遊びを全力で行うという社風が、私には合っていると思ったことも決め手でした。

DYMには、20代のうちに精一杯働き、そのことで誰よりも成長し、多くの未知の領域にチャレンジしていける環境があると思います。発展途上にある今の時期のDYMだからこそ、「大企業になる・大企業を創るプロセス」の中心にいる醍醐味があると思っています。もしかしたら、10年後の「大企業としての」DYMであれば、私は入社していなかったかもしれないと思えるほどです。

QUESTION 2

DYMでの仕事内容を教えてください。

今の仕事は、新卒紹介事業の提案をする新規開拓営業です。
営業と一口に言ってもさまざまなスタイルがありますが、人材紹介の営業は、企業へのアポイント取得から訪問、という形が基本となります。営業であるからには毎月の目標数字を達成することが重要ですが、そのうえで重要な事としては、お客様から「信頼されること」です。企業への初回訪問時の第一印象からお客様との信頼関係を築くために、営業担当はさまざまな準備をします。話の内容はもちろんですが、立ち振る舞いや、一つひとつの言動への気遣いを通じて、お客様から、「この人に採用を任せたい」と思われるような営業パーソンになることが重要なのです。

私たちのミッションは、「企業の新卒採用の問題を解決すること」です。新卒紹介という事業は、学生と企業をマッチングさせていくというもの。企業視点で考えれば、採用という経営の核となる要素での悩みを聞き、その問題を解決出来ることが重要です。また、学生視点では、WEB媒体では見つけることができない優良ベンチャー企業や優良中小企業。ひいては入社後に活躍できる企業を学生側にダイレクトに紹介していくことで、入社後のミスマッチをなくすことが出来ます。

今後、この事業を世に広めていくことで、日本の新卒採用事情も劇的に変化し、日本経済のさらなる発展に寄与できると考えています。新卒紹介事業の新規開拓営業では、経営の核となる要素である採用を扱うだけに、必然的に経営トップである社長と向き合うことが多くなります。経営トップと接点を多く持つことで、起業に至るまでの経緯や、経営上の諸問題を伺うことが多いので、日々の営業活動が、生きた勉強となっています。

DYMは平均年齢も25.7歳と、非常に若い会社ですが、出来る人には何でも任せる。出来る人にはチャレンジする場を与えてくれる企業です。私も就職活動を通じて、また社会に出てからの営業活動を通じて、さまざまな企業を訪問してきましたが、DYMのように、「自ら考え、自ら行動することが出来る環境」は非常に少ないと思います。そして、結果を残せばすぐに評価される体制も整っています。私も1年目から役職を与えられているほどですから。

QUESTION 3

仕事をするうえでの、スタンスやポリシー、譲れないポイントを教えてください。

「愚公移山」。これが私の、座右の銘です。
「ものごとは粘り強くやれば、きっと目的は達成される。努力は、どんな難事業でも成し遂げる事ができる」。これは中国の故事成語です。私自身このように一つひとつの物事に対し愚直に取り組み、目的を達成していきたいと日々考えています。そして仕事をするうえでは、重要なのは自らで高い目標を設定し、そこに対して己に嘘をつかず、やり抜くことが重要だと考えています。与えられた目標だけでは、人は本当の力を発揮することはできないと思っています。自分自身が目標を設定し、それに対し計画を立て、愚直に取り組んでいく。この姿勢を大切にして、これからも仕事に取り組んでいきたいと思っています。

QUESTION 4

DYMで働く魅力を教えてください。

今はDYMという企業名を聞いても、知っているという人は、多くはないと思います。しかし、私たちは本気で世界を代表する会社を作っていこうと思っているのです。大手企業に入社して、決められたルートを歩くのが楽しいと思うか、大手企業を創るために自らの一生を注ぐか。これは人によりさまざまな考えがあってよいと思います。しかし、私は自分たちの手で、自分たちの努力で、DYMという企業を成長させ、世界を代表する会社を作りたいと思っているのです。

DYMでは、新規事業が年にいくつも立ち上がります。その責任者には、若手社員・新卒社員が抜擢されることも数多くあります。一般的にはなかなか経験できない事業の立ち上げを、20代前半で担うことが出来るのは、この上ない成長のチャンスだと思いませんか?

大手企業で、50代のサラリーマンがリストラされて行くような社会の中で、どの企業が安定かなんて、誰にもわかりません。「自分の実力を最速・最短で身につけることが出来る環境=本当の意味での安定」を手に入れることが出来る環境がDYMにはありますし、それこそが何よりの企業の魅力を物語っていると思います。

QUESTION 5

就職活動をしている学生のみなさんへのアドバイスをお願いします。

就職活動は、自らの人生を左右するということを、認識してください。
自分の志望企業を考えたときに、なぜ志望しているのかを考えてください。

そこには必ず何かの「核」があるはずです。企業に合わせて就職活動の軸を作ったところで、人事担当者・社長には必ず見抜かれます。自分が本当の意味で働きたいと思える企業は、自分の今までの人生・体験に基づいて決定しているはずです。社会的評価が良いから。福利厚生が良いから。ネームバリューがあるから…といった観点のみで企業を選んでほしくないのです。

自分の人生は自分で決めてください。そのためには、しっかりと悩むべきだと思います。悩んで、悩んで、そのうえで自らの意思で決断した方向は間違っていないと思います。おそらく突き進むことが出来ると思います。自らの思いを形にできる企業を選び、活躍してほしいと願っています。

QUESTION 6

人生で一番がんばったことを教えて下さい。

サッカーです。小学校1年生から大学4年生までの16年間サッカーに打ち込んできました。プロサッカー選手になるという目標を掲げ、本気でその目標に向かって取り組んできました。本気でサッカーしかやってこなかったので、正直勉強もろくにしてませんし、あまり遊ぶ事も出来なかった学生生活でした。でも、周りもみんなプロサッカー選手になる事を念頭に置いてストイックに練習に取り組む。そんな環境でずっとサッカーをしてきたことが私自身の性格を形作っているのだと思います。常に高い目標を掲げ、正直きつい練習でも自分の掲げた目標のために取り組む。仲間と共に勝利を目指す。ライバルとの競争の中でレギュラーを勝ち取る。そんな環境でやってきたことで、フィールドをビジネスというものに変えても、同じ姿勢で仕事に取り組むようになれていると思います。友人がJリーグで活躍している姿を見ると、応援する一方で「負けてられない!」と思って仕事に身が入るので、そういう点でもサッカーを本気でやってきて良かったと思います。

QUESTION 7

DYMだからできたことを教えて下さい。

すべての仕事が新卒1年目に任せる仕事ではないものばかりです。入社2ヶ月で一人で法人への営業回り、入社半年で新しい企画を任され、入社1年目にして新事業の立ち上げを任される。こんな会社ないと思います。そして、人材紹介というビジネスを行っている関係上、提案先は社長になる事が多く、何百人という社長の方とお話をさせて頂いております。人材の採用を考えるという事は、その会社の経営を考えるという事・会社の未来を創っていくという事です。経営能力というのは本を読むだけでは身につく事は無いですし、独自の手法で成功する人はそう多くありません。様々な社長様へ提案すると同時に色々と勉強させて頂く。ここでしか得ることが出来ないものは思った以上に多いと思います。「将来への夢・目標に最短距離で進んできている。」そんな実感をさせて頂いております。

QUESTION 8

一日の仕事のスケジュールを教えて下さい。

9:30 出社
メールチェック・スケジュール確認
10:00 全体朝礼
新規顧客訪問
代理店との打ち合わせ
学生担当との打ち合わせ
資料作成
帰社

※本ページに登場している社員に関する情報は2015年4月1日時点のものです。

DYMの魅力成長
成長1
成長2
成長3
成長4
他のDYMの魅力も読む
成長
社風
事業内容
社長

DYMのサービスに関するお問い合わせ

DYMへのご質問やサービスについてのご相談等、お気軽にお問い合わせください。

このページのトップへ戻る

Back to top