Page Top

DYM

社長室 課長代理 DYMの魅力:成長 入社後すぐに、社長とともに新規事業の立ち上げに携わる。現在では営業担当として提案活動に従事。

QUESTION 1

DYMで働くことを決意した経緯を教えてください。

私は、就職活動を通じて、「どんな時代でも自分の力で生き残れる人材になる」と自らの未来像を定めました。このビジョンを達成させていくためには、どういう会社に入るべきか。私なりに考えたポイントは、「若いうちから裁量権を持って働ける企業であること」「自分が出した結果が、正当に評価される企業であること」だったのです。また、「大企業か、ベンチャー企業か」ということも考えました。成長するためには、特に20代のうちに必死になって働くことができ、その頑張りが正当に評価されることこそが、次のモチベーションにつながる。そのためには、20代のうちにさまざまなことが経験できるベンチャー企業が、自分には向いているのではないかと思ったのです。こうしたことに加えて、「自らの仕事が、社会にどれだけ大きな影響を及ぼすことができるのか」ということも意識していました。

いろいろな企業を研究し、訪問しましたが、私自身の「就職軸」に最も合致していたのがDYMでした。なかでも「医療現場のIT化の促進」というテーマには深く共感しました。もともと報道等を通じて、医療従事者の過重労働という社会問題には興味と疑問を感じていました。DYMの事業は、その解決策につながると感じたのです。自らが成長することができる環境があり、その成果が社会に役立っていく。私は、何の迷いもなく、DYMに飛び込むことができました。

QUESTION 2

DYMでの仕事内容を教えてください。

入社後、社長室へと配属が決まり、ちょうどその時期を同じくして、研修事業を新規事業として立ち上げることになりました。立ち上げメンバーは、代表である水谷と私、そしてもう一人の同期の3名。社会に出たばかりの人間2名と経営トップという風変わりなチームでしたが、多くのことにチャレンジすることができ、一般的な入社1年目の新入社員では味わうことができない経験をすることができました。もちろん日常は試行錯誤の繰り返し。しかし、そのなかで自分が試してみたいと思ったことは、全てチャレンジすることができるという環境がDYMにはあったのです。「行動して失敗することは良い。しかし行動しないことが、一番ダメなことである」。DYMには、こうした不文律が存在しています。立ち上げ当初は経営層向けの研修が中心でしたが、現在では新入社員向けの研修も行っています。私は、営業担当として、お客様の会社にどれだけ大きなメリットを与えることができるのか、研修という商材を通じて、お客様をどれだけ幸せにすることができるのかという点について考え、行動し続けています。いずれは医療事業を通じて、全国の多くの方々へ幸せを提供できるような人材になりたい。今は、そのための大切な「修行期間」だと捉えています。

QUESTION 3

仕事をするうえでの、スタンスやポリシー、譲れないポイントを教えてください。

仕事をするうえでのポリシーとして大切にしていることは「常に考える」ということ。世の中には完璧なものなど存在しません。また、常に時代は変化し続けます。そのためにはどんな場面においても「考える」という姿勢が何よりも大切になると思います。

考えるうえでの「ヒント」というものは、案外自分の身の回りに数多くあるものです。通勤時に見る電車広告。歩いている人の服装、何気なく聞こえてくる会話…。こうしたことを「ヒント」として感じるように気をつけているかどうかというセンスもまた重要だと思っています。考えることで次なる「楽しみ」を生み、その楽しみが更なる結果を生み出すという、いい循環を続けていきたい。そのためにも、「常に考える!」「常に動く!」「常に改良させる!」です。

QUESTION 4

DYMで働く魅力を教えてください。

最も強く感じることは、ただ単に与えられたことを「こなす」のではなく、自分でより良い方法を考え、チャレンジできる環境があるということです。成果を出すために、部署全体で協力し、試行錯誤を繰り返すなかで事業を創っていく。このことが本当に楽しくて仕方がありません。

一般的には「仕事が嫌だ」「仕事がつまらない」という人もいることでしょう。しかしDYMでは、皆が一生懸命働くことを楽しんでいるせいか、私自身、モチベーションが下がるということを経験したことがないほどです。一人ひとりに与えられる目標は、一般的に考えても相当高いものだと思います。しかし、だからこそ苦労してそれを成し遂げた時に、全員で喜びを共有することができるのです。共に喜びを分かち合うことができる仲間がいる会社は、本当にいいものだと実感しています。

またDYMでは、新しいことに対してどん欲にチャレンジしていける環境があるので、入社年次に関係なく、社長に事業提案することができます。その提案が認められれば、自らが責任者となって事業を立ち上げることも可能なのです。自分がやりたいことが実現できる会社。それがDYMの魅力だと思います。

QUESTION 5

今後成し遂げたいこと、将来の夢や目標について教えてください。

人生においての目標、それは「何かをやりたいときに、できないことがない」人間になること。これは時間においても、経済的にも、スキル、人材…あらゆる面において「自由」を手にすることを意味します。私は将来の「自由」を手に入れるために必要な力を、DYMで得たいと考えています。

また、入社時に私が感じた理想である「医療現場に従事する人の労働環境の改善」も実現したい。これは私の母親が医療従事者であり、その姿を見続けてきたことに起因していることです。アイデアはいくらでも沸き上がり、そのことを通じて「もっとこうした方がいいのに…」という思いは芽生えるのですが、医療という世界は、思いだけで一点突破できるほど単純な業界ではありません。こうしたことは医療現場を肌で感じてきた水谷はより強く実感していることです。しかしどれだけ手間と時間がかかっても、いずれは私たちの思いを一点突破させていきたい。そして改革していきたい。それが私の夢でもあります。

QUESTION 6

休日の過ごし方を教えてください。

休日は、思いっきり遊びます。スポーツをしたり、食べたり飲んだり、旅行に行ったりと、自分が好きなことをとことん追いかけます。仕事が大切なことはもちろんですが、人生を思いっきり楽しむためにはメリハリも重要。思いっきり働くために、思いっきり遊ぶことを心掛けています。

QUESTION 7

就職活動をしている学生のみなさんへのアドバイスをお願いします。

就職というものを通じて、自分が本当に求めていることとは何か。まずこのことをしっかりと考えることをアドバイスとして贈りたいと思います。企業の「ブランド」や「知名度」だけで自分の未来を決めてしまうのではなく、就職を通じて「自分がどうなりたいのか」、この点を深く考えた方が、社会に出てから自らの幸せにつながることは明白です。就活が大変なことは、私も身をもって理解しているつもりです。しかし、自分の夢を明確に持っていれば、そのことに対しての強い意志があれば、必ず乗り越えられるものです。そして、どんなに辛くても「楽しむ」ということを忘れないように。一度限りの人生です。「楽しんだもの」が最後には勝つのですから。

QUESTION 8

DYMだからできたことを教えて下さい。

DYMだからこそ出来たと思うことは、新人のうちに多くのチャレンジを経験できるということです。実際に入社して始めに行ったのが、経営者向けの研修事業の立ち上げでした。事業計画の立案、営業、マーケティングなど本当に事業立ち上げに必要なことはすべて行いました。代表の水谷からは、失敗を恐れずにどんどんチャレンジしていいと言われており、自分が考えたことややってみたいことは普通じゃ出来ないほど数多く経験出来ました。また、1年目からでは会えないであろう大企業の社長から様々な規模の代表の方まで会う機会を与えられ、その方々から勉強する機会を多く与えられたことはDYMでしか出来なかったことだと思います。自分の未だ体験していないことを、自分よりはるかに経験してきた人から教えられ、それを実行できる環境など他にはないと思います。更にそれを1年目や2年目にまかせてもらえる機会など早々ありません。このように自分の可能性を広げるチャンスが多くあることが大きな魅力です。

QUESTION 9

誇れることを教えて下さい。

どんな時でもポジティブでいれることです。例え自分が辛いと感じる状況になっても、それが自分にとって必要なことだったんだと考える事が常に出来ます。今までで多くのことのにチャレンジをしたり、挫折してきたからこそ、この癖が身についたのだと思います。小学校・中学校では習い事を10個以上、高校大学では自ら部活やサークルの創設を行ってきました。チャレンジする中で、どうしてもうまくいかなかったり、断念せざるを得ない状況が立ちはだかったことは多く、その度に、次はどうしようという前向きな気持ちでいることを心がけていました。これは中々頭では考えることは出来るけれども、日常生活で活かすことは難しいものです。私は今までの人生の中で、常に前向きに、ポジティブに生き続けてこれたと胸を張って言えることが、私の誇れることです。

QUESTION 10

どんな人がDYM向いていますか?

自ら主体的に行動できる人です。DYMでは様々なチャンスを得ることが出来る環境があります。しかし、それはただ待っていてもつかむことは出来ません。自分の仕事に全力を持って挑み、成果を出したものには自分の実力以上の事ができるポジションやチャンスを与えてもらうことが出来ます。それに挑戦し、乗り越えていくことで他では出来ない圧倒的成長を遂げることが出来ます。なにが言いたいのかというと、ただDYMに入るだけが目標と考えている人は、DYMには合わないです。DYMで得られることが出来る環境やチャンスを使い、自分の「夢」や「目標」を達成しよう、叶えようと強く考えることが出来る人は、求めている環境がDYMにはかならずあると思います!

QUESTION 11

一日の仕事のスケジュールを教えて下さい。

9:00 出社し一日のスケジュールの流れを確認
訪問を4~5件周り
19:00 次の日の準備、勉強、他社の人との食事

※本ページに登場している社員に関する情報は2015年4月1日時点のものです。

DYMの魅力成長
成長1
成長2
成長3
成長4
他のDYMの魅力も読む
成長
社風
事業内容
社長

DYMのサービスに関するお問い合わせ

DYMへのご質問やサービスについてのご相談等、お気軽にお問い合わせください。

このページのトップへ戻る

Back to top