Page Top

DYM

管理部 課長代理 DYMの魅力:社風 管理部の責任者として日々精進。成果を出し続けチャンスをものに

QUESTION 1

DYMで働くことを決意した経緯を教えてください。

就活を始めたときに、サークルやゼミの友人が大手企業のエントリーシートしか出していないという話をしているのを聞いていて、非常に違和感を覚えていました。日本だけでも企業数は数百万社あり、そのうちの東証一部上場企業はたかが2000社程度、しかもそのうちで学生でも名前を知っているような、所謂BtoCサービスを展開している企業は数える程しかありません。その限られた知識の中から企業を選ぶのでは無く、しっかりと自分の目で面白い企業を探そうと考えていたときにDYMに出会い、「世界で一番社会を変える会社を創る」というビジョン、水谷社長の医師免許持ちという特殊な経歴も相まって、この会社でなら世界を動かす仕事ができる、と強く感じたことが最終的に入社の決め手となりました。

QUESTION 2

DYMでの仕事内容を教えてください。

管理部として、財務・経理・法務・総務・情報システムの責任者を任されています。「どんなに早い車でも、ブレーキがついていない車ではアクセルを踏み抜けない」という考えの元、営業力に自信があるDYMだからこそ、営業マンがしっかりとアクセルを踏み抜けるよう、バックオフィスの責任者としてサポートをしています。

仕事内容について簡単に説明をすると、財務は会社の資産を運用・管理し、健全な財務体制を守る仕事です。経理は毎月の支払い対応・売上発表等を担当し、法務はお客様との契約書チェックや係争案件の対応、総務は備品発注等の会社で発生する様々な依頼の対応、情報システムは社内ネットワークや社内サーバ整備などを行っています。

社員のみなさんが気持ちよく働けるよう、日々邁進していきます。

QUESTION 3

仕事をするうえでの、スタンスやポリシー、譲れないポイントを教えてください。

非生産部門だからこそ、どうやったら売上が立つか、どうしたら経費が削減できるかといった目線をなくさないように気をつけています。

私自信、元々は新卒紹介事業部で学生向けのマーケティング責任者をしていたこともあり、どの媒体に幾らかけてどのような効果を見込むか、といったことを1円単位で常に考えていました。

しかし、どうしても管理部にいると非常に高額な額面のお金に触れ続けるので、1円単位での交渉がおざなりになりがちなので、日々意識的に取り組むようにしています。

また、当然ながら取引先に対するレスポンスの早さ、丁寧さにも常に気を配っています。

当社の発注先でもいつでも1時間以内に返答いただける担当者と、必ず翌日以降になる担当者がいらっしゃいますが、前者の方が信用できると感じます。

私も常にお取引先の方々から信用されるよう、初心を忘れずに取り組んでいきます。

QUESTION 4

DYMで働く魅力を教えてください。

大きく分けて2つあげられます。

①「非上場企業だからこその意思決定の早さ」

まずひとつ目の意思決定の早さですが、一般的な企業は新規事業を立ち上げて資金を投入する決断には株主総会の開催も含めて1ヶ月以上かかることが普通です。

しかし当社の場合、新たな事業計画が定まり次第全力で人的・金銭的な資本を投入することが可能です。

この為、時代の流れに乗って様々な新規事業を立ち上げることが可能です。

②「若いうちから色々なことにチャレンジできる」

私が初めて部下を持ったのは入社2年目に入った時でした。高校・大学の同期はまだまだ研修中というタイミングで自分の売上目標だけでは無く、チームとしての売上をどう作っていくかを考えるのは非常に良い経験になりました。

QUESTION 5

就職活動をしている学生のみなさんへのアドバイスをお願いします。

就職活動をしていると何社も落ちてしまうこともあると思いますが、決して重く捉えすぎないで下さい。

私自身、就活サポートのエージェントを入社1年目の6月~2年目の9月まで1年強行っていて担当させていただいた人数も1000人近くに登りますが、どんなに優秀な学生さんでも落ちるときは落ちます。

どうしても長く就活をしていると「内定を貰う」ということがゴールだと捉えがちになりますが、是非最終的なゴールは「入社先で活躍し、良い人生を送る」ことにあると考えて下さい。

嘘をついて内定を取得した場合、入社後に活躍するケースは稀です。

内定を取りに行こうとするのでは無く、しっかりと本当の自分をアピールして、その上で内定がいただける会社を探してみてくださいね。

QUESTION 6

人生で一番がんばったことを教えてください。

ダーツと勉強の両立です。

中学生に上がったときはアーチェリー部に入ったのですが、肩を痛めてしまい辞めてしまいました。

その後、中3の1月に友人数人とダーツ同好会を作ろう、という流れになって渋谷のお店に行ってみたのですがドハマりし、ダーツに触れない日は一切無いくらい練習に明け暮れていました。

おかげで高1の3月には全国で2位になりました!

ただ、その時に通っていた高校が進学校だったので学業の成績は当然反比例し、そこから練習量を変えずに学力を取り戻すのに必死になって取り組んでいました。

今思うとその頃に「好きなこと」と「やらなければならないこと」の両立をして自信がついたので、ベンチャーのような色々と自分一人でやっていく忙しい環境が好きになったのかもしれません。笑

QUESTION 7

入社してからのギャップはありますか?

成果を出していれば色々と任せてくれることに非常に驚きました。

ベンチャーに来たからには色々と大手では無い経験ができるチャンスはあるかな、とは思っていましたが、想定していたレベルを遥かに越えていました。笑

入社2年目の5月には部下を2名任せていただき、秋には集客チームという学生向けのマーケティングチームに異動したのですが、当時の年間予算は約2億円、翌年は約3億円の予算を使って広告出稿を担当していました。

その後紆余曲折はありましたが、現在4年目で管理部の統括を任せられています。

元々理系出身なので簿記などの知識も無かったですし、財テクなんてもってのほかでしたが、真面目にやっているだけで色々なチャンスを与えてくれる会社だなぁとしみじみと感じています。

QUESTION 8

一日の仕事のスケジュールを教えて下さい。

出社
メールチェック
銀行との打ち合わせ
部内確認MTG
税理士との打ち合わせ
帰宅

※本ページに登場している社員に関する情報は2017年4月1日時点のものです。

DYMの魅力社風
社風1
社風2
社風3
社風4
他のDYMの魅力も読む
成長
社風
事業内容
社長

DYMのサービスに関するお問い合わせ

DYMへのご質問やサービスについてのご相談等、お気軽にお問い合わせください。

このページのトップへ戻る

Back to top