Page Top

スタンバイの運用を代理店に任せるメリットとは?運用代行会社の選び方や特徴を解説

公開日:2024.06.18  更新日:2024.06.19

「スタンバイの運用代行を検討しているがどの代理店にしたらよいのだろう」とお悩みではありませんか。スタンバイの代理店は数が多く、運用・サポート体制も様々です。

本記事では、スタンバイのメリット・デメリットと代理店の選び方を解説します。記事を読むと、運用代行に合う企業の特徴が分かります。ぜひ最後までご覧ください。

<この記事で紹介する3つのポイント>

  • スタンバイの運用代行の特徴
  • スタンバイの代理店に運用を任せるメリット・デメリット
  • スタンバイの運用代行に合う企業の特徴

本記事を読んで、自社に合ったスタンバイ代理店選びの参考にしてください。

求人サイト「スタンバイ」とは?

求人サイト「スタンバイ」について、以下の2点から解説します。

  • スタンバイは求人検索エンジンの1つ
  • Yahoo!運営のZホールディングスの合同事業

2024年3月時点では、スタンバイの取り扱い件数は約1,000万件以上にのぼります。

スタンバイは求人検索エンジンの1つ

求人サイト「スタンバイ」は、700万人超のユーザーに利用される求人特化型の検索エンジンです。スタンバイは、日本最大級の求人検索エンジンの1つです。通常の求人サイトは、1つのホームページ内のみの求人掲載にとどまります。

スタンバイではクローラーと呼ばれるロボットが、インターネット上の求人情報を収集し、求人検索エンジンのスタンバイ内でも検索可能です。求人情報をクローリングすることで、インデックスされます。

Yahoo!運営のZホールディングスの合同事業

スタンバイは2015年に、株式会社ビズリーチの新規事業としてスタートを切りました。2019年にZホールディングス株式会社とビジョナル株式会社の合弁会社として再スタートしました。

その後Zホールディングス株式会社から、ヤフーやLINEを運営する「LINEヤフー株式会社」へ移管され、ビズリーチなどを運営する「ビジョナル株式会社」との合弁事業会社となったのがスタンバイです。

スタンバイの運用代行の特徴

スタンバイの運用代行の特徴として、以下の2つがあげられます。

  • スタンバイの求人掲載は運用型広告の1種
  • 求人の成果を得るにはスキルを持つ専任担当者が必要

運用代行に当たって注意すべきことを解説します。

スタンバイの求人掲載は運用型広告の1種

運用型広告とは、広告主が予算や配信内容を適切に運用して、ユーザーに届けるWeb上の広告です。スタンバイの求人掲載は、クリック課金型のワンクリックが最低20円からの運用型広告の1つです。

クリック単価は、掲載する求人の雇用形態により違いがあり、人気の業態ほど高くなります。クリック課金型では、クリックされなければ料金は発生しません。

求人の成果を得るにはスキルを持つ専任担当者が必要

スタンバイではクリック課金型を採用しており、求人掲載が多くクリックされると、求職者の増加につながります。

求人掲載が多くクリックされるためには、求人のトレンドなどを抑えておく必要があります。採用担当者にリソースが十分あれば問題ないのですが、通常の業務で手が回らないことも多いでしょう。

よほどの大企業で求人掲載への費用配分がなければ、専任担当者をつけるのは難しいといえるでしょう。

求人掲載で効率的な採用業務を目指す場合には、代理店の利用を検討するのも選択肢の1つです。求人の成果を得るには、十分なスキルと経験豊富な専任の担当者が必要です。

スタンバイの代理店に運用を任せるメリット・デメリット

ここでは、スタンバイの代理店に運用を任せるメリット・デメリットを見ていきましょう。

代理店に運用を任せるメリット

スタンバイの代理店に運用を任せると、効率的な求人掲載が可能になるのはメリットです。スタンバイの代理店であれば、これまでに培ったノウハウや経験が豊富なためです。「Yahoo!JAPAN」と連携しているスタンバイの特殊性を分析し、マッチングの精度の向上にもつながるでしょう。

また、代理店運用であれば、求職者とのミスマッチの防止につながるため、アンマッチによるクリック費用が無駄にならない点もメリットです。

採用担当者は、本来の採用業務に注力できるため、社内業務負担の軽減につながるでしょう。代理店運用で理解できたノウハウを獲得し、社内に共有してノウハウを蓄積できる点もメリットです。

代理店に運用を任せるデメリット

代理店に運用を任せるデメリットは、費用がかかることです。無料掲載で済ませることもできるためです。ただし、2024年4月末時点ではスタンバイで無料掲載のみでの利用案内はしていません。

費用としての手数料の相場は、多くの代理店では求人掲載費の約20%前後に設定しています。代理店運用では、できる限り追加費用が発生しないところを選びましょう。会社として充てられる予算も立てやすいためです。

スタンバイの運用代行に合う企業の特徴

スタンバイの運用代行に合う企業の特徴は、以下のものがあげられます。

  • 採用にかかるコストを抑えつつ効率的に採用業務を行いたい
  • 求人サイトや派遣人材の紹介を利用したが採用がマッチしなかった
  • 求人希望職種が複数にわたるなど、数や規模が多く手間がかかる

特にスタンバイの利用者層は「Yahoo!JAPAN」ユーザーの属性と類似しているため、的確な分析・リサーチを必要としている企業には、スタンバイの運用代行が合うといえるでしょう。

スタンバイの運用代行には最適な広告運用ができる代理店選びが大切

スタンバイの運用代行であれば、それぞれの企業に応じた最適な広告運用ができます。採用業務の効率化につながります。企業としても、欲しい人材の確保とともに採用担当者の負担軽減にもなる点は重要です。

そのためにも、スタンバイの運用代行には最適な広告運用ができる代理店を選ぶ必要があります。運用実績が豊富で効果を最大限に引き出せる、専任のチームによるサポート体制が整った代理店を選ぶようにしましょう。

代理店の公式サイトには、運用実績やサービス領域の他、依頼の流れからサポート体制に至るまで丁寧に記載しているかをチェックする必要があります。

スタンバイの代理店に関するよくある質問

スタンバイの代理店に関するよくある質問では、以下の3つをあげて回答していきます。

  • 株式会社スタンバイの親会社は?
  • スタンバイのユーザー層は?
  • スタンバイの運用で代理店に選ばれる特徴は?

株式会社スタンバイの親会社は?

スタンバイの親会社は、ヤフーやLINEを運営する「LINEヤフー株式会社」とビズリーチなどを運営する「ビジョナル株式会社」です。

この2社によって運営される合弁会社がスタンバイです。2社の事業内容として、求人検索エンジンのスタンバイがサービスを提供しています。

スタンバイのユーザー層は?

スタンバイは「LINEヤフー株式会社」と「ビジョナル株式会社」の合弁事業会社のため、スタンバイのユーザー層は「Yahoo!JAPAN」ユーザーの属性と重なると考えてよいでしょう。

スタンバイのユーザー層は、男女比は約半数ずつを占め、若年層からシニア層まで幅広い年齢層の求職者です。

地域特性は関東地方が約半数を占めるものの、北海道から沖縄までの全国の勤務地の利用者が対象で次の地域が比較的多いです。

  • 関東地方:全体の約50%
  • 近畿地方:全体の約17%
  • 中部地方:全体の約11%

スタンバイの運用で代理店に選ばれる特徴は?

スタンバイの運用で代理店に選ばれる特徴は、下表の通りです。

①人員・業務負担の削減人間のように作業を自動実施する独自開発のRPAを活用し、希望ツールと応募者情報の連携が可能
②専門家のノウハウの学習検索上位獲得のためのアドバイス・ノウハウが学習可能
③SEO対策に強い他の求人サイトと連携Indeedなど他の求人サイト・検索エンジンとの連携も可能でターゲットユーザーが広がる
④対応エリア・職種・雇用形態の全てに対応自社の魅力ややりがいを多くの方にアピールし人材獲得可能性をアップ
⑤料金体系が分かりやすい初期費用0円、月額利用料のみで利用可能 デバイスごとのクリック単価設定も可能

料金体系が分かりやすく、ホームページに運用実績を丁寧に記載している運用代理店を選ぶようにしましょう。

まとめ:スタンバイの運用実績・スピード感のある代理店選びが大切

スタンバイで求人の成果を効率よく得るには、十分なスキルを持つ専任担当者が必要です。

スタンバイの代理店に運用を任せると、効率的な求人掲載が可能です。採用担当者は、本来の採用業務に注力できるため、社内業務負担の軽減につながるでしょう。

スタンバイの運用実績を上げるためには、スピード感のある代理店選びが重要です。運用実績などを丁寧に表示している代理店を見つけるようにしましょう。

DYMのスタンバイ運用代行サービスでは、最適な広告運用を行うことで、採用業務の効率化を図ることが可能です。

部分的な依頼からでも対応可能なので、まずはお気軽にお問い合わせフォームからご相談下さい。

DYMの「スタンバイ・求人ボックス運用代行」サービスページはこちら

DYMでは WEB、人材、医療 を軸に様々なサービスを取り扱っております ご質問やご相談がございましたら、
まずはお気軽にお問い合わせください

【筆者・監修者企業】

株式会社DYM

【筆者・監修者企業】

株式会社DYM

「世界で一番社会を変える会社を創る」というビジョンのもと、WEB事業、人材事業、医療事業を中心に多角的に事業を展開し、世界で一番社会貢献のできる会社を目指しています。時代の変化に合わせた新規事業を生み出しながら世界中を変革できる「世界を代表するメガベンチャー」を目指し、日々奮闘しています。

DYMでは WEB、人材、医療 を軸に様々なサービスを取り扱っております ご質問やご相談がございましたら、
まずはお気軽にお問い合わせください

関連記事

スタンバイとは?仕組みや掲載方法、特徴、料金プランを解説 スタンバイとは?仕組みや掲載方法、特徴、料金プランを解説
公開日: 2024.06.18 更新日: 2024.06.18
Indeed(インディード)広告の掲載方法とは?無料・有料掲載の違いや特徴も解説 Indeed(インディード)広告の掲載方法とは?無料・有料掲載の違いや特徴も解説
公開日: 2024.06.18 更新日: 2024.06.18
Indeed(インディード)代理店の比較方法・選び方と直販との違いを解説 Indeed(インディード)代理店の比較方法・選び方と直販との違いを解説
公開日: 2024.06.18 更新日: 2024.06.18
Indeed(インディード)とは?仕組みや掲載方法、特徴、料金プランを解説 Indeed(インディード)とは?仕組みや掲載方法、特徴、料金プランを解説
公開日: 2024.06.18 更新日: 2024.06.18
Indeed(インディード)運用の費用やコツ、運用代行会社の選び方を解説 Indeed(インディード)運用の費用やコツ、運用代行会社の選び方を解説
公開日: 2024.05.30 更新日: 2024.06.18
求人ボックスとは?仕組みや掲載方法・料金、成功の5つのポイントや向いている企業の特徴 求人ボックスとは?仕組みや掲載方法・料金、成功の5つのポイントや向いている企業の特徴
公開日: 2024.05.30 更新日: 2024.06.14

DYMのサービスに関するお問い合わせ

DYMへのご質問やサービスについてのご相談等、お気軽にお問い合わせください。

ホーム お知らせ 会社情報

WEB 事業部>

リスティング広告

SEO対策

SNS広告
(Instagram、Facebook、Twitter、LINE、TikTok)

DSP・ネイティブ広告

アフィリエイト

WEBサイト制作・運用

SNSアカウント運用代行
(Instagram・Facebook・Twitter・LINE・TikTok・Youtube)

タレントキャスティング・タレントシェア

DYM(THAILAND)Co.,Ltd.(タイ支社)

HR Tech 事業>

Indeed運用代行・代理店

スタンバイ・求人ボックス運用代行

採用管理ツール(rakusai)

コールセンター・コンタクトセンター

人材事業>

新卒紹介サービス

第二新卒紹介・既卒・中途紹介(DYM就職)

ハイクラス転職(DYMハイクラス)

人材育成・研修

顧問紹介・派遣サービス(エグゼパート)

IT人材派遣サービス(DYMテック)

若手社員の常用型派遣(Ready Career)

障がい者雇用・採用事業

福利厚生(ウェルフェアステーション)事業

M&A・投資育成事業>

M&Aコンサルティング事業

投資育成事業

医療事業>

タイ(バンコク)クリニック

香港クリニック

アメリカ(ニューヨーク)クリニック

ベトナム(ホーチミン・ハノイ)クリニック

不動産事業>

不動産仲介・オフィスコンサルティング事業

ビジョン 社会貢献 コラム一覧 採用情報 お問い合わせ

このページのトップへ戻る

Back to top