Page Top

【最新】Twitter広告(X広告)とは?費用や特徴、始め方を徹底解説

公開日:2024.05.30  更新日:2024.06.14

Twitter(X)は日本だけでも約5,900万人のアクティブユーザーが存在し、世界第2位のユーザー数を誇ります。そのため、Twitter広告(X広告)は、商品やサービスを広くアピールするための有力な手段となっています。うまく活用できれば幅広い認知が得られますが、即時性の高さを見るだけでなく炎上というリスクにも注意しなければなりません。

そこで今回の記事では、Twitter広告(X広告)の概要やメリット・デメリット、運用方法を解説します。Twitter広告(X広告)の持つ独特な特徴を理解し、適切に活用すれば、オンラインビジネスの広告戦略に新たな可能性が広がるでしょう。

<この記事で紹介する3つのポイント>

  • Twitter広告(X広告)の特徴は何かを知る
  • Twitter広告(X広告)のメリット・デメリットを知る
  • Twitter広告(X広告)で効果を出す方法

Twitter広告(X広告)はどんな広告?

Twitter広告(X広告)は、他のSNSと比較して拡散性が際立っています。

具体的には、ユーザーが他のアカウントのツイート(以下ポスト)をリツイート(以下リポスト)することで、投稿内容を自分のフォロワーに広めることが可能です。この仕組みにより、興味を持ったユーザーが簡単に他のユーザーと情報を共有できるため、1つのポストが大きな波及効果を持つことがあります。

さらに、Twitter(X)では引用リポストという機能があります。ユーザーが自らの意見や感想を加えてポストをシェアできるため、ポストの二次拡散を促進する一因となっています。

これらの特徴から、Twitter広告(X広告)はコストをかけずに情報の拡散を実現したい企業には、非常に有効なツールとして位置付けられています。

Twitter広告(X広告)のメリット・デメリット

Twitter広告(X広告)を理解することは、効果的な広告戦略を考え、実行する上で重要です。特に、どんなメリット・デメリットがあるかを把握することで、目的に応じたターゲット選定や配信フォーマットを選定する判断材料になります。そこで、最初にTwitter広告(X広告)のメリットとデメリットを紹介します。

メリット

二次拡散が行われる

Twitter(X)では、ユーザーがリポストすることで広告が二次拡散されるため、リーチが拡大しやすいです。二次拡散とは、元々1つの情報やコンテンツが、ユーザーによって拡散され、それによってさらに多くのユーザーに伝播される現象を指します。具体的には、あるユーザーがTwitter上(X上)で他のユーザーのポストをリポストすることで、そのポストが別のユーザーの目に触れ、さらにリポストされることで拡散されていくという流れです。

たとえば、あるブランドが新商品の宣伝をすると、ユーザーがそのポストをリポストすることで、その広告はブランドのフォロワーだけでなく、リポストしたユーザーのフォロワーにも広がります。

ユーザーにピンポイントに訴求できる

Twitter広告(X広告)は詳細なターゲティングが可能であり、特定のターゲット層にピンポイントでアプローチできます。

たとえば、特定の地域や興味関心に基づいて、広告を配信することができます。特定の地域にサービスを展開している場合や、特定の興味や関心を持つユーザーに向けてプロモーションを行いたい場合など、ターゲットを絞り込むことで、より効果的な広告キャンペーンが実施できます。その結果、広告のクリック率やコンバージョン率の向上が期待できます。

このように、ターゲティングを明確に設定することは、Twitter広告(X広告)を成功させるために不可欠な施策です。

幅広い年齢層にリーチできる

Twitter(X)は幅広い年齢層のユーザーが利用しているため、広告主は特定の年齢層にフォーカスしたキャンペーンを展開できます。この幅広い年齢層のユーザー層は、広告主にとって魅力的です。なぜなら、異なる年代の人々に向けた製品やサービスを広告する機会があるからです。

たとえば、ゲームアプリの広告を考えてみましょう。Twitter(X)では、若い世代だけでなく、シニア世代のユーザーにもリーチできます。そのため、広告主は幅広い年齢層をターゲットにした広告キャンペーンを実施することが可能です。つまり、Twitter広告(X広告)を活用することで、広告主はさまざまな年齢層のユーザーにリーチし、多様な視聴者への訴求が可能になるのです。

デメリット

ターゲティング精度が低めである

Twitter広告(X広告)のターゲティング精度が他のプラットフォームに比べて低いのは、Twitter(X)のユーザー属性情報が他のプラットフォームほど細かくはないためです。

たとえば、Facebookはユーザーがプロフィールに多くの個人情報を入力するため、詳細なターゲティングが可能です。一方、Twitter(X)では登録時に個人情報を入力する必要がないため、ユーザーの属性情報が限られています。そのため、特定のターゲット層を厳密に特定するのが難しい場合があります。これがTwitter広告(X広告)のターゲティング精度が低くなる理由の1つであり、広告主が正確なターゲットにリーチできない可能性があります。

Twitter(X)ユーザーにしか訴求できない

Twitter広告(X広告)がTwitter(X)ユーザーにしか表示されないことから、Twitter(X)を利用しないユーザーにはアプローチできません。

GoogleやFacebookなどの他メディアは、独自の広告ネットワークを持っています。これにより、GoogleやFacebookユーザーだけでなく、広告ネットワークに接続された多くの他のWebサイトやアプリのユーザーにも広告配信が可能です。

そのため、より広いリーチを獲得したい場合は、Twitter(X)以外のメディア出稿も検討してください。

炎上のリスクがある

Twitter(X)は情報が迅速に拡散されるプラットフォームであるため、広告が炎上の対象になるリスクが高まります。

過去にもTwitter(X)では、不適切な広告コンテンツが炎上したケースは多々あります。拡散性の速さが裏目に出てしまい、ブランドイメージを損なう可能性があるので注意が必要です。

Twitter広告(X広告)の種類は6つ          

Twitter(X広告)にはさまざまな種類があります。

それぞれ異なる特徴があるため、何のために広告出稿をするのか、誰に届けたいのかという目的にマッチした広告を選ぶ必要があります。ここでは6つのTwitter広告(X広告)を紹介するので、ぜひ押さえておきましょう。

1.プロモ広告

ユーザーのタイムラインに直接表示される広告です。通常のポストと同じく、ユーザーは広告に「いいね」や「リポスト」、「返信」をすることができます。また、画像や動画を使用して広告を掲載することも可能です。

2.Amplify

Amplifyは、ブランドがプレミアムでタイムリーなパブリッシャーの動画コンテンツと広告をマッチングさせることを可能にします。これにより、Twitter(X)を訪れるオーディエンスとつながり、ブランドのメッセージを効果的に伝えることができます。

さらに、Amplifyを使用することで、ブランドの広告を、ターゲットオーディエンスがすでに視聴中のコンテンツに関連性のある動画と連動させることができます。このため、投稿の合間に表示される広告よりも効果的にユーザーに訴求できます。なお、動画広告はYouTubeのCMのように、メイン動画の前にプレロールとして再生されます。

3.テイクオーバー

タイムラインテイクオーバーは、ブランド広告を1日の最初の広告として、ユーザーのタイムラインのトップに表示します。そのため、通常の広告よりも視認性が高く、確実に表示されるという点が大きなメリットです。

また、トレンドテイクオーバーとは、トレンドと連動して広告を表示します。さらに、トレンドテイクオーバープラスでは、動画クリエイティブ要素を加え、よりユーザーの没入感を高める効果が期待できます。

これらの広告は、Xのトレンドリストや、モバイルの[話題を検索]タブの最上部に、24時間にわたり独占的に掲載できます。Xの利用者が「いま」起きていることを見つける場であるトレンドは、出稿場所として大きなインパクトがあります。

飲料メーカーやコスメの新商品発売時、ゲームの新作リリース日に使用されやすい広告です。

4.ダイナミック商品広告

ダイナミック商品広告(DPA)は、利用者との関連性に基づいて、表示される商品がパーソナライズされる広告です。この広告形式では、Webサイトやアプリを訪れたユーザーが興味を示した商品に関連する広告を、そのユーザーに対して自動的に配信します。

つまり、利用者の行動や興味関心に応じて、最適な商品を提示することが可能です。これにより、ユーザー個人個人に合わせた広告を届けることができ、購買意欲を高める効果が期待できます。

さらに、ダイナミック広告をリターゲティングに活用することもおすすめです。たとえば、カートに商品を追加したり、特定のページを閲覧したりしたユーザーに対して、その商品広告を再提案することで、購買意欲を高めることができます。

5.コレクション広告

コレクション広告は、Twitter(X)内で展開される広告です。最大の特徴は、コンテンツがカルーセル形式で表示され、最大で6つまでの異なる商品やサービスを1度に提示できる点です。この形式は、ユーザーに複数の選択肢を提供し、広告の魅力を高めるとともに、商品やサービスの幅広い情報を効果的に伝えることができます。

6.Twitter(X)ライブ

X(Twitter)ライブとは、X(Twitter)上でリアルタイムに配信する広告手法です。

元々は「Periscope」というアプリを通じて配信を行っていましたが、2021年3月31日にPeriscopeのサービスが終了し、その後はTwitter(X)から直接配信できるようになりました。スマートフォンから手軽に配信でき、配信を開始するとフォロワーのタイムラインに通知が送られるのが特徴です。これにより、リアルタイムのコンテンツを簡単に共有し、フォロワーとのコミュニケーションを深めることができます。YouTubeやニコニコ動画の生配信をイメージしていただければわかりやすいでしょう。

Twitter広告(X広告)の多様なターゲティング8種          

Twitter広告(X広告)の成功には、的確なターゲティングが不可欠です。Twitter(X)はさまざまなターゲティングを提供しており、広告主はKPIに合わせてターゲット層を細かく設定できます。ここでは、Twitter広告(X広告)の多様なターゲティングを8つ紹介します。

それぞれのターゲティング方法を理解するためにも、ぜひお付き合いください。

1.キーワード

広告主は、特定のキーワードやハッシュタグに関連するポストを行っているユーザーに広告を表示することができます。さらに、特定のキーワードやハッシュタグに関連するポストは、テレビやCM視聴中のようなリアルタイムで行われることも多いです。

広告主がリアルタイムのトピックやイベントに関連する広告を表示することで、タイムリーな広告を実施することも可能になります。この手法もTwitter(X)ならではといえるでしょう。

2.興味関心

ユーザーが興味を持っているトピックやカテゴリーに基づいて広告を配信します。広告主は、ユーザーの関心に合わせた広告を提示することで、より関心を引くことができます。ユーザー側も自分に関係のない広告ばかりだとストレスが溜まるので、双方にとって有効な手法です。

3.フォロワー(ハンドル)

フォロワー(ハンドル)ターゲティングを使用すると、特定のユーザーをフォローしている人々に広告を表示できます。たとえば、ある有名な料理評論家のアカウントをフォローしているユーザーに、新しいドレッシングのプロモーションを行いたいとします。この場合、その料理評論家のフォロワーに広告を表示することで、料理に関心のあるユーザーに効果的にリーチできます。

4.イベント・映画・TV番組

特定のイベントや映画、テレビ番組に関連するユーザーに広告配信する方法もあります。たとえば、新しい映画の公開を前に、その映画ファンや映画祭の出席者に向けて広告を展開したいとします。この場合、その映画の公式アカウントや映画祭の関連アカウントをフォローしているユーザーに広告を表示することで、映画に関心のあるターゲットにリーチできます。彼らは既にその映画や映画関連のイベントに興味を持っているため、広告の受容度が高いでしょう。

5.デモグラフィック・ジオグラフィック

年齢、性別、地域などのデモグラフィック情報に基づいて広告をターゲティングすることで、人々や地域を的確に特定できます。これにより、広告がより関心を持つ可能性の高いユーザーに適切に配信され、効果的なリーチが期待できます。

6.会話

特定のトピックやハッシュタグで会話しているユーザーに広告を表示することで、特定の話題に関心を持つユーザーにアプローチすることができます。たとえば、「#スマホゲーム」を使用してゲームに関するポストを行っているユーザーに、新しいゲームアプリの広告を表示することが可能です。結果として、ゲームに興味を持っているユーザーに対して、関連する広告を効果的に配信できます。

7.デバイスの種類やキャリア

ユーザーが利用しているデバイスや通信キャリアに基づいて広告をターゲティングします。これにより、特定のデバイスやキャリアを利用しているユーザーに最適な広告を配信することができます。

8.カスタムオーディエンス

カスタムオーディエンスとは、広告主が独自に作成した特定のユーザーグループに広告を表示する機能です。適切に活用すれば、広告主は自身の顧客データや他の情報源から得たデータを活用して、特定の顧客セグメントにピンポイントでアプローチすることができます。

たとえば、購買履歴やWebサイトの訪問履歴に基づいて、特定の商品やサービスに興味を持ちそうなユーザーに広告を表示することが可能です。このようにして、広告主はより効果的にターゲットユーザーにリーチし、広告の効果を最大化することができます。

Twitter広告(X広告)の課金方式は6種類            

Twitter広告(X広告)の課金方式は多岐にわたります。そのため、広告主は自社の目標達成のためにはどの課金方式を選べばよいか悩むことでしょう。続いては、Twitter広告(X広告)の課金の仕組みを紹介します。最適な課金方法を選び、予算を無駄にしないためにもぜひ参考にしてください。

1.インプレッション数

広告が表示された回数に応じて料金が発生します。

料金=インプレッション数×CPM単価

なお、相場は1,000インプレッションあたり400円~650円です。

2.クリック数

広告がクリックされた回数に応じて料金が発生します。

料金=クリック数×CPC単価

相場は1クリックあたり24円~200円です。

3.動画再生数

広告が再生された回数に応じて料金が発生します。

料金=動画再生数×再生数課金単価

相場は1再生あたり5円~20円です。

4.アプリインストール数

広告をクリックしてアプリをインストールした回数に応じて料金が発生します。

料金=アプリインストール数×インストール課金単価

5.フォロワー獲得数

広告主のアカウントをフォローした回数に応じて料金が発生します。

料金=フォロワー獲得数×フォロワー獲得課金単価

6.エンゲージメント数

広告に対するユーザーのエンゲージメント(いいね、リポスト、リプライなど)の回数に応じて料金が発生します。

料金=エンゲージメント数×エンゲージメント課金単価

Twitter広告(X広告)を始める手順           

Twitter広告(X広告)を始めるには、いくつかのステップを踏む必要があります。

Twitter(X)ユーザーであれば、投稿やポストを閲覧するために個人のアカウントを作成するでしょう。

しかし、広告配信をするためには@がついたXアカウント(ハンドル)とは別に、広告アカウントの開設が必要です。それでは、アカウント作成から広告配信までの手順を見ていきましょう。

1.広告アカウントの作成

広告アカウントを作成するには、まずX.comにログインし、ads.twitter.comに移動します。そこで広告アカウントを作成すれば、そのユーザー名で広告配信する土台ができます。

ただし、Xで広告出稿を行うには、アカウントが認証バッジを保有していることが必要条件となりました。ただし、認証のプラン料金や機能は頻繁に更新されており、その内容は変わる可能性があります。基本的に、企業が広告出稿をする際には「Verified Organizations」への加入をおすすめします。

2.支払い方法の設定

支払いに使用するクレジットカードの情報を登録するには、まず画面の右上にあるアカウント名をクリックします。するとメニューが表示されるので、「新しいお支払い方法を追加する」を選択してください。次に、クレジットカード情報の入力画面が開くので、必要な情報を入力してください。

3.広告を作成

広告キャンペーン作成にあたって最初にすべきは目的の設定です。どのような目的でプロモーションを実施するのかを明確にします。ブランド認知獲得であれば「リーチ」アプリの新規インストールであれば「アプリのインストール数」を選んでください。

  • リーチ
  • 動画の再生数
  • プレロール再生数
  • アプリのインストール数
  • Webサイトの訪問者数
  • エンゲージメント数
  • フォロワー数
  • アプリのリエンゲージメント数

4.予算戦略の設定

続いては配信に必要な予算戦略の設定をします。Twitter広告(X広告)では、自動で入札額が決定される自動入札と、ご自身で入札のコストを設定する目標コストを選ぶことができます。基本的には、自動入札に設定することをおすすめします。

なぜなら、自動入札はリアルタイムのデータを元に入札額を自動調整するため、広告予算を最大限に活用できるからです。また、自動入札を選択することで、手動で入札額を調整する必要がなくなります。これにより、広告運用にかかる時間も節約できます。

5.ターゲティング

広告を届けたいターゲット設定を行います。具体的には、「オーディエンスの特性」、「端末」、「オーディエンス」、「ターゲティング機能」から選んでください。これらの機能を利用することで、広告を言語や性別、端末、地域などの特定の属性を持つ人々に向けて効果的に広告を届けられます。

さらに、検索ボックスを使用すると、特定のセグメントを見つけるためにキーワードを入力することができます。これにより、より特定の興味や関心を持つユーザーに広告を表示することができます。

6.クリエイティブ設定

最後に、広告として配信したい画像とポスト(ポスト本文)を設定することができます。

また、配信するクリエイティブの種類は、設定した目的によって異なる場合があるため注意してください。これまでの設定を保存すればキャンペーンの作成が完了し、広告配信を開始する準備が整います。

7.配信の確認

Twitter広告(X広告)では、出稿した広告がすぐに掲載されるわけではなく、承認プロセスというステップを経る必要があります。このプロセスは、広告がXのポリシーとガイドラインに適合しているかを確認するために行われます。

審査が通れば配信が開始されるので、インプレッション数値が管理画面で上がってくるかどうかをチェックしてください。なお、管理画面(広告マネージャー)のキャンペーンの隣に「ステータス」という項目があります。そこで「認証待ち」となっていれば、まだ審査中であることが確認できます。

Twitter広告(X広告)を成功させる運用ポイント

Twitter広告(X広告)の成功には、適切な運用が欠かせません。最後に、Twitter広告(X広告)で効果を出すための運用ポイントを紹介するので、しっかり確認してください。

1.ターゲットを明確にする

広告の対象となるターゲット層を具体的に定義しましょう。興味や関心、地理的な位置などを考慮して、明確なターゲットを設定することで、効果的な広告メッセージを伝えられます。たとえば、若者向けの商品であれば、ある程度年齢でターゲットを絞ることは可能です。

無関係なユーザーに広告配信を続けていると、無駄な予算利用につながってしまいます。

2.複数の広告フォーマットを活用する

さまざまな広告フォーマットを試し、どれが最も効果的な結果をもたらすかを検証することが必要です。Twitter広告(X広告)にある画像広告、動画広告、カルーセル広告など、適切なフォーマットを複数配信し、効果のよいフォーマットを特定することで、より効率的なキャンペーンの展開が可能になります。

3.1キャンペーンにつき1つのターゲティングを設定する

1つのキャンペーンに複数のターゲティングを設定すると、広告の効果測定が複雑になります。1つのキャンペーンに1つのターゲティングを設定することで、広告の効果を追跡しやすくなるだけでなく、機械学習も進みやすくなります。

広告の配信効率が低下するリスクを避けるためにも、初動は1キャンペーンにつき1つのターゲティングのアカウント設計にしましょう。

4.オーガニック投稿も行う

広告だけでなく、広告主が「中の人」となって定期的にオーガニック投稿を行うことも重要です。結果として、広告主とユーザーとのコミュニケーションを促進し、ブランドの信頼性を高める効果が期待されます。そのため、オーガニックな投稿は、広告の補完としてキャンペーン戦略に組み込まれるべきかもしれません。

まとめ

Twitter(X)は、積極的に情報を探しに来るユーザーが集まるプラットフォームです。そのため、他の媒体にはない独自のターゲティングが可能です。

Twitter広告(X広告)の効果的な活用や最適なターゲティング方法についてのご相談は、DYMにお任せください。当社の専門家がお客様のニーズに合わせて最適な広告戦略を提案し、ビジネスの成果に貢献いたします。ぜひお気軽にご相談ください。

DYMの「SNS広告」サービスページはこちら

DYMでは WEB、人材、医療 を軸に様々なサービスを取り扱っております ご質問やご相談がございましたら、
まずはお気軽にお問い合わせください

【筆者・監修者企業】

株式会社DYM

【筆者・監修者企業】

株式会社DYM

「世界で一番社会を変える会社を創る」というビジョンのもと、WEB事業、人材事業、医療事業を中心に多角的に事業を展開し、世界で一番社会貢献のできる会社を目指しています。時代の変化に合わせた新規事業を生み出しながら世界中を変革できる「世界を代表するメガベンチャー」を目指し、日々奮闘しています。

DYMでは WEB、人材、医療 を軸に様々なサービスを取り扱っております ご質問やご相談がございましたら、
まずはお気軽にお問い合わせください

関連記事

【初心者向け最新】DSPとは?仕組みや機能、導入方法や効果を解説 【初心者向け最新】DSPとは?仕組みや機能、導入方法や効果を解説
公開日: 2024.05.30 更新日: 2024.06.14
Criteo(クリテオ)広告とは?仕組みやメリット、導入ポイントや事例まで解説 Criteo(クリテオ)広告とは?仕組みやメリット、導入ポイントや事例まで解説
公開日: 2024.05.30 更新日: 2024.06.14
WEBサイト制作の全体の流れや進め方、成功の鍵や依頼のポイントを解説 WEBサイト制作の全体の流れや進め方、成功の鍵や依頼のポイントを解説
公開日: 2024.05.30 更新日: 2024.06.14
SNSコンサルとは?運用代行との違いや流れ、業務内容や費用相場についても解説 SNSコンサルとは?運用代行との違いや流れ、業務内容や費用相場についても解説
公開日: 2024.05.30 更新日: 2024.06.14
【2024年最新】SEOとは?SEO対策の基本と具体的な3つの施策を解説! 【2024年最新】SEOとは?SEO対策の基本と具体的な3つの施策を解説!
公開日: 2024.05.30 更新日: 2024.06.14
アフィリエイトとは?仕組みや報酬獲得の方法、サイトの作り方を解説 アフィリエイトとは?仕組みや報酬獲得の方法、サイトの作り方を解説
公開日: 2024.05.30 更新日: 2024.06.14

DYMのサービスに関するお問い合わせ

DYMへのご質問やサービスについてのご相談等、お気軽にお問い合わせください。

ホーム お知らせ 会社情報

WEB 事業部>

リスティング広告

SEO

SNS広告
(Instagram、Facebook、Twitter、LINE、TikTok)

DSP・アドネットワーク

アフィリエイト

WEB制作

SNS運用代行
(Instagram・Facebook・Twitter・LINE・TikTok・Youtube)

タレントシェア

HR Tech 事業>

Indeed

スタンバイ・求人ボックス

RAKUSAI(採用管理ツール)

コールセンター

人材事業>

新卒採用(イベント、新卒紹介、スカウト)

DYM就職・DYM第二新卒

DYMハイクラス

人材育成・研修

エグゼパート

DYMテック

Ready Career

障がい者採用事業

ウェルフェアステーション事業

M&A・投資育成事業>

M&Aコンサルティング事業

投資育成事業

医療事業>

タイ

香港

NY

ベトナム

不動産事業>

不動産仲介・オフィスコンサルティング事業

ビジョン 社会貢献 コラム一覧 採用情報 お問い合わせ

このページのトップへ戻る

Back to top