Page Top

コンテンツマーケティングとは?手法やメリット、実践方法と成功事例を解説

公開日:2024.05.30  更新日:2024.06.14

コンテンツマーケティングとは、ターゲット顧客に価値ある情報を提供し、ブランド認知度の向上や顧客エンゲージメントの強化を目指すマーケティング戦略です。

ここでは、コンテンツマーケティングの定義から成功ポイントまで解説します。実践に役立つツールや成功事例など具体的な方法を学べるので、コンテンツマーケティングの初心者から熟練者まで必読です。

コンテンツマーケティングの全体像を把握し、最新知識を習得しましょう。

<この記事で紹介する3つのポイント>

  • コンテンツマーケティングの基本について
  • コンテンツマーケティングの具体的な戦略と方法
  • コンテンツマーケティングの実践方法と効果的なツール

目次

コンテンツマーケティングとは

コンテンツマーケティングとは、ターゲット顧客に有益な情報やエンターテインメントを提供することで、ブランドの認知度を高め、顧客との信頼関係を築くマーケティング手法です。コンテンツマーケティングによって、最終的には顧客の購入行動を促進し、ビジネス成果の向上を目指します。

コンテンツマーケティングの定義

コンテンツマーケティングとは、マーケティングの一環として情報やコンテンツを制作・配信することで、受け手に価値を提供し、結果的に製品やサービスの販売につなげる活動を指します。

コンテンツマーケティングのプロセスでは、顧客が自ら情報を求め、消費するコンテンツによって自然な形で製品やサービスに興味を持ってもらうことが重要です。

コンテンツマーケティングの重要性

情報が溢れる現代では、顧客が自分のニーズに合った内容を選んで消費することが多くなっています。それに伴い、企業は関連する情報の積極的な提供が求められています。良質なコンテンツの提供は、顧客の意思決定を支援し、ブランドの信頼構築に有用です。

効果的に商品やサービスの魅力を伝え、長期的な顧客関係を構築するために、コンテンツマーケティングが重要視されているのです。

コンテンツマーケティングが必要となった理由

コンテンツマーケティングの必要性が高まっている背景には、従来の売り込み型マーケティングの限界、検索エンジンの評価基準の変化、インターネット広告費の高騰、消費者の購買行動の変化などがあります。背景の変化は、企業がマーケティング戦略を見直す大きな理由です

売り込み型マーケティングの限界

従来の売り込み型マーケティングは、直接的な広告やプロモーションにより製品を消費者に押し付ける手法です。消費者が情報を自ら選択する現代では、売り込み型の効果が低下しています。顧客は一方的なメッセージに説得されることなく、自分のニーズに合った情報を求めています。

Googleの評価基準の変化

Googleなどの検索エンジンは、質の高いコンテンツを重視するように評価基準を更新しました。単純なキーワードの積み重ねではなく、ユーザーに価値のある情報を検索結果の上位に表示するためです。質の高いコンテンツの制作が、一層重要になりました。

インターネット広告費の高騰

デジタル広告の市場が拡大するにつれて、競争は激化し、広告費は高騰しています。企業は限られた予算内で最大の効果を得るため、よりコストパフォーマンスの高いコンテンツマーケティングに注目しています。

新たな消費行動「ZMOT(ジーモット)」の出現

消費者が購入前にインターネットで製品やサービスについて調べることが一般的になり、購入決定の瞬間(Zero Moment of Truth)が重要視されるようになりました。消費行動の変化により、消費者が購入前に触れるコンテンツの質が、購入決定に直接影響を与えます。

コンテンツ制作の重要なポイント

コンテンツ制作では、目的を明確にする「Why」の重要性と、内容を練るための「4W1H」(Who, What, When, Where, How)の考え方が不可欠です。

「Why」と「4W1H」の明確化により、ターゲット顧客に適切なメッセージを効果的に伝えることができます。

マーケティングで活用される「トリプルメディア」(Owned Media, Earned Media, Paid Media)のバランスを取ることも重要です。

三つのメディアタイプを適切に組み合わせることで、より広い層へのリーチと影響力を高めます

「Why」と「4W1H」の重要性

コンテンツ制作において「Why」と「4W1H」は、コンテンツを制作する根本的な理由と、具体的な実行計画の明確化に有用です。「Why」はコンテンツの目的を示し、「4W1H」は目的を達成する具体的なアクションプランを提供します。

新製品のローンチに伴うコンテンツ制作では、「Why」は製品の認知度を高めること、「Who」はターゲットとなる顧客層、「What」は提供する情報の内容、「When」はタイミング、「Where」は情報を発信するプラットフォーム、「How」は実施する手法を定義します。

マーケティングで活用する「トリプルメディア」

「トリプルメディア」は、マーケティング戦略において重要な概念で、以下の三つのメディアタイプが基盤です。

  • Owned Media(自社メディア):自社のウェブサイトやブログ、メールニュースレターなど、企業が直接管理するコンテンツ。
  • Earned Media(獲得メディア):顧客やメディアによって自然発生的に生成されるメンションやレビュー、シェアなど。
  • Paid Media(有料メディア):広告、スポンサーシップ、その他有料で獲得する露出。

各概念を適切に組み合わせることで、コンテンツのリーチが最大化し、効果を発揮します。自社メディアで質の高いコンテンツを提供しながら、ソーシャルメディアでプロモートし、必要に応じてターゲット広告を利用するという戦略がよい例です。

コンテンツマーケティングのメリット

コンテンツマーケティングは、多くのビジネスにおいて重要な戦略です。良質なコンテンツによって長期的な資産を構築し、低コストで高い費用対効果を実現できます。SNSでのシェアによってブランドの認知度を高め、顧客ロイヤリティの向上にも有用です。

コンテンツは資産になる

良質なコンテンツは、一度作成すると時間が経過しても価値を保ち続けるため、長期的な資産となります。デジタル空間で持続的に顧客にリーチし、ブランドの信頼性を構築する基盤となります。

たとえば、教育的なコンテンツやハウツー記事は、時間が経っても継続的に検索されるため、新しい顧客の獲得に効果的です。

低コストで高い費用対効果

コンテンツマーケティングは、他の広告媒体に比べて比較的低コストで始められ、長期間にわたって効果を発揮することが多いのです。一度作成したコンテンツが何度も利用され、広範囲にわたるリーチを可能にするため、投資対効果(ROI)はとても高くなります

SNSでのシェア可能性

コンテンツがSNSで共有されることにより、ブランドの露出が増加し、ウェブサイトへのトラフィックも増加します。ユーザーが内容を共有することで、コンテンツは信頼性が高く評価され、新たな顧客の獲得に有用です。オーガニックな口コミ効果としても価値があります。

顧客ロイヤリティの向上

質の高いコンテンツは、顧客との強い関係を構築できるため、ロイヤリティの向上に効果的です。情報提供によって顧客の問題を解決することで、顧客満足度が高まり、リピート購入や長期的な顧客関係の維持につながります。

たとえば、定期的に業界の最新情報を提供するニュースレターは、顧客との接点を持続的に保ち、信頼関係を深める手段です。

コンテンツマーケティングのデメリット

コンテンツマーケティングには多くのメリットがありますが、課題も存在します。高品質なコンテンツを作成するコスト、時間、継続的な管理が必要となる点が挙げられます。

コンテンツ作成のコストと手間

高品質なコンテンツを作成するには、専門的な知識や技術が必要であり、相応のコストと手間が必要です。特に、研究を要する内容や専門家の意見を取り入れる必要がある場合、コストはさらに増加します。

魅力的なビジュアルや動画を制作するためには、専門的なデザイナーの雇用が必要なこともあり、初期投資として考慮しなければなりません。

成果が出るまでの時間

コンテンツマーケティングには、即効性がありません。コンテンツがターゲット顧客に受け入れられるまでには、数ヶ月から数年かかることがあります。効果の遅延は、特に急速な成果を求めるビジネスには大きな課題です。

継続的な調整の必要性

市場の動向や顧客の興味は時間と共に変化するため、コンテンツも常に更新し続ける必要があります。検索エンジンのアルゴリズムが変更されるたびに、戦略を見直す必要が生じるかも知れません。継続的な調整は、時間とリソースを常に要するため、特に小規模なチームには負担となります。

コンテンツマーケティングをおすすめするケース

コンテンツマーケティングは、特定の条件下では効果的なマーケティング戦略です。顧客教育が必要な製品、購入サイクルが長い製品やサービス、ブランディングを強化したい場合などが代表例です。

カスタマーエデュケーションが必要な商品

特定の製品やサービスには、使用方法や機能に関する詳細な情報が必要な場合があります。たとえば、高度な技術を使用した家電製品や新しいソフトウェアなどです。

コンテンツマーケティングによって、使い方のガイド、FAQ、チュートリアルビデオを提供することで、顧客の理解を深め、製品への満足度を向上させます。

購入サイクルが長い商品・サービス

不動産や高価な技術機器など、高額で検討期間が長くなる商品やサービスでは、顧客の購入までに時間がかかります。コンテンツマーケティングは、顧客が必要とする知識を提供し、信頼と関係構築を助ける理想的な手法です。定期的に情報を提供することで、顧客の意思決定をサポートします。

ブランディングを行いたい商品・サービス

企業の価値観を顧客に伝えたい場合、コンテンツマーケティングはとても効果的です。物語性を持ったコンテンツ(たとえばブランドの起源の物語や、企業の社会的責任に関する取り組みを紹介する記事)を通じて、顧客との感情的な結びつきを強化できます

物語性によるアプローチは、ブランドへの忠誠心や推奨行動の促進に有効です。

コンテンツマーケティングが不向きなケース

コンテンツマーケティングは多くのメリットがありますが、すべての状況で最適な戦略ではありません。特に、短期的な成果、ターゲット顧客が不明確、十分なリソースが確保できない、ブランドの認知度がすでに高い場合など、コンテンツマーケティングが不向きとされるシチュエーションがあります

短期的な成果を求める場合

コンテンツマーケティングは、長期的なアプローチが必要です。即時の売上増加や急速なリード獲得を期待する場合などは、短期的な広告キャンペーンやプロモーション活動の方が適切な場合があります。

コンテンツマーケティングは時間をかけてブランドの価値を構築し、徐々に顧客との信頼関係を築いていきます。

ターゲット顧客が明確でない場合

効果的なコンテンツマーケティング戦略には、誰に向けてコンテンツを作成するかが重要です。ターゲット顧客が不明瞭な場合、リーチするべき顧客のニーズや関心事の把握が難しくなり、効果的なコンテンツ作成が困難となります。

コンテンツ制作にリソースが不足している場合

高品質なコンテンツを継続的に生産するためには、適切な予算、人材、時間が必要です。各リソースが不足している場合、コンテンツの質が低下したり、必要なペースでコンテンツを提供できなくなったりします。リソースが限られている状況では、他のマーケティング戦略を検討することが賢明です

ブランドの認知度がすでに高い場合

すでに市場で高い認知度を有しているブランドの場合、新たな顧客層を開拓するよりも、既存の顧客との関係を深める戦略が有効な場合があります。リテンションを重視したダイレクトマーケティングやロイヤリティプログラムの方が、効果的な場合もあります。

コンテンツマーケティングで成果を上げるコンテンツ

コンテンツマーケティングでは、ターゲット顧客に価値を提供し、エンゲージメントを引き出すことが極めて重要です。ここでは、効果的に成果を生み出すためのさまざまなコンテンツタイプを紹介します。

ホワイトペーパー

ホワイトペーパーは、専門的な情報や深い調査結果を提供する文書です。企業は、専門知識や信頼性を示すことができます。ホワイトペーパーは通常、具体的なデータやケーススタディを含むため、顧客を引き付けるのに有効です。

ブログ・オウンドメディア

ブログやオウンドメディアは、定期的に業界のトレンド、洞察、ノウハウを共有するプラットフォームです。ブログ・オウンドメディアは、常に価値を提供することで読者との関係を築き、読者を定期的な訪問者に変えることができます。

動画・YouTubeチャンネル

動画コンテンツは、視覚的魅力により、幅広い顧客の注目を集めるのに有用です。YouTubeチャンネルによって、教育的な内容や製品デモ、業界の解説など、さまざまな情報がわかりやすく伝わります。

ポッドキャスト

ポッドキャストは、移動や家事中など、リスナーが他の活動をしながらでも楽しめるオーディオコンテンツです。専門家のインタビューやパネルディスカッションを通じて、深い洞察や興味深い情報を提供できます。

インフォグラフィック

インフォグラフィックは、複雑なデータや統計を視覚的に表現するツールです。色彩や図表を用いることで、視覚的魅力を高め、一目で理解できる内容を提供します。インフォグラフィックによって、読者は重要な情報を把握しやすくなります。また、共有しやすいため、SNSでの拡散効果も期待できます。

電子ブック・eBook

電子ブック(eBook)は、専門的な情報や詳細なガイドを提供するデジタルフォーマットの出版物です。特定のテーマに関する包括的な情報を提供し、読者がダウンロードすることで、企業はリードを獲得するチャンスを得ます。教育的価値が高く、特にユーザーが具体的な解決策を求めている場合に有効です。

セミナー・ウェビナー

セミナーやウェビナーは、リアルタイムまたは録画された形式で専門知識を共有するオンラインイベントです。セミナー・ウェビナーは参加者と直接的にコミュニケーションを取りながら、教育的な内容を提供する機会となります。参加者は質問が可能で、即座にフィードバックを得られるため、エンゲージメントと満足度が高まります。

メールマガジン

メールマガジンは、登録者リストに対して定期的に送信されるメールコンテンツです。新しい情報、業界ニュース、特別オファーなどを提供することで、読者との継続的な関係を築きます。興味や過去の行動に基づいてカスタマイズされた内容を提供することで、エンゲージメントを促進し、ブランドロイヤリティを強化します。

サイト内ポップアップ

サイト内ポップアップは、ウェブサイト訪問者の注意を引き、特定のアクションを促す効果的な手段です。ニュースレターの登録促進、限定オファーの告知、イベントへの参加勧誘などがあります。ポップアップのタイミングとデザインは、ユーザー体験を損なわないよう慎重に設計されるべきです。

プレスリリース

プレスリリースは、新製品、重要な企業の更新、イベントなどの情報をメディアや公衆に向けて発信する伝統的なマーケティングツールです。練られたプレスリリースは、ジャーナリストや業界関係者に企業の最新情報を効果的に伝え、メディアの露出を増やすことができます。

Web広告

Web広告は、ターゲット顧客に直接リーチする、デジタル広告です。検索エンジンの広告、バナー広告、ソーシャルメディア広告など、さまざまな形式があります。適切なターゲティングとメッセージにより、特定の顧客セグメントに効果的にアプローチできます。

SNS

SNSは現代のコンテンツマーケティング戦略において不可欠な要素です。Facebook、X(旧Twitter)、Instagramなどのプラットフォームを利用して、コンテンツを共有し、フォロワーとのエンゲージメントを促進します。ブランド認知度の向上、顧客とのリアルタイムな対話、トラフィックの増加を図ることができます。

コンテンツマーケティングとコンテンツSEOの違い

コンテンツマーケティングとコンテンツSEOは、目的と戦略が異なりますが、どちらもデジタルマーケティングの重要な要素です。コンテンツマーケティングはブランド認知度を高め、顧客との深い関係を築くことに焦点を置きます。コンテンツSEOは、検索エンジンでの可視性とウェブサイトへのトラフィック増加に重点を置いています。

目的の違い:ブランド認知度向上 vs. 検索エンジンでの可視性向上

コンテンツマーケティングの主な目的は、感情的なつながりを築き、ブランド認知度を高めることです。コンテンツSEOは、ウェブサイトを検索エンジンでの上位表示を目的とし、キーワードの最適化やメタデータの改善に努めます。

戦略の違い:顧客エンゲージメント重視 vs. キーワード最適化重視

コンテンツマーケティングは、顧客エンゲージメントを重視します。ユーザーに価値ある情報を提供し続けることで、長期的な顧客関係を構築できるでしょう。コンテンツSEOは、検索エンジンのアルゴリズムを理解し、コンテンツを最適化することで、検索結果のランキングを向上させます。

評価指標の違い:エンゲージメント率、リード獲得数 vs. 検索順位、トラフィック量

コンテンツマーケティングでは、エンゲージメント率やリードの獲得数など、顧客との関係構築に焦点を当てた指標が重視されます。コンテンツSEOでは、ページの検索順位やウェブサイトへのトラフィック量など、検索エンジンからの可視性に関連する指標が中心です。

対象チャンネルの違い:SNS、ブログ、メールマーケティング vs. 検索エンジン結果ページ

コンテンツマーケティングはSNS、ブログ、メールマーケティングなど、複数のチャネルを活用してブランドメッセージを拡散し、顧客と直接的に関わります。コンテンツSEOは、主に検索エンジンの結果ページを対象とし、SEO戦略によってウェブサイトの可視性を高めることに集中します。

コンテンツマーケティングの実践方法

コンテンツマーケティングを成功させるためには、明確な目標設定、ターゲット顧客の深い理解、戦略的なコンテンツの設計と作成、効果の測定が必要です。以下に、それぞれのステップを説明します。

目標(KPI)設定

コンテンツマーケティングの成功には、目標の明確化と、達成する具体的な指標(KPI)の設定が重要です。KPIは、ビジネスの目標に直接寄与するものにします。たとえば、ウェブサイトの訪問者数、リードの獲得数、SNSでのエンゲージメント率などが考えられます。

ペルソナ設定

ターゲット顧客のペルソナ特性、ニーズ、行動パターンを詳細に分析し、コンテンツ戦略を立てましょう。ペルソナの設定によって、よりパーソナライズされ、顧客に響くコンテンツを作成できます。

コンテンツの設計・作成

ペルソナのニーズに応えるコンテンツを計画的に設計し、コンテンツを作成します。コンテンツの設計・作成では、ストーリーテリングの技術を活用したり、視覚的に魅力的な要素を取り入れたりすることが重要です。

効果測定

設定したKPIをもとにコンテンツのパフォーマンスを定期的に測定し、必要に応じて改善策を講じます。効果測定は、コンテンツマーケティングの戦略を調整し、効果を最大化する上で不可欠です。

コンテンツマーケティングを成功させるためのポイント

コンテンツマーケティングの成功には複数の要素が重要です。ここでは、重要なポイントを解説します。

キーワード選定

コンテンツマーケティングにおいてキーワードはとても重要です。適切なキーワードを選定し、コンテンツに組み込むことで、検索エンジンの可視性が高まり、ターゲット顧客にコンテンツが届きやすくなります。

キーワード選定では、SEOツールなどを利用して、競合性が低く検索頻度の高いキーワードを見つけ出すことがポイントです。

カスタマージャーニーマップの設計

顧客の購買行動を理解し、各ステージに合わせてコンテンツを設計しましょう。カスタマージャーニーマップを作成し、顧客が購入プロセスのどの段階にいるかを特定することで、各ニーズに合ったコンテンツを提供できます。

フェーズごとの目標(KPI)の測定

コンテンツマーケティングの効果は、設定したKPIによって測定されます。エンゲージメント率、コンバージョン率、トラフィックの増加など、フェーズごとの目標を定めましょう。各KPIを定期的にチェックし、必要に応じて戦略を調整します。

社内の共通理解

コンテンツマーケティングの目的と戦略を社内で共有し、チーム全員で取り組むことが成功への鍵です。異なる部門が協力すれば、一貫したメッセージの伝達が可能になります。

安定した運用体制の構築

効果的なコンテンツマーケティングを継続的に行うためには、企画、制作、配信、分析を一元管理できる運用体制が必要です。コンテンツの品質を保ちつつ、迅速に市場の変化に対応できます。

各ポイントを押さえることで、コンテンツマーケティングの取り組みをより効果的にし、ビジネスの成長につなげましょう。

コンテンツマーケティングに役立つツール

コンテンツマーケティングを効率的に実施し、効果を最大化するためには、多様なデジタルツールの活用が欠かせません。特にCMS(コンテンツ管理システム)、Google Analytics 4(GA4)、Google Search Console、MA(マーケティングオートメーション)ツールなどは、核となるものです。

CMS(コンテンツ管理システム)

CMSは、コンテンツの作成、管理、公開を一元的に行うためのシステムです。たとえばWordPressは、使いやすさと柔軟性で知られ、世界中の多くのウェブサイトで採用されています。CMSを利用することで、技術的な知識がないユーザーでも簡単にコンテンツを管理でき、SEO対策も容易に行えます。

https://ja.wordpress.org/

Google アナリティクス4(GA4)

Google アナリティクス4(GA4)は、トラフィック分析の強力なツールです。GA4を用いることで、訪問者の行動を詳細に追跡し、どのコンテンツが高いエンゲージメントを得ているかを理解できます。ユーザーのデモグラフィック情報やセッションの持続時間など、貴重なデータが収集でき、マーケティング戦略の改善に役立ちます。

https://marketingplatform.google.com/intl/ja/about/analytics/

Google Search Console

Google Search Consoleは、ウェブサイトの検索エンジンでのパフォーマンスを監視し、最適化するツールです。ウェブサイトがGoogleの検索結果でどのように表示されているかを把握し、SEOの問題点を特定して対応できます。キーワードのパフォーマンスも分析できるため、コンテンツ戦略の精緻化に有用です。

https://search.google.com/search-console/about

MAツール(マーケティングオートメーションツール)

MAツール(マーケティングオートメーションツール)は、マーケティング活動の自動化と効率化を可能にします。HubSpotやMarketoなどのプラットフォームは、リードの獲得から育成、コンバージョンに至るまでのプロセスを一元的に管理可能です。

手動でのフォローアップ作業が削減され、戦略的なマーケティング活動に集中できます。

https://www.hubspot.com/

https://business.adobe.com/jp/products/marketo/adobe-marketo.html

コンテンツマーケティングの成功事例

コンテンツマーケティングは、有益な情報を提供することで潜在顧客の関心を引き、ブランドの認知度を高める戦略です。以下に、具体的な事例をいくつか紹介しましょう。

WORK LIFE

「WORK LIFE」は、働く人々のワークライフバランスを向上させる情報を提供するコンテンツです。効率的な時間管理やストレス解消法など、仕事と私生活の両立を支援する具体的なヒントやアドバイスが含まれています。WORK LIFEのコンテンツは、特に忙しいビジネスパーソンから高い評価を得ています。

https://work.life/

Climate Fieldview

「Climate Fieldview」は、農業技術を活用したデータドリブンのコンテンツを提供するサービスです。農業を支援するツールとして、気候変動に強い作物の栽培方法や土壌の健康状態を管理する方法など、科学的根拠に基づいた情報が豊富に提供されています。農業従事者に有用なリソースと評判です。

https://climate.com/

The Sisters from AARP

「The Sisters from AARP」は、女性をターゲットにしたライフスタイル関連のコンテンツを展開しています。健康、美容、金融計画など、女性が直面する課題の解決策や提案を提供しており、多くの女性から支持を得ています。

https://www.sistersletter.com/

Spotify Wrapped

「Spotify Wrapped」は、各ユーザーの音楽聴取データを集計し、お気に入りの曲やアーティストをまとめたレポートを提供するコンテンツです。Spotify Wrappedのレポートはとてもシェアしやすく、ユーザー間で話題になりやすいため、Spotifyのブランド認知度向上に大きく貢献しています。

https://newsroom.spotify.com/2023-wrapped/

Family Fun

「Family Fun」は、家族向けのアクティビティやイベントを紹介するコンテンツです。子供向けの工作や地元のイベント情報など、家族で楽しめる内容が豊富で、親子での時間をより充実させるアイデアが満載です。Family Funのコンテンツは、家庭内での絆を深める情報を提供しています。

https://lemonly.com/l/marriott/family-fun-in-scottsdale/index.html

まとめ

ここでは、コンテンツマーケティングの基本から実践方法までを網羅的に解説しました。

コンテンツマーケティングは、現代のマーケティング戦略において不可欠な要素です。ターゲット顧客との関係構築とブランド価値の向上に貢献するため、効果的な戦略と継続的な取り組みが必要です。

自社のビジネス目標に合わせたコンテンツマーケティング戦略を立て、今日から実践していきましょう。

当社は、企業のサイト制作において、20年以上の経験と豊富な実績を持つ専門企業です。

コンテンツマーケティングを組み込んだ戦略のプランニングから運用までを、社内一貫体制で行います。

100件ものチェックリストによる品質の保証し、データドリブンな設計でさまざまな業界のコンテンツマーケティングを成功に導きます。

CVR数値の改善実績も多数紹介しているので、いますぐコンテンツマーケティングを始めたい方は、下記ページをご参照ください。

DYMの「WEBサイト制作・運用」サービスページはこちら

DYMでは WEB、人材、医療 を軸に様々なサービスを取り扱っております ご質問やご相談がございましたら、
まずはお気軽にお問い合わせください

【筆者・監修者企業】

株式会社DYM

【筆者・監修者企業】

株式会社DYM

「世界で一番社会を変える会社を創る」というビジョンのもと、WEB事業、人材事業、医療事業を中心に多角的に事業を展開し、世界で一番社会貢献のできる会社を目指しています。時代の変化に合わせた新規事業を生み出しながら世界中を変革できる「世界を代表するメガベンチャー」を目指し、日々奮闘しています。

DYMでは WEB、人材、医療 を軸に様々なサービスを取り扱っております ご質問やご相談がございましたら、
まずはお気軽にお問い合わせください

関連記事

【初心者向け最新】DSPとは?仕組みや機能、導入方法や効果を解説 【初心者向け最新】DSPとは?仕組みや機能、導入方法や効果を解説
公開日: 2024.05.30 更新日: 2024.06.14
Criteo(クリテオ)広告とは?仕組みやメリット、導入ポイントや事例まで解説 Criteo(クリテオ)広告とは?仕組みやメリット、導入ポイントや事例まで解説
公開日: 2024.05.30 更新日: 2024.06.14
WEBサイト制作の全体の流れや進め方、成功の鍵や依頼のポイントを解説 WEBサイト制作の全体の流れや進め方、成功の鍵や依頼のポイントを解説
公開日: 2024.05.30 更新日: 2024.06.14
SNSコンサルとは?運用代行との違いや流れ、業務内容や費用相場についても解説 SNSコンサルとは?運用代行との違いや流れ、業務内容や費用相場についても解説
公開日: 2024.05.30 更新日: 2024.06.14
【2024年最新】SEOとは?SEO対策の基本と具体的な3つの施策を解説! 【2024年最新】SEOとは?SEO対策の基本と具体的な3つの施策を解説!
公開日: 2024.05.30 更新日: 2024.06.14
アフィリエイトとは?仕組みや報酬獲得の方法、サイトの作り方を解説 アフィリエイトとは?仕組みや報酬獲得の方法、サイトの作り方を解説
公開日: 2024.05.30 更新日: 2024.06.14

DYMのサービスに関するお問い合わせ

DYMへのご質問やサービスについてのご相談等、お気軽にお問い合わせください。

ホーム お知らせ 会社情報

WEB 事業部>

リスティング広告

SEO

SNS広告
(Instagram、Facebook、Twitter、LINE、TikTok)

DSP・アドネットワーク

アフィリエイト

WEB制作

SNS運用代行
(Instagram・Facebook・Twitter・LINE・TikTok・Youtube)

タレントシェア

HR Tech 事業>

Indeed

スタンバイ・求人ボックス

RAKUSAI(採用管理ツール)

コールセンター

人材事業>

新卒採用(イベント、新卒紹介、スカウト)

DYM就職・DYM第二新卒

DYMハイクラス

人材育成・研修

エグゼパート

DYMテック

Ready Career

障がい者採用事業

ウェルフェアステーション事業

M&A・投資育成事業>

M&Aコンサルティング事業

投資育成事業

医療事業>

タイ

香港

NY

ベトナム

不動産事業>

不動産仲介・オフィスコンサルティング事業

ビジョン 社会貢献 コラム一覧 採用情報 お問い合わせ

このページのトップへ戻る

Back to top