Page Top

ニート向け求人の探し方とは?ポイントやおすすめの就職支援サービスを紹介

公開日:2024.06.17  更新日:2024.06.17

導入文

ニートだから資格や経歴が全然なくて、どうやったら就職できるかわからないと困っているあなた!心配はいりません。ニートでも働くことはできます!実際に、ニートからいきなり正社員で活躍している人もいます。 学歴不問や未経験歓迎などの仕事は探し方次第でたくさんあります。本記事では、就職活動に一念発起したニートの方をサポートすべく手順を解説します。合わせて、おすすめの仕事も紹介するので、読み終えたら即実践。ニートから就職した未来を掴み取りましょう!    

<この記事で紹介する3つのポイント>

  • 自己分析の重要性
  • 規則正しい生活の維持
  • 企業分析と就職支援サービスの活用

ニートが働きたいと思ったらまずやること

まずは自己分析

ニートの方は、自分に自信がないと言う方が多いです。

仕事をしていない期間が長いため、自分をPRできる部分が何もないと考えがちです。

しかし、自己PRは自分の経歴を自慢する場所ではなく、今まで何をしてきたかといった経験があるかを紹介する場です。

自己分析をすることで、今まで自分がどういった経験をしてきたかや自分にどういったことができるかが明確になります。加えて、自分にどういった仕事が向いているかやどういったことができるかといったこともわかるようになります。

どのように自己分析をしたらいいかがわからない人が多いかと思います。そういった方は、まずこれまで自分がどういったことをやってきたかを箇条書きで書き出してみることをおすすめします。何でもいいので書き出すことで、どんどん自分の経験やスキルを洗い出すことができます。洗い出すときのポイントは正しいかどうかや間違っているといった事は無いので、躊躇せず何でも書き出してみることです。自分には特別な経験がないと思う方も多いかと思いますが、特別な経験である必要もありません。アルバイトでやってきた経験や日々の生活の中で工夫してきたことなどを書き出すのも1つです。

規則正しい食生活を心がける

ニートの方は時間に縛られることがないので、生活が不規則になりがちです。しかし、企業に勤めるとなると決まった時間での生活が必要になります。すぐに規則正しい生活を送る事は難しいため、まずは1日3食、正しい食生活を送ることを心がけましょう。

はじめは特に朝ご飯は食べられない方が多いです。そのような方は簡単な食事から始めると良いでしょう。おにぎりや大豆バーなど栄養が取れるものを少しずつ決まった時間に取るように心がけましょう。規則正しい食生活を続けることで、睡眠のサイクルなども整ってきますので、まずは1日3食を続けることをおすすめします。

企業分析や仕事を知ること

自己分析がある程度済んだら、次は企業の分析をしてみましょう。

世の中にどういった仕事があるか、どういった企業があるかを知ることで、自分にできる仕事のイメージがついてきます。

企業分析については様々な方法がありますが、まずは自分の興味のある分野で、有名な企業のホームページを見ることから始めてみると良いでしょう。その企業がどういった製品を作っているか、どういったサービスを展開しているか、どういった企業理念があるか、といったことに注目してみましょう。次に、採用情報を見ると、今その企業がどういった人材を必要としているか、どういった働き方ができるかといった情報を得ることができます。できることなら1つずつその情報を書き出してみると良いでしょう。その書き出したメモが増えることで、より具体的に自分に合った仕事を見つけることができます。

ハローワークや地域若者サポートステーションを利用する

1人で仕事探しをしているとなかなか判断がつかない場合があります。そういった時は仕事探しのとっかかりとして、ハローワークや地域若者サポートステーションといったサービスを利用することをお勧めします。それぞれの特徴についてご紹介します。

ハローワーク

ハローワークは行政機関であり、公共職業安定所と呼ばれます。就職や転職に関する相談や求人検索ができるようになっています。失業保険の手続きで利用される場合もあります。

行政が営む機関なので、無料で利用できます。就職や転職に関する悩み事などがあれば、まずはハローワークへ足を運ぶといいでしょう。

ハローワークは就職支援などキャリアに関する専門家が常駐しています。たとえ、ニートであったとしても、臆することなく相談すれば、あらゆる角度から提案をいただけたり、知識を得たりすることが可能です。

ハローワークの特徴としては、地域ごとで求人を取り扱うため、地元での就職を希望する場合は有効な手段となります。他にも就職に関するセミナーや自己分析、履歴書・職務経歴書の添削なども行なっています。書類選考に関するアドバイスや、面接対策などもできるので、積極的に活用するといいでしょう。

ハローワークではハロートレーニングと呼ばれる職業訓練を受けることができます。ハロートレーニングは公共職業訓練と求職者支援訓練の2種類があります。公共職業訓練は雇用保険を受給している方が対象となります。一方で、求職者支援訓練では雇用保険を受給していない方が対象です。様々な分野の講義を受けることができて資格取得を目指せます。ぜひ興味のある講座があれば申し込んでみましょう。

地域若者サポートステーション

地域若者サポートステーションは通称サポステと呼ばれており、すべての都道府県に設置されています。ハローワークは仕事ができる人であれば全年齢が対象でしたが、地域若者サポートステーションは15〜49歳までが対象となります。厚生労働省が民間団体へ委託した機関で、就職支援のノウハウや実績を持っているため、安心して利用可能です。

利用方法は、まず予約することから始まります。最寄りのサポステを探して、電話またはメールで連絡をとります。電話での相談も可能ですが、できれば直接窓口へ伺うようにしましょう。対面で話しをするようにした方が、相談の温度感が伝わりやすいため、ヒアリングの精度が上がり、より早く活動に繋げられます。

地域若者サポートステーションで受けられる支援は様々です。日々の生活にも活用できるコミュニケーション講座や基本的なビジネスマナーも学ぶことができます。

就活セミナーでは履歴書の書き方や面接の受け答えについて指導を受けることも可能です。ジョブトレという職業体験の機会もあります。他には、集中訓練プログラムといったものがあります。こちらは、1ヶ月から6ヶ月という期間にわたり、就労にかかわる訓練を実施するものです。具体的には合宿形式などで、職業生活に関わる必要な習慣やパソコン講習、ビジネスマナーの習得など、仕事をする上で必要なスキルを網羅的に身につけることができます。

様々なトレーニングを受けて、早速就活を始める際も、就活に必要な情報提供を受けることができます。

サポステでは、就職が無事に決まった後も支援を受けることができます。就職後、職場での悩みや不安などが出てきたときは相談に乗っていただくなどサポートを受けることが可能です。こういった相談の他にも、キャリアアップなどの相談にも乗っていただけます。

ニートの仕事探しは就職エージェントを活用!

就職エージェントとは?

就職エージェントとは、就活や転職を支援する企業が提供するサービスの1つです。就活や転職で悩む方1人ひとりに専任の担当がついて、あらゆる支援を受けられるサービスです。一般的に求職者は無料で利用できます。なぜなら、エージェント側は就職が決まった企業から報酬を得ているためです。よって、求職者はすべての支援を無料で受けられ、追加で請求されるようなことはありません。

就職エージェントが提供する主なサービスは、キャリアカウンセリングや履歴書・職務経歴書の作成のサポート、求人情報の提供や面接対策です。

キャリアカウンセリングは、まずは電話で就職活動の状況についてヒアリングを行います。その中でどういった悩みがあるか、どういった仕事に就きたいかについて丁寧にヒアリングいただけます。その際に、具体的な職種や就業条件などが決まっているようでしたら、その場合で伝えることもできます。電話相談の段階で、その人の抱える悩みや課題に合ったアドバイスを受けることができます。

電話面談後、改めて面談の日程を調整します。面談当日はその会社の面談ブースまたはオンラインで行います。事前に詳細な履歴書や職務経歴書がなくても、担当者からヒアリングを受けながら作り上げることができます。

面談では、電話面談の内容を踏まえて、改めて希望条件やどういったキャリアを築いていきたいかなどのヒアリングを実施していきます。その話を踏まえて、担当者が求職者に合った求人を紹介してくれます。個人面談の形式なので、キャリアに関わらず、個人的な相談もしやすい環境です。

就職エージェントの強みや企業と密接に繋がっていることです。民間の派遣会社がサービスの一環で就職エージェントを提供しているケースが多いため、営業担当が直接、人事や総務の担当者とコミュニケーションをとっており、より深い情報を得ることができます。ウェブページにある求人情報ではわからないような、職場環境や働いている人の雰囲気などを知ることができます。ひとりで情報収集しているだけではわからない情報を得ることが可能です。

就職エージェントでは、求人の選定と合わせて、履歴書や職経歴書の添削を受けることができます。ネットやハローワークなどでも履歴書や職務経歴書の書き方を学ぶことは可能ですが、就職エージェントの場合、企業が求める人物像を把握しているため、より企業のニーズに合わせて書類作成を進めることができます。履歴書・職務経歴書の作成の際は、是非エージェントから添削指導を受けるようにしましょう。就活成功の近道となります。

就職エージェントが実施する面接対策は、担当者から面接マナーから実際の質疑応答の内容などを教えてくれます。書類の添削と同じように、企業のニーズにマッチした内容で練習をすることが可能です。

就職エージェントを活用する4つのメリット

  1. 短い期間で内定を受けやすい

就職エージェントは企業と密接に関わりがあるため、選考を進める企業のニーズに合わせた書類作成や面接対策ができます。ポイントを的確に押さえた上で選考に望めるため、内定の確度が上がり、より早く就職先を決めることができます。

  1. マッチ度の高い企業に就職できる

就職エージェントの多くは、就職先の企業に出向いていることが多いため、その企業の環境を熟知しています。そのため、求職者の希望にマッチした企業に就職できる確率が高くなります。求職者本人だけでなく、企業にとってもニーズに合った人材を獲得できます。

  1. 普通では出会えない求人が紹介されることもある

1人で求人を探していると、少し条件が違うと候補から除外してしまいがちです。業界や就業条件が希望に合わない場合、初めから見ないこともあります。しかし、就職エージェントを利用していれば、専門家の目線で求人を深掘りして紹介してくれるので、思わぬ求人との出会いがある可能性が高まります。

  1. 企業との連絡の窓口を担ってくれる

ニートの方がいきなり企業の窓口の担当者とやり取りをするは不安に感じるでしょう。そういう時に就職エージェントを利用していると、エージェントが企業との連絡の窓口を担ってくれます。面接の日程調整や年収金額の相談など、自分ではできない交渉なども対応してくれます。

就職エージェント紹介ー株式会社DYMー

DYMの第二新卒紹介・既卒・中途紹介サービス(DYM就職)は、特に第二新卒、既卒者、フリーターを対象にしており、職種や地域に関わらず、多様な人材を紹介しています。日本の働き手不足を解消し、非正規雇用から正社員へのステップアップを支援しています。

第二新卒紹介の定義と目的

「第二新卒」とは、新卒で就職した後、数年以内に離職し、再び転職活動を行う人々を指します。DYMでは、新卒で就職せず数年が経過した既卒者も含めています。DYMのサービスは、これらの人々が直面する可能性のある就職市場での困難に対処し、適切な職場での再スタートを支援します。

人材紹介サービスも提供するDYMが解決できる企業の課題

DYMは、企業が直面する以下のような多様な採用課題を解決します。

  • 効率的な面接の実施
  • 特定の職種における迅速な採用ニーズへの対応
  • 限られた採用予算内での最大の成果の達成
  • 内定辞退や採用目標未達といったリスクの管理
  • 上位校出身者など、特定の背景を持つ人材へのアクセス

DYMのサービスの特徴

DYMの第二新卒紹介・既卒・中途紹介サービス(DYM就職)は以下の特徴を持っています。

  1. 大規模な求職者データベース: 年間1万人以上の求職者にアクセス可能で、その数は年々増加しています。
  2. 未経験者が中心:登録している求職者の大部分は20代の未経験者です。
  3. 成果報酬型プラン:成功した場合のみ料金が発生するため、企業のリスクが低減されます。
  4. 幅広い業界と職種への対応:様々な業界や職種にマッチした人材を提供できます。
  5. 専門のリクルーターによるサポート:各分野の専門知識を持つリクルーターが適切な候補者を紹介します。

DYMの第二新卒紹介サービスは、就職市場における困難を乗り越え、新たな職を求める若年層やキャリアチェンジを目指す個人に新たな機会を提供しています。

また、企業にとっても適切な人材を効率的に確保する手段として価値があります。

DYMのサービスは、求職者と企業双方にメリットをもたらし、その効果的なサービス提供により多くの成功を生み出しています。      

ニートにおすすめは未経験歓迎や人と関わらないような仕事!    

未経験でもできる仕事

・介護職

福祉サービスには大きく2種類あります。居宅サービスと施設サービスです。居宅サービスは資格が必要なため、無資格者は施設サービスが該当します。要介護者の生活援助を行う。主な仕事内容は、調理や配膳片づけなどの食事のサポートや食材や日用品、日常生活で必要なものの買い物のサポート、他にも、身体機能を維持するためのレクリエーションなどがあります。

介護職の最大やりがいは、人の役に立つことが実感できることです。直接ありがとうと言ってもらえることで、社会貢献できている実感がわきます。

他にメリットとして、働き方が選べることがあります。正社員はもちろん、パートやアルバイトなど様々な雇用形態があります。

介護職は未経験でも可能な求人が多いです。

キャリアアップできる資格としては、下記の通りです。

・介護職員初任者研修:体に触れる介助のために必要。

・介護福祉士:国家資格。チームマネージメント管理者として働ける。

・ケアマネージャー:介護保険サービスの提供に必要なケアプランの作成や介護計画の立案。

介護職は、年々高齢化が進むにつれて、ますます需要が高まる職種といえるでしょう。

・プログラマー

システムエンジニアが設計した仕様書に基づいてプログラミングを行う、動作のテスト、バグの修正などが主な業務となります。

プログラマーのやりがいは、自分が作ったプログラムが活用されていることを実感できることです。また、言語を増やすと仕事の幅がより広がっていきます。

理系のイメージがありますが、言語を扱う仕事なので、意欲と向上心があれば文系でも問題はありません。常に新しい技術が生まれているため、新しい知識を得ようとする気概が大切です。

・清掃員

清掃員は、年齢不問、未経験可の求人が多いです。

アルバイト、パート、派遣、正社員など幅広い雇用形態や、勤務時間も様々なことから、色々な働き方を選べます。

清掃員の仕事は、与えられた仕事を黙々とこなしていくので、人と接するのが苦手な方におすすめです。正社員登用制度があれば、正社員になれるチャンスもあります。

・工場作業員

作業が標準化されており、同じことの繰り返しなので、特別なスキルがなくても仕事ができます。

特にものづくりが好きな人には向いています。

勤務形態は、土日休みのところが多いので、生活習慣を作りやすいです。夜勤もあれば高収入を目指せます。

工場作業員のやりがいは、作ったものが目に見えることです。

仕事内容としては、ライン作業、検査、機械オペレーターなどがあります。

実務経験を積み重ねれば、管理職も目指せる場合もあります。

・事務員

事務員の仕事内容は多岐に渡ります。書類作成やファイリング、書類整理やデータ入力など。慣れは必要ですが、特別なスキルは不要です。未経験可の求人も多いです。

残業がない場合が多いので、生活習慣を保ちやすいことも特徴です。

事務員のやりがいは、社員のサポート業務をすることで、人から感謝されやすい点です。

キャリアアップとしても、エクセルやワード、パワーポイントなどのパソコンスキルが身につくので、次のキャリアを築く足がかりにもなります。

・営業職

営業職は未経験可の求人が多いです。

特別なスキルは必要なく、その人の魅力一つで成果を出すことができます。

人との繋がりを大切にして、目の前で感謝を受け取ることができるのでやりがいを感じやすいです。

営業が売るものは様々ですが、自分が好きなものの営業を仕事にすれば、より高い成果につながる可能性があります。

・運送業

運送業は、運転免許証があればニートだったとしても就職ができます。

運送業はドライバー不足という問題に直面しており、多くの企業が人手不足を解消するために、新たな労働力源としてニート層を見込むケースが増えています。

運送業は、商品の配送や物流サポートという重要な役割を担っているため、人手が常に必要とされています。この業界では、特に長距離や中距離のトラック運転手が不足しており、未経験者でも入りやすい環境が整っています。ニートの人たちが運送業を選ぶ主な理由として、必要な資格が取得しやすいこと、研修制度が整っていること、即戦力として迅速に働き始められることなどが挙げられます。

さらに、自動運転車の導入が現実的になっていることで、運送業界は技術革新がおこっており、新しい雇用の機会を生み出す可能性もあります。ニートの人たちが技術習得に積極的であれば、将来的にはより技術的な役割を担うことも考えられます。

・公務員

公務員という職は安定しており、長期的なキャリアを築く上で非常に魅力的な選択肢とされています。ニートの人たちにとって、公務員としての職を得ることは、社会的な復帰を果たす大きな一歩となりうるでしょう。

公務員として働くことは、単に安定した職業を得ること以上の意味を持ちます。公務員は地域社会のサービスを支え、市民の生活を向上させる重要な役割を担っています。このような職に就くことで、ニートの人たちも社会に貢献しているという実感を得ることができ、自己価値を感じやすくなる可能性があります。また、公務員としての業務は多岐にわたるため、個々の興味やスキルに合った分野を選べることも大きな利点です。

さらに、政府や地方自治体では、公務員を目指すニートを支援するプログラムを設けている場合があります。これにより、ニートの人たちは必要な資格の取得支援や職業訓練を受けることができ、公務員試験の準備を整えることが可能です。このような支援は、ニートの人たちが自己能力を高め、自信を持って職場に復帰するための大きな助けとなります。

公務員としての仕事は、ルーチンワークが多く、予測可能な作業環境を提供します。これは、長期間職に就いていなかったニートの人たちにとって、職場への適応をスムーズに行う上で助けになることが考えられます。定時での勤務が基本であり、プライベートな時間も確保しやすいため、ワークライフバランスを保ちやすい環境が整っています。

  • 人と関わらない仕事

・警備員

警備員の仕事は、一般的に人との直接的な対話が少なく、特定の場所の安全を守ることに集中する職種です。このため、人との交流を避けたいが仕事を求めているニートにとって適した選択肢となり得ます。

警備員の仕事には、施設警備、交通誘導、イベント警備など、さまざまな形態があります。人との接触が比較的少ない職務も多く含まれています。

たとえば、夜間の施設警備では、建物のセキュリティをチェックするだけで、ほとんど人と接することなく勤務することが可能です。 人との直接的な交流を避けたいニートにとって、精神的なストレスが少なく、仕事に就きやすい環境です。

また、警備員としての仕事は、資格を必要とする場合もありますが、資格取得のための支援が行われることも多いです。多くの警備会社では、新入社員に対して必要な研修を提供し、資格取得を支援する体制を整えています。これにより、職業経験がないニートでも、スキルと自信を身につけることができ、社会復帰の一環として警備員の職に就くことが可能になります。

警備の仕事は、一定のルーチンワークと責任感を要求されますが、その分だけ個人の自立と自己効力感を高める効果も期待できます。

定期的な勤務パターンは生活リズムを整える助けとなり、日常的な達成感を得ることができます。

さらに、警備業界は人手不足に直面している場合が多いため、雇用の機会が比較的多く存在します。ニートが新たな一歩を踏み出すための「入口」として警備員の職は、比較的敷居が低く、再就職のチャンスを提供するという点で、非常に有効な選択肢と言えるでしょう。

・引っ越し業者

引越し業者の仕事は物理的には要求が高いものの、顧客との深い対話や長期的な関係構築を必要とするわけではないため、人との関わりを最小限に抑えたいニートに適しているかもしれません。

引越し業者の主な業務は、顧客の家財を新しい住所へ移動させることです。荷造り、荷解き、運搬が含まれ、作業の多くは物理的な労力を要求しますが、顧客と密接にコミュニケーションを取る時間は限られています。

作業自体はチームで行われることが多いものの、個々の作業員が独立して作業を進めることも可能です。このため、人と広範囲にわたって交流することなく、具体的なタスクに集中することができます。

さらに、引越し業務はプロジェクトベースであるため、一定の期間、特定の仕事に集中することができます。これは、日常的なルーチンや社交活動が苦手なニートにとって、働きやすい環境を提供するかもしれません。

引越し業者としての仕事は、身体活動を通じてストレス解消にもつながり、健康的な生活リズムを築く手助けとなる可能性があります。

引越し業者は、特別な資格を必要とすることは少なく、多くの企業が未経験者向けのトレーニングプログラムを提供しています。これにより、職業経験がないニートでも、必要なスキルを学びながら働き始めることができるため、職業訓練としても適しています。加えて、物理的な活動が多いため、仕事を通じて体力をつけ、自信を持って社会に出る準備をすることもできます。

引越し業者としての仕事は、ニートが新たなスタートを切るための良い選択肢の一つとなり得ます。身体を動かす仕事が得意で、人との直接的な交流を避けたいニートにとって、引越し業者は適切な職場環境を提供する可能性があります。

・在宅ワーク

在宅ワークは、職場環境での対人関係のストレスを避けたい人々にとって、非常に有効な働き方です。特に、人と直接的に関わることなく仕事を行うことができるため、ニートにとって安心して仕事を始める一歩となり得ます。

在宅ワークにはさまざまな種類があり、データ入力、ウェブデザイン、プログラミング、コンテンツ作成、翻訳など、多岐にわたる業務がインターネットを通じて行われています。これらの仕事は特定の場所に拘束されずに行えるため、自宅で静かに集中して作業することが可能です。また、フレキシブルな勤務時間を設定できるため、自分のペースで仕事を進めることができ、生活リズムを崩すことなく働けるメリットがあります。

在宅ワークは、ニートが社会との接点を持ちながらも、社交的なプレッシャーから解放される環境でスキルを磨き、自信をつけることができる機会を提供します。たとえば、フリーランスのライターやエディターとして仕事を始めることによって、コミュニケーションスキルや専門知識を活かすことができます。これは、専門性を高め、将来的にキャリアアップする基盤を作るのに役立ちます。

さらに、在宅ワークは、仕事への復帰を目指すニートにとって、段階的に社会復帰を図るプロセスの一部となることができます。初めは小規模のプロジェクトから始め、徐々に仕事の量を増やすことで、徐々に働く習慣を身につけることができます。このようにして、仕事のリズムと社会とのつながりを再構築することが可能です。

在宅ワークはニートにとって非常に有効な選択肢です。自宅という安心できる環境で、人との直接的な交流を避けながらも、社会的な価値を生み出す仕事に従事することで、自立への道を着実に歩むことができます。また、在宅ワークを通じて獲得したスキルは、将来的にはオフィスワークや他の職種へのステップとしても機能するでしょう。

まとめ

ニートが就職活動を始める際、最初のステップとして自己分析が重要です。自己分析を行うことで、これまでの経験やスキル、自分に適した仕事の種類を明確にすることができます。このプロセスは、自己PRのための基盤を作り、自信を持って就職活動に臨むための準備を整えます。自己分析の方法としては、これまでの活動をリストアップするシンプルな手法が効果的です。特別な経験がなくとも、日常生活の中での工夫やアルバイト経験なども有用な情報となり得ます。

次に、ニートの方々は規則正しい食生活を心がけることも大切です。これは、就職後の生活リズムを整える上で役立ちます。特に、朝食を摂る習慣をつけることは、一日の始まりにエネルギーを供給し、生活のリズムを安定させる助けとなります。

企業分析も重要なステップです。どのような企業が存在し、どのような人材を求めているのかを理解することで、自己のスキルや経験が活かせる職場を見つけることが可能になります。企業のウェブサイトを閲覧し、提供している製品やサービス、企業文化などを調査することから始めましょう。

さらに、ニートの就職支援としては、ハローワークや地域若者サポートステーションの活用が推奨されます。これらの機関では、就職相談、職業訓練、履歴書の添削、面接対策など、就職活動に必要な様々なサポートを提供しています。特に、ハローワークでは専門のキャリアアドバイザーが常駐し、個別の相談に応じてくれるため、ニートの方々が社会復帰する際の強力な支援基盤となります。

最後に、就職エージェントの利用も有効です。就職エージェントは、専任のカウンセラーが一人ひとりの就職活動をサポートし、適切な求人の提供や履歴書・職務経歴書の作成支援、面接対策などを行います。特に、DYMのようなエージェントは、ニートやフリーター、第二新卒などの就職を強力にバックアップするサービスを提供しており、適職を見つけやすくなるでしょう。

ニートからの就職は多くの挑戦を伴いますが、適切な準備とサポートを活用することで、成功につながる道が開けます。自己分析から始め、生活リズムの改善、企業研究、そして専門的なサポートの利用を積極的に行い、新たなキャリアを築いていくことが重要です。

DYMの「第二新卒紹介・既卒・中途紹介サービス(DYM就職)」サービスページはこちら

DYMでは WEB、人材、医療 を軸に様々なサービスを取り扱っております ご質問やご相談がございましたら、
まずはお気軽にお問い合わせください

【筆者・監修者企業】

株式会社DYM

【筆者・監修者企業】

株式会社DYM

「世界で一番社会を変える会社を創る」というビジョンのもと、WEB事業、人材事業、医療事業を中心に多角的に事業を展開し、世界で一番社会貢献のできる会社を目指しています。時代の変化に合わせた新規事業を生み出しながら世界中を変革できる「世界を代表するメガベンチャー」を目指し、日々奮闘しています。

DYMでは WEB、人材、医療 を軸に様々なサービスを取り扱っております ご質問やご相談がございましたら、
まずはお気軽にお問い合わせください

関連記事

福利厚生のアウトソーシングとは?導入のメリットやおすすめサービスを紹介 福利厚生のアウトソーシングとは?導入のメリットやおすすめサービスを紹介
公開日: 2024.06.17 更新日: 2024.06.17
【2024年版】福利厚生サービスのおすすめ制度6選!特徴や料金、メリットについても解説 【2024年版】福利厚生サービスのおすすめ制度6選!特徴や料金、メリットについても解説
公開日: 2024.06.17 更新日: 2024.06.17
新卒紹介のエージェントサービスを活用するメリットとは?特徴や選び方、活用事例を紹介 新卒紹介のエージェントサービスを活用するメリットとは?特徴や選び方、活用事例を紹介
公開日: 2024.06.17 更新日: 2024.06.17
常用型派遣(無期雇用派遣)とは?登録型派遣との違いや企業が利用するメリットを解説 常用型派遣(無期雇用派遣)とは?登録型派遣との違いや企業が利用するメリットを解説
公開日: 2024.06.17 更新日: 2024.06.17
新卒採用向けスカウトサービスとは?特徴やメリット・デメリット、企業の活用例を解説 新卒採用向けスカウトサービスとは?特徴やメリット・デメリット、企業の活用例を解説
公開日: 2024.06.17 更新日: 2024.06.17
一般事務の派遣はどんな仕事?特徴や仕事内容、必要なスキル、企業が活用するメリットを解説 一般事務の派遣はどんな仕事?特徴や仕事内容、必要なスキル、企業が活用するメリットを解説
公開日: 2024.06.17 更新日: 2024.06.17

DYMのサービスに関するお問い合わせ

DYMへのご質問やサービスについてのご相談等、お気軽にお問い合わせください。

ホーム お知らせ 会社情報

WEB 事業部>

リスティング広告

SEO対策

SNS広告
(Instagram、Facebook、Twitter、LINE、TikTok)

DSP・ネイティブ広告

アフィリエイト

WEBサイト制作・運用

SNSアカウント運用代行
(Instagram・Facebook・Twitter・LINE・TikTok・Youtube)

タレントキャスティング・タレントシェア

DYM(THAILAND)Co.,Ltd.(タイ支社)

HR Tech 事業>

Indeed運用代行・代理店

スタンバイ・求人ボックス運用代行

採用管理ツール(rakusai)

コールセンター・コンタクトセンター

人材事業>

新卒紹介サービス

第二新卒紹介・既卒・中途紹介(DYM就職)

ハイクラス転職(DYMハイクラス)

人材育成・研修

顧問紹介・派遣サービス(エグゼパート)

IT人材派遣サービス(DYMテック)

若手社員の常用型派遣(Ready Career)

障がい者雇用・採用事業

福利厚生(ウェルフェアステーション)事業

M&A・投資育成事業>

M&Aコンサルティング事業

投資育成事業

医療事業>

タイ(バンコク)クリニック

香港クリニック

アメリカ(ニューヨーク)クリニック

ベトナム(ホーチミン・ハノイ)クリニック

不動産事業>

不動産仲介・オフィスコンサルティング事業

ビジョン 社会貢献 コラム一覧 採用情報 お問い合わせ

このページのトップへ戻る

Back to top