Page Top

タレントキャスティングとは?サイトや広告に起用するメリット・方法、キャスティング会社の選び方を解説

公開日:2024.05.30  更新日:2024.06.14

タレントキャスティングとは、商品やサービスの広告プロモーションにおいて、有名人や著名人物を起用する手法のことです。タレントの知名度やイメージを活用して、製品やサービスを広く宣伝する効果が期待できます。

今回の記事では、タレントキャスティングのメリットとデメリットを紹介します。タレントキャスティングを検討している企業様は、ぜひ参考にしてください。

<この記事で紹介する3つのポイント>

  • タレントキャスティングのメリットとデメリット
  • タレントをキャスティングする方法
  • タレントキャスティング会社を選ぶポイント

タレントキャスティングとは?

タレントキャスティングとは、キャスティング会社を通して企業やブランドのイメージに合ったタレントを的確に見つけることです。キャスティング会社は市場やトレンドを熟知しており、幅広いネットワークを持っています。そのため、クライアントのニーズに応じて最適な候補を提案してくれるのです。

アサインされたタレントは、広告塔としての役割だけでなく、社員総会やイベントなどへの出演など、さまざまなシーンで活躍します。イメージが良く、影響力のあるタレントを起用することは、企業側にとって非常に有益であり、広告やプロモーションの成功に大きく寄与してくれます。

特に近年は、SNSの普及によりインフルエンサーの存在も注目されています。インフルエンサーは自身のフォロワーに対し、その人気や信頼度を活かして企業の商品やサービスを宣伝してくれるだけでなく、フォロワーによる拡散も期待できるのです。

しかし、タレントやインフルエンサーをキャスティングする際には注意が必要です。広告の効果を最大化するためには、タレントやインフルエンサーが自社の商品やサービスと合致し、ターゲット層に訴求できるかを見極めなければなりません。つまり、タレントやインフルエンサーを単純に人気で選ぶのではなく、彼らが持つイメージや価値観が企業のブランドと調和するかどうかを慎重に考慮しましょう。

そのため、適切なキャスティングこそが広告効果を最大化し、企業のビジネスに貢献する重要な要素となるのです。

タレントキャスティングのメリット・デメリット

商品やサービスの売上向上やブランドイメージの向上に貢献する一方で、タレントキャスティングにはメリットとデメリットが存在します。それぞれをご紹介しますので、タレントキャスティングを検討している方はしっかり押さえておきましょう。

メリット

イメージアップ効果

キャスティングしたタレントのイメージが企業や商品に投影されます。たとえば、清潔感のあるタレントを美容関連のCMに起用すると、そのタレントのイメージが商品に重ね合わされ、「この商品を使えば自分もキレイになれるかもしれない」というポジティブなイメージが消費者に与えられます。その結果、ユーザーの商品に対する購買意欲も刺激され、売上アップにも寄与するのです。

認知度向上

タレントを広告に起用するメリットには、企業や商品の認知度や知名度の向上もあげられます。人気タレントが商品を紹介すると、ユーザーの商品についての関心が高まり、検索エンジンでの検索回数が増加したり、Xでトレンド入りを果たしたりすることもあるでしょう。このように、タレントキャスティングは、商品の認知度向上に大きく貢献します。

タレントのファンにアプローチ可能

タレントが持つファン層に、効果的なアプローチも可能です。タレントのファンは、タレントが紹介する商品に興味を持ちやすい傾向にあります。また、ファンからの口コミやSNSでの拡散も期待できるため、宣伝効果向上の効果もあります。

デメリット

ギャラが高い

一般的に人気のあるタレントやインフルエンサーのギャラは高額です。知名度や影響力に見合った報酬を求められる傾向があるため、企業やブランドは彼らの出演や広告利用に多額の費用を負担しなければなりません。

特に大手タレントや有名なインフルエンサーを起用する場合、そのギャラは膨大になることもあります。そのため、予算があまりかけられない企業だと、タレントキャスティングが難しいケースが多いです。

スキャンダルやトラブルによるリスク

タレントやインフルエンサーは時に、不祥事や物議を醸すような行動を取って問題になることもあります。たとえば、過去の不祥事やスキャンダルが再燃したり、公の場での発言が問題視されたりと、一度はこのような報道を目にしたことがある方は多いのではないでしょうか。これらのリスクは、タレントキャスティングによって企業やブランドのイメージにも影響を及ぼします。そのため、企業側はキャスティングするタレントの過去の経歴や行動を慎重に調査し、リスクを最小限に抑えなければなりません。また、トラブル時の解決方法は契約時にも、しっかり確認しましょう。

タレントをキャスティングする方法

タレントキャスティングの方法は大きく2つあります。

まず一つは、企業がCMを制作する際に広告代理店を通じて交渉する方法です。通常、広告代理店が中心となってタレントの芸能事務所との交渉を進めてくれるため、広告主はスケジュール調整やギャラ交渉、タレントとのコミュニケーションに時間をかける必要がありません。

もう一つの方法は、タレントが所属する芸能事務所と直接交渉する方法です。企業側が直接交渉するケースは稀であり、通常は芸能事務所の問い合わせページやSNSを通じて連絡や依頼を行います。ただし、芸能事務所とのコネクションがない場合は交渉が難しく、契約に関するトラブルが生じる可能性もあります。

したがって、プロモーションやキャンペーンを円滑に進めるためにも、キャスティングは広告代理店やキャスティング会社に依頼する方が良いでしょう。彼らは豊富な経験とネットワークを持ち、スムーズな交渉や契約締結をサポートしてくれます。

キャスティングの費用相場

キャスティング料金相場は幅広く、起用するキャストによって大きく異なります。タレントの経験値や知名度だけでなく、使用期間や使用範囲、さらには交通費や宿泊費、拘束時間なども料金に影響を与えます。

有名女優や俳優など、経験値も知名度も高いキャストを起用する場合は、2,000万円以上の料金がかかることもあります。テレビで知名度のあるタレントなら約1,500万円、モデルや専門家など、ある程度の知名度を持つキャストなら約1,000万円程度が相場です。

一方、少し前に活躍したタレントやブレイク前のタレントなど、知名度が低い場合は、約500万円で起用できるケースもあります。ただし、イベントや広告などの使用場所や目的によっては、別途50万円前後の料金が発生することもあります。また、拘束時間や撮影稼働回数が増えると、それに応じて料金も増加するので注意が必要です。

タレントキャスティング会社を選ぶポイント

タレントキャスティング会社を決める際には、特徴や得意分野、実績を確認してください。たとえば、タレント、モデル、女優、俳優、YouTuber、Instagramer、TikTokerなど、それぞれの分野を得意とする会社があるため、事前に公式ホームページなどで会社の特徴や実績を確認し、適切なタレントキャスティング会社を選択しましょう。

豊富な実績を持つキャスティング会社は、業界の特性や企業のニーズに合わせて最適なキャストを提案してくれます。そのため、広告やプロモーションの効果を最大化することが可能です。特に、どの分野のキャストに依頼するか迷っている場合は、予算に応じてキャスティング会社を選ぶのもおすすめです。

また、事務所とキャスティングの両方の機能を有している会社であれば、中間マージンがかからず費用を抑えられます。そのため、予算が限られている企業は、キャストが所属する事務所への直接依頼を検討しても良いでしょう。

まとめ

企業やサービスの広告塔としてタレントを起用することは、イメージ作りや認知度向上、宣伝などに役立ちます。タレントの知名度や魅力が企業やサービスのブランドイメージにプラスの影響を与え、消費者の興味を引きつける効果が期待されます。

しかし、タレントを起用するには、膨大な費用や事務所との契約を交わす手間もかかるものです。一般的に、有名なタレントやインフルエンサーを起用する場合には、高額なギャラが発生します。また、芸能事務所との交渉や契約手続きも複雑で、時間がかかることがあります。

このような課題を解決するために、DYMのタレントシェア・タレントキャスティングシステムである「マイタレ」はいかがでしょうか。「マイタレ」は、芸能事務所を介さずに企業の要望に沿ったタレントを低価格でイベントや広告に起用することが可能なサービスです。従来のタレント起用の常識を覆し、企業のニーズに応じたタレントの選定や契約をスムーズに行うことができます。

特筆すべきは「マイタレ」の持つ、業界の常識を覆す5つの特徴です。

  • 低価格な料金体系
  • 芸能事務所との契約業務が一切不要
  • オリジナル画像を使用可能
  • 豊富なオプション
  • 広告運用も一括で対応可能

「マイタレ」を利用することで、「広告効果を改善したいけど、費用面が心配」「タレントを起用したいけど、まずはお試しで使用してみたい」といったお悩みを解決することができます。ぜひ、お気軽にDYMにご相談ください。

DYMの「タレントキャスティング・タレントシェア」サービスページはこちら

DYMでは WEB、人材、医療 を軸に様々なサービスを取り扱っております ご質問やご相談がございましたら、
まずはお気軽にお問い合わせください

【筆者・監修者企業】

株式会社DYM

【筆者・監修者企業】

株式会社DYM

「世界で一番社会を変える会社を創る」というビジョンのもと、WEB事業、人材事業、医療事業を中心に多角的に事業を展開し、世界で一番社会貢献のできる会社を目指しています。時代の変化に合わせた新規事業を生み出しながら世界中を変革できる「世界を代表するメガベンチャー」を目指し、日々奮闘しています。

DYMでは WEB、人材、医療 を軸に様々なサービスを取り扱っております ご質問やご相談がございましたら、
まずはお気軽にお問い合わせください

関連記事

【初心者向け最新】DSPとは?仕組みや機能、導入方法や効果を解説 【初心者向け最新】DSPとは?仕組みや機能、導入方法や効果を解説
公開日: 2024.05.30 更新日: 2024.06.14
Criteo(クリテオ)広告とは?仕組みやメリット、導入ポイントや事例まで解説 Criteo(クリテオ)広告とは?仕組みやメリット、導入ポイントや事例まで解説
公開日: 2024.05.30 更新日: 2024.06.14
WEBサイト制作の全体の流れや進め方、成功の鍵や依頼のポイントを解説 WEBサイト制作の全体の流れや進め方、成功の鍵や依頼のポイントを解説
公開日: 2024.05.30 更新日: 2024.06.14
SNSコンサルとは?運用代行との違いや流れ、業務内容や費用相場についても解説 SNSコンサルとは?運用代行との違いや流れ、業務内容や費用相場についても解説
公開日: 2024.05.30 更新日: 2024.06.14
【2024年最新】SEOとは?SEO対策の基本と具体的な3つの施策を解説! 【2024年最新】SEOとは?SEO対策の基本と具体的な3つの施策を解説!
公開日: 2024.05.30 更新日: 2024.06.14
アフィリエイトとは?仕組みや報酬獲得の方法、サイトの作り方を解説 アフィリエイトとは?仕組みや報酬獲得の方法、サイトの作り方を解説
公開日: 2024.05.30 更新日: 2024.06.14

DYMのサービスに関するお問い合わせ

DYMへのご質問やサービスについてのご相談等、お気軽にお問い合わせください。

ホーム お知らせ 会社情報

WEB 事業部>

リスティング広告

SEO

SNS広告
(Instagram、Facebook、Twitter、LINE、TikTok)

DSP・アドネットワーク

アフィリエイト

WEB制作

SNS運用代行
(Instagram・Facebook・Twitter・LINE・TikTok・Youtube)

タレントシェア

HR Tech 事業>

Indeed

スタンバイ・求人ボックス

RAKUSAI(採用管理ツール)

コールセンター

人材事業>

新卒採用(イベント、新卒紹介、スカウト)

DYM就職・DYM第二新卒

DYMハイクラス

人材育成・研修

エグゼパート

DYMテック

Ready Career

障がい者採用事業

ウェルフェアステーション事業

M&A・投資育成事業>

M&Aコンサルティング事業

投資育成事業

医療事業>

タイ

香港

NY

ベトナム

不動産事業>

不動産仲介・オフィスコンサルティング事業

ビジョン 社会貢献 コラム一覧 採用情報 お問い合わせ

このページのトップへ戻る

Back to top