Page Top

【2024年最新】TikTok広告とは?種類や費用、メリットや成果を出すポイントについて解説

公開日:2024.06.17  更新日:2024.06.17

「TikTok広告を始めたいけど、よくわからない…」

「TikTok広告の費用はどのくらいかかるの?」

「成功させるためのポイントについて知りたい!」

本記事では上記のお悩みや疑問などにお応えします。

TikTok広告を出稿しようと考えている方の中には、費用や特徴などについてよくわからないと感じている方もいるでしょう。

結論、TikTok広告とはTikTokユーザーの好みに応じて流す広告のことで、他のSNS広告に比べると費用対効果が高くなるケースもあります。

今回は、TikTok広告の費用や特徴、メリットとデメリットなどを解説します。

最後まで読めば、TikTok広告に関する疑問点を解消できるでしょう。

<この記事で紹介する3つのポイント>

  • TikTok広告の特徴
  • TikTok広告の流れ
  • TikTok広告のメリットとデメリット

TikTok広告とは

TikTok広告の特徴として、以下の3点が挙げられます。

  • 全世界で利用
  • 若年層が主体
  • 他のSNS広告との違い

ここから詳しく解説します。

全世界で利用

TikTok広告の特徴の一つは、日本のみでなく全世界で利用されていることです。

中国のバイトダンス社によって運営されており、TikTokアプリの他にPangleにも配信できます。

他の広告と比較すると、 TikTok広告挙げられる点は以下の通りです。

  • 音声ありで視聴するユーザーの数:1.8倍多い
  • 全画面視聴するユーザーの数:約2.1倍多い
  • 好感度:1.9倍高い
  • エンタメ性:1.6倍高い

出典:TikTok for Business

偶然面白い動画に出会うことを期待するユーザーが多く、広告を最後まで見てもらえる可能性が高い点も特徴です。

若年層が主体

TikTok広告の特徴として、若年層のユーザーが多いことが挙げられます。

10代から40代のユーザーからの支持を集めており、特に10代のユーザーの数が多いのが特徴です。

平均年齢は上昇する傾向にあり、現在では34歳と

出典:DIGIDAY

若年層はもとより、今後は30代以降のユーザーにアプローチすることも効果的になるでしょう。

他の広告プラットフォームと比較した場合、TikTokユーザーの特徴は以下の通りです。

  • 最新の情報をすぐに入手したいユーザー:約1.7倍多い
  • 面白い話題を伝えたいユーザー:1.9倍多い
  • 魅力的なものは知人に勧める傾向にあるユーザー:1.2倍多い

ユーザーの興味を引く広告を配信することで、具体的な行動につながったり拡散してもらえたりする可能性が高いことがわかります。

他のSNS広告との違い

TikTok広告と他のSNS広告の違いとして、以下の通りアルゴリズムとユーザーの視聴後行動の2つが挙げられます。

  • アルゴリズム:他のSNSと異なり、各ユーザーの興味関心に合わせて配信
  • ユーザーの視聴後行動:ユーザーの認知度や購買意欲などが上昇している

ユーザーの興味関心に合わせた広告を配信していることから、ユーザーはTikTok広告に対してよい印象を持っているのが特徴です。

公式サイトに

  • コンテンツを集中して視聴するユーザー:46%
  • 視聴後に何らかの行動を起こすユーザー:92%
  • 商品を調べたり買ったりした経験があるユーザー:25%

出典:TikTok for Buisiness

広告を最後まで見てもらえれば、ユーザーに何かしらの行動を起こしてもらい、高い広告効果を得られる可能性があります。

TikTok広告の種類

TikTok広告の種類は、以下の通りです。

  • 起動画面広告
  • Top View
  • One Day Max
  • Reach&Frequency
  • Brand Auction
  • #Challenge
  • Branded Effect
  • 運用型広告

ここから深掘りして解説します。

起動画面広告

TikTok広告の一つは、「起動画面広告」です。

TikTokのアプリを起動し、最初に映し出される広告で、ユーザー全員が対象となります。

ユーザーの視聴するタイミングに合わせ、自然に広告を配信できるのが特徴で、一日あたり約500万のリーチ獲得が期待できます。

縦型の全面動画で、ユーザーにインパクトを与えることが可能です。

起動画面広告は、以下の目的で広告配信するときに向いています。

  • 新商品のサービスローンチ
  • イベント・キャンペーン告知など

短期間で、ユーザーの認知やリーチ獲得を目的とする場合、起動画面広告の利用を検討するとよいでしょう。

Top View

TikTok広告の一つは、「Top View」です。

起動画面広告と同様に、アプリを立ち上げると同時に表示されることで、多くのユーザーにアプローチできます。

1日1社のみ配信が可能で、音声ありの状態でユーザーに届けられるのが特徴です。

公式サイトに通りTop Viewのメリットが証明されています。

  • 広告をきっかけにブランドを思い出す確率が1.5倍高い
  • 拡散してもらえる可能性が高い
  • クリックする可能性が高いと68%のユーザーが回答

出典:TikTok for Buisiness

ブランディングやキャンペーン告知など、注目を集めたいときはTop Viewが向いています

One Day Max

TikTok広告の一つは、One Day Maxです。

一日あたりの費用相場は300万円で、特定の一日にユーザーが初めて見る広告として配信されます。

Top Viewと同様に通常投稿の間に配信されたり、同じ形式で表示されたりするのが特徴です。

最大60秒の縦型フルスクリーンでの配信となり、CVRの向上が期待できます。

Reach&Frequency

TikTok広告の一つとして、Reach&Frequencyが挙げられます。

予約型のインフィード広告で、以下の通り2つの種類があります。

  • TOP Feed:最初の広告枠を指定可能
  • Standard Feed:フィード上の4番目以降に配信

あらかじめリーチしたいユーザーの数や、一人あたりの表示回数を設定できるのがReach&Frequencyの特徴です。

あらかじめシミュレーションしたうえで広告を配信できることから、失敗のリスクを回避できる可能性が高いです。

Brand Auction

TikTok広告の一つは、Brand Auctionです。

インフィード広告の一つで、適切なターゲティングをすることで、費用対効果を高めやすいいのが特徴です。

オークションによって掲載場所が決定されることから、TikTok広告に予算を割ける会社にとって有利になる可能性があります。

集客やCVなど、目的に合わせた広告の運用ができます。

#Challenge

TikTok広告の一つとして、#Challengeが挙げられます。

設定した#に合わせた動画をユーザーに作成・投稿してもらうのが特徴で、比較的拡散してもらいやすい傾向にあります。

#Challengeの広告配信の結果、多くのユーザーに拡散してもらえれば、サービス・商品の認知獲得やCVにつながるでしょう。

主にキャンペーンの一環として利用されるケースが多く、短期間で結果を出したい場合に効果的です。

#Challengeは4種類あります。

#Challengeの種類特徴
#Challenge・ベーシックで、一番人気が高い
・費用は1,500万円
#Challenge Plus・ブランド認知獲得するうえで効果的
・費用1,700万円
Battle #Challlenge・2つのタグを戦わせることで、高い拡散率を誇る
・費用2,000万円
Basic #Challenge・最も安く配信できる
・費用1,000万円

出典:pamxy

費用や特徴の違いを押さえ、最適なものを選ぶとよいでしょう。

Branded Effect

TikTok広告の一つに、Branded Effectがあります。

3DやARなど、最先端のテクノロジーによって、興味深い広告コンテンツを作成できるのが特徴です。

ブランド体験に比重を置いており、ユーザーにリアルなブランド体験をしてもらいたい会社におすすめです。

ブランドイメージを正確に伝えることで、ユーザーから高い支持を得られる可能性があります。

#Challengeと併用することで、認知拡大などより多くのメリットを得られるでしょう。

運用型広告

TikTok広告の種類として、運用型広告が挙げられます。

運用型広告とは、専用のアカウントを設計したあとで広告運用することです。

3つの料金体系から選択可能で、一日あたり数千円程度の予算から運用できます。

運用型広告のメリットは以下の点です。

  • ターゲットの設定から配信まで最短1日でできる
  • 詳細なターゲティングか可能で、効率的に広告運用できる
  • TikTok以外のアプリにも同時配信できる

配信するにあたり、専門知識が不要であることから、初めてTikTok広告を運用する会社におすすめです。

TikTok広告の始め方

TikTok広告の始め方は以下の2つです。

  • 運営会社に連絡する
  • 広告代理店を利用する

ここから深堀りして見ていきましょう。

運営会社に連絡する

TikTok広告を始める場合、公式サイトより運営会社に連絡するのが一つの方法です。

登録を完了させ審査に通った場合、広告を出稿できるようになります。

目的・戦略の決定や運用などに関しては、すべて自社で行う必要があります。

運営会社を利用する場合、TikTok運用に関する知識が豊富で、わからない点を詳しく教えてもらえる点がメリットです。

TikTok広告の運用経験がある場合や人的リソースがある会社の場合、利用を検討するとよいでしょう。

広告代理店を利用する

TikTok広告を始める方法として、広告代理店の利用が挙げられます。

広告代理店によって手数料や受けられるサービス内容は異なり、自社のニーズを最も満たせるところを選ぶのがポイントです。

前述の運営会社を利用する場合と比較し、費用がかかる点がデメリットとなります。

広告代理店を利用することで、広告配信の目的・戦略の決定や投稿内容、改善点のアドバイスなどを受けられます。

人的リソースが限られている会社や、初めてTikTok広告の運用をする会社にとって、多くのメリットを得られるでしょう。

費用対効果を考えたうえで、広告代理店の利用を検討するのが望ましいです。

TikTok広告の入札方法

TikTok広告を入札するには、具体的に以下の4つの方法があります。

入札方法具体的な内容
インプレッション課金型:CPM・インプレッション発生すると課金
・1,000回のインプレッションにつき、希望する価格で入札
・広告の表示回数が多い
最適化インプレッション課金型:oCPM・インプレッション発生ごとに課金
・1,000回のインプレッションあたりの費用で入札
・サイトに誘導したい場合に向いている
動画視聴単価:CPV・一定時間以上視聴されると課金
・スキップされると費用発生しない
・ターゲットユーザーにアプローチしやすい
クリック課金型:CPC・1クリックごとに課金
・広告表示のみでは費用発生しない
・高い費用対効果が期待できる

それぞれの特徴や違いなどを押さえたうえで、利用を検討するとよいでしょう。

TikTok広告のメリット

TikTok広告のメリットは以下の通りです。

  • 若い年代にアプローチできる
  • 拡散されやすい
  • 実際の行動に移してもらいやすい
  • 受け入れてもらいやすい
  • 少ない予算からでも始められる

ここから詳しく見ていきましょう。

若い年代にアプローチできる

TikTok広告のメリットは、若い年代にアプローチしやすい点です。

TikTokのユーザーの多くは10代や20代で、約過半数を占めるのが特徴であるためです。

10代や20代のユーザーは他のSNSも併用しているケースが多く、TikTok広告をシェアしてもらえる可能性もあります。

他のSNSにもシェアしてもらえた場合、TikTokユーザー以外にもアプローチできます。

若い年代を対象とするサービスや商品を展開している会社にとって、TikTok広告の運用は特に効果的です。

併せて、若い年代の方に好まれやすい広告を配信することもポイントとなるでしょう。

拡散されやすい

TikTok広告のメリットとして、拡散されやすいことが挙げられます。

200人くらいのユーザーに配信するシステムで、リアクションに応じてTikTokから評価を受けるのが特徴であるためです。

フォロワーが少ない場合でも、TikTokから高評価を得られると、より多くのユーザーに見てもらえます。

ユーザーに拡散してもらうには、以下の点を押さえるとよいでしょう。

  • 流行りの曲を採用する
  • おすすめに表示させる
  • ギャップを生成する
  • 人気を集めるジャンルで作成する
  • アルゴリズムを理解する
  • フォロワーとやり取りをする
  • 適切なハッシュタグを選定する
  • たくさん投稿する
  • ユーザーの反応が取れる時間帯に配信する など

他のSNSに比べ、フォロワー数によって広告効果に影響を受けにくい点がメリットとなります。

実際の行動に移してもらいやすい

TikTok広告のメリットは、ユーザーに望む行動を起こしてもらいやすいことです。

「TikTok売れ」という言葉もある通り、TikTokユーザーの場合、実際の購買や検索などにつながる傾向にあるためです。

TikTok売れする理由として、具体的に以下の2点が挙げられます。

  • 真似売れ:バズっている商品を購入し、動画投稿するユーザーが増えることで、さらに商品が売れるサイクルが回ること
  • 確認売れ:TikTokを通し、見た目で判断しにくい化粧品や小説などのよさが確認できたことで売れること

価格に関係なく、TikTokをきっかけに商品やサービスなどを利用し始めるユーザーはいます。

ユーザーに実際の行動に起こしてもらうには、広告からランディングページへの動線をわかりやすくするのがポイントです。

受け入れてもらいやすい

TikTok広告のメリットの一つは、ユーザーに受け入れてもらいやすいことです。

TikTokユーザーの多くは目的を持って利用してはおらず、何らかの面白い動画を見る傾向にあるためです。

YouTube広告のように、強制的に広告を見せられる仕組みがない点も、広告を受け入れられている理由として挙げられます。

スクロールで興味のない広告を飛ばせることから、TikTok広告はユーザーに嫌悪感を抱かれにくいといえます。

少ない予算からでも始められる

TikTok広告のメリットとして、少ない予算でも始められることが挙げられます。

広告の種類にもよるものの、運用型広告であれば比較的少ない予算でも始められるためです。

前述の通り、クリック数や表示回数などによって費用が発生するのが運用型広告です。

費用を抑えるには広告の配信数を少なくするのがポイントです。

細かくターゲットを設定できることから、CVを目的に広告運用する会社に向いています。

戦略や広告の内容などによっては、少ない予算でも結果を出せる可能性はあります。

TikTok広告のデメリット

  • 出稿が決まった後でキャンセル変更できない
  • 最低料金が高く設定されている
  • 独自の広告ポリシーがある
  • プライバシーに配慮する必要がある          

出稿が決まった後でキャンセル変更できない

TikTok広告のデメリットは、出稿決定後にキャンセルできないことです。

具体的に以下のような状況でも、キャンセルはできません。

  • 期限までに広告を配信できない場合
  • トラブルによって広告を作成できない場合

広告出稿が決まった後は必ず費用が発生することから、ある程度準備したうえで申し込むと安心できます。

最低料金が高く設定されている

TikTok広告のデメリットとして、最低料金が高いことが挙げられます。

出稿する種類によって異なるものの、他のSNSと比較して料金設定が高くなっています。

運用型広告の場合、一日の予算は最低でも5,000円必要で、月に換算すると15万円です。

Google広告やInstagram広告などにおいては、一日500円位から運用できることから、TikTok広告は料金が非常に高いといえます。

高い料金を支払うことで広告の効果も期待されるものの、予算が限られている会社にとってTikTok広告の出稿は難しいかもしれません。

独自の広告ポリシーがある

TikTok広告のデメリットの一つは、独自の広告ポリシーを設けていることです。

広告ポリシーを守っていない広告に関しては配信が認められていないため、注意しましょう。

TikTok広告独自のポリシーとは、具体的に以下の通りです。

  • 機能していないランディングページへの誘導・不正確な情報の表示をしないこと
  • 広告クリエイティブとランディングページの内容を一致させること
  • 高解像度にすること
  • 動画広告の時間は、5秒以上60秒以内にすること
  • 広告に鮮明な音声を含むこと
  • 静止画の広告にしないこと
  • 動画の内容やプライバシーに配慮すること など

広告の審査に通らないと、広告を作り直す必要があります。

広告ポリシーに関して、あらかじめチェックしておくのが望ましいです。

プライバシーに配慮する必要がある

TikTok広告のデメリットとして、プライバシーへの配慮が必要なことが挙げられます。

人物や撮影場所など、プライバシーへの配慮を怠ると拡散され、炎上するリスクが高まるためです。

炎上すると、ブランドイメージの低下や損害賠償請求への発展など、さまざまな被害を受ける可能性があります。

プライバシーに配慮するためには、第三者目線でのチェックが効果的です。

担当者に任せるのではなく、複数人でチェックするとよいでしょう。

炎上するリスクを抑えるには、TikTok運用をプロに任せることも一つの方法です。

TikTok広告のアカウント作成する流れ

TikTokアカウントを作成するまでの流れは、以下の通りです。

  1. アカウント登録:メールアドレスか電話番号を送信する
  2. 審査:国名やアカウント名、請求先情報などを入力し、審査を受ける
  3. ピクセル設置:ピクセル名の入力とインストールタイプの選択
  4. イベント設置:イベントのフォーマットを選択
  5. オーディエンス作成:カスタムオーディエンスか類似オーディエンスから選択
  6. キャンペーン作成:キャンペーン目的として「ブランド認知」「購買意向」などから一つ選択
  7. 広告セット作成:「プロモーションの目的」「プレースメント」「クリエイティブタイプ」「配信対象」「予算スケジュール」を設定
  8. 広告作成:あらかじめ作成した広告を利用するか、ツールを活用し作成。広告作成後、審査を受ける
  9. 広告審査:審査に通ると広告の配信開始

あらかじめ配信したい広告を作成しておくと、スムーズに手続きを進められるでしょう。

TikTok広告で成功するポイント

TikTok広告を運用するときのポイントは以下の通りです。

  • 開始数秒にインパクトを持たせる
  • 音声やナレーションをつける
  • 音楽に合わせて作る
  • インフルエンサーに依頼する
  • 素人っぽさを出す

ここから具体的に解説します。

開始数秒にインパクトを持たせる

TikTok広告では、特に開始数秒にインパクトを持たせ、ユーザーの興味を引くことがポイントとなります。

わずか最初の数秒で、動画を視聴するか否か、ユーザーは決定しているとされているためです。

どれほど動画のクオリティにこだわったとしても、最後まで見てもらえないと効果はありません。

最初の数秒見られると、広告全体を見てもらえる可能性が高まります。

広告全体を見てもらえると、CTRやオーガニックのCV数を上げる効果が期待できます。

TikTok広告に限りませんが、動画広告の制作においては、最初の数秒に力を入れるのが重要です。

音声やナレーションをつける

TikTok広告のポイントとして、音声やナレーションをつけることが挙げられます。

音声ありの状態で、ユーザーはTikTokを視聴する傾向にあるためです。

公式サイトにおいて、音声やナレーションをつけると、以下の効果が出ると判明しています。

  • ナレーションなしの動画に比べると、2秒視聴率が約34%、6秒視聴率が約75%上昇
  • (機械音声や高速音声と比較)リアル声のナレーション動画の場合、2秒視聴率は約16%、6秒視聴率は約43%上昇

前述の通り、最初の数秒を見てもらえると、広告全体を見てもらえる可能性が上がります。

自社でナレーションできる方がいない場合、クラウドソーシングサイトを通して募集するのも一つの方法です。

音楽に合わせて作る

TikTok広告のポイントの一つは、音楽に合わせて広告を作成することです。

特に流行の曲を利用すると、ユーザーに興味を持ってもらいやすくなり、最後まで見てもらえる可能性を上げられます。

TikTokビジネスアカウントを運用する場合、商用ライブラリ内の音源を自由に利用できます。

TikTokと契約している企業のCD音源に関しては、あらかじめ許可が必要です。

許可なく公式の音源を編曲すると著作権に違反する可能性があるので、注意しましょう。

インフルエンサーに依頼する

TikTok広告のポイントの一つは、インフルエンサーに広告出演を依頼することです。

インフルエンサーの投稿が炎上した場合、より広範囲に拡散されるリスクはあります。

一方で、以下の通り複数のメリットもあるのが特徴です。

  • インフルエンサーのファンにアプローチできる
  • 拡散してもらえれば、費用対効果を上げられる

フォロワー数の多いインフルエンサーの場合、自社の商品やサービスと関連性が少ないとしても、多くの方へのアプローチが期待できます。

素人っぽさを出す

TikTok広告のポイントとして、素人っぽさを出すことが挙げられます。

ユーザーの投稿の間に配信されるのがTikTok広告の特徴で、素人っぽさを出すことで見てもらいやすくなるためです。

公式サイトに

  • 2秒視聴率:約50%増加
  • 6秒視聴率:約210%増加

出典:TikTok for Buisiness

素人っぽい動画を作成するうえで、ポイントとなるのは以下の点です。

  • 字幕の設定
  • 手ブレ
  • カメラ目線での語り
  • ダンス
  • 日常感がある撮影場所など

すべて実践できると理想的ですが、実践できそうなものから始めるとよいでしょう。

TikTok広告の成功事例

TikTok広告で成功した企業として、ドミノピザやファーストリテイリング社などが挙げられます。

TikTok広告の成功事例具体的な内容
ドミノピザ・「お持ち帰り半額」「ピンポイントデリバリー」の告知・認知拡大の目的
・メインのターゲット層の利用がTikTokで多く、アプローチするために利用
・「ゆうたろう」「修一郎」2人のクリエイターを起用し、自然な形でキャンペーンの告知 ・TVCMや他のチャンネルでの広告と連動
・ユーザーに楽しんでもらうことを重視
ファーストリテイリング社・UTブランドのインフルエンサーを決めることを目的
・#challengeを配信し、UTを着用することでユーザーの参加が可能
・日本の他、台湾やアメリカ、中国、フランスでも配信
・約3億回を超え、史上最高視聴数を記録
・各国のグランプリに選ばれると、CMに起用

ドミノピザの場合、適切なTikTok広告運用によって、ターゲット層にアプローチすることに成功しました。

出典:MarkeZine

ファーストリテイリング社の場合も、ユーザーの興味や関心を引く広告を配信したことで成果につながっています。

出典:Union Media

企業の成功事例を見ると、TikTok広告で成功するためには、ユーザー目線に立つことがポイントであると改めてわかります。

まとめ

TikTok広告の特徴や費用、メリットとデメリットなどを解説してきました。

TikTok広告は特に若年層から強い支持を得ており、広告に対してよいイメージを持つ傾向にあります。

ユーザーの興味や関心に合う広告配信が重要で、いかにユーザー目線になりきれるかがポイントです。

広告の費用対効果を高めやすい反面、独自の広告ポリシーがあったり、炎上するリスクもあったりするのが特徴です。

TikTok広告で思うように成果を上げられていない方や、失敗のリスクを下げたい方もいるでしょう。

そのようにお悩みの方には、弊社DYMの「SNS広告」のサポートをおすすめいたします。

DYMは、SNS運用や広告などに関するプロで、認定広告代理店として事業を展開しております。

DYMにサポートを依頼していただければ、クリエイティブの制作から運用、効果改善まで一括でお任せしていただけます。

豊富な実績があり、疑問や不安などにも親身に対応いたします。

まずは、公式サイトからお気軽にお問い合わせください。

DYMの「SNS広告」サービスページはこちら

DYMでは WEB、人材、医療 を軸に様々なサービスを取り扱っております ご質問やご相談がございましたら、
まずはお気軽にお問い合わせください

【筆者・監修者企業】

株式会社DYM

【筆者・監修者企業】

株式会社DYM

「世界で一番社会を変える会社を創る」というビジョンのもと、WEB事業、人材事業、医療事業を中心に多角的に事業を展開し、世界で一番社会貢献のできる会社を目指しています。時代の変化に合わせた新規事業を生み出しながら世界中を変革できる「世界を代表するメガベンチャー」を目指し、日々奮闘しています。

DYMでは WEB、人材、医療 を軸に様々なサービスを取り扱っております ご質問やご相談がございましたら、
まずはお気軽にお問い合わせください

関連記事

Yahoo!広告とは?費用や特徴、始め方や代理店に依頼するメリットを解説 Yahoo!広告とは?費用や特徴、始め方や代理店に依頼するメリットを解説
公開日: 2024.06.17 更新日: 2024.07.05
Google広告代理店の特徴や依頼するメリット、選び方まで詳しく解説 Google広告代理店の特徴や依頼するメリット、選び方まで詳しく解説
公開日: 2024.06.17 更新日: 2024.07.05
Yahoo!広告運用代行のおすすめ代理店とは?選び方や依頼するメリットまで解説 Yahoo!広告運用代行のおすすめ代理店とは?選び方や依頼するメリットまで解説
公開日: 2024.06.17 更新日: 2024.07.05
リマーケティングとは?基礎知識や仕組み、設定方法まで詳しく解説 リマーケティングとは?基礎知識や仕組み、設定方法まで詳しく解説
公開日: 2024.06.17 更新日: 2024.06.17
サイトリニューアルの手順とは?注意点や目的、成功のポイントを解説 サイトリニューアルの手順とは?注意点や目的、成功のポイントを解説
公開日: 2024.06.17 更新日: 2024.07.05
LPOとは?メリットや SEO・EFOとの違い、具体的な手順について解説 LPOとは?メリットや SEO・EFOとの違い、具体的な手順について解説
公開日: 2024.06.17 更新日: 2024.06.17

DYMのサービスに関するお問い合わせ

DYMへのご質問やサービスについてのご相談等、お気軽にお問い合わせください。

ホーム お知らせ 会社情報

WEB 事業部>

リスティング広告

SEO対策

SNS広告
(Instagram、Facebook、Twitter、LINE、TikTok)

DSP・ネイティブ広告

アフィリエイト

WEBサイト制作・運用

SNSアカウント運用代行
(Instagram・Facebook・Twitter・LINE・TikTok・Youtube)

タレントキャスティング・タレントシェア

DYM(THAILAND)Co.,Ltd.(タイ支社)

HR Tech 事業>

Indeed運用代行・代理店

スタンバイ・求人ボックス運用代行

採用管理ツール(rakusai)

コールセンター・コンタクトセンター

人材事業>

新卒紹介サービス

第二新卒紹介・既卒・中途紹介(DYM就職)

ハイクラス転職(DYMハイクラス)

人材育成・研修

顧問紹介・派遣サービス(エグゼパート)

IT人材派遣サービス(DYMテック)

若手社員の常用型派遣(Ready Career)

障がい者雇用・採用事業

福利厚生(ウェルフェアステーション)事業

M&A・投資育成事業>

M&Aコンサルティング事業

投資育成事業

医療事業>

タイ(バンコク)クリニック

香港クリニック

アメリカ(ニューヨーク)クリニック

ベトナム(ホーチミン・ハノイ)クリニック

不動産事業>

不動産仲介・オフィスコンサルティング事業

ビジョン 社会貢献 コラム一覧 採用情報 お問い合わせ

このページのトップへ戻る

Back to top