Page Top

【最新】Facebook広告とは?初心者でもわかる仕組みや始め方、運用ポイントを解説

公開日:2024.05.30  更新日:2024.06.14

Facebook広告は、精度の高いターゲティングや少ない予算で始められる点から、Webマーケティングで欠かせない広告手法として支持されています。しかし、Facebook広告を検討している方々の中には、広告の始め方や運用に戸惑いを感じる方も少なくありません。

「アカウントや管理画面って何?」「今の設定でちゃんと広告が配信されるのか不安…」といった疑問や悩みはよく聞かれます。

そこで今回の記事では、Facebook広告の始め方を初心者の方でもわかるように解説します。あわせて、成功するための運用ポイントや注意点もお伝えしますので、ぜひ最後までお付き合いください。

<この記事で紹介する3つのポイント>

  • Facebook広告の4つのメリット
  • Facebook広告の配信面の特徴
  • Facebook広告で効果を出す運用方法

目次

世界で最も人気なFacebook広告とは?        

世界最大のソーシャルメディアプラットフォームであるFacebookは、その利用者数だけでなく、ビジネスにおける広告効果も世界中で注目されています。なんと、世界で約29億6,000万人もの利用者が存在し、その影響力は計り知れません。日本国内でも約2,000万人のユーザーが利用しており、その影響力は拡大の一途をたどっています。

特筆すべきは、Facebookがビジネス目的で利用される傾向が強いことです。特に男性ユーザーに多く利用されており、中高年層やビジネスユーザーにとって広告を展開する絶好のプラットフォームといえるでしょう。

このように、Facebook広告はビジネスマンや経営者など、さまざまな層の専門性や関心を対象にしたターゲティングが可能であり、効果的な広告キャンペーンを展開することができます。

Facebook広告の4つのメリット

Facebook広告は、現代のビジネスにおいて不可欠なツールとなっています。そして、ビジネスを成長させ、顧客とのつながりを深めるためにもFacebook広告のメリットを理解することは重要です。ここでは、Facebook広告を活用すべきメリットについて紹介します。

1.ターゲティングの精度が高い

Facebook広告は、ターゲティングの精度の高さが際立ちます。なぜなら、Facebookユーザーは基本的に実名で登録されており、その登録情報や投稿内容から得られる趣味や関心などのデータを基に、非常に詳細なターゲティングが実現できるからです。結果として、広告主はピンポイントで自分のターゲット層にアプローチすることができ、効果的な広告展開が可能となります。

2.少額から開始できる

Facebook広告は、成果に応じて課金される運用型広告です。そのため、広告主は上限予算を設定でき、少額な予算でも手軽に広告を始めることができます。

Facebook広告の機械学習を活用することで、効果の良い広告に予算を寄せたり、広告がクリックされるための適切な金額に調整してくれたりします。このようにFacebook広告は、少額から始められるだけでなく、広告費の無駄遣いも防いでくれるのです。

3.Metaの外部アプリに配信できる

Facebook広告は配信先が豊富な点も特徴の一つです。主な配信先として、「Facebook」「Instagram」「Messenger」「Audience Network」があり、広告主は自身の目的やターゲット層に応じて、最適な配信先を選択することができます。これにより、広告の露出を最大化し、効果的なキャンペーンを展開することが可能となります。

4.自動ツールで広告が簡単に作成できる

Facebook広告を始める際に役立つツールとして、Meta Advantageツールがあります。このツールは、高度な広告テクノロジーを駆使して、広告のパフォーマンスを向上させると同時に、時間と労力も節約してくれる嬉しい機能が搭載されています。つまり、広告主は自身の手を使わなくとも、より効率的に広告キャンペーンを開始することができるのです。

Facebook広告の4つの配信面           

Facebook広告は顧客とのつながりを深め、成長を促すためのデジタル広告として世界中で利用されています。そして、広告主が自身の目的やターゲット層に合わせて選択できる、多彩な配信先がFacebook広告の大きな特徴です。

配信先には「Facebook」「Instagram」「Messenger」「Audience Network(オーディエンスネットワーク)」の4つがあり、それぞれの特性やユーザー層に合わせて戦略を立てることで、効果的な広告配信が実現できます。ここでは、それぞれの配信面の特徴とどんな広告配信に向いているかをお伝えします。

1.Facebook

Facebook広告は、ビジネスの目的やターゲット層に応じて、多彩な配信面を活用することができます。これらの配信面は、広告主が広告を適切な環境に配置し、効果的なキャンペーンを展開するための重要な手段です。具体的に、Facebookには8つの配信面があります。

1.Facebookニュースフィード

Facebookのニュースフィードは、ユーザーが日常的に活用するタイムラインの中で広告を表示する主要な配信面です。広告はユーザーの友人や家族の投稿に調和し、自然な形で表示されるため、広告感を軽減してくれます。結果として、ユーザーに広告疲れを与えずに、ブランドの認知度向上や商品のアピールができます。

2.Facebook Marketplace

Facebook Marketplaceは、ユーザーが新品や中古の商品を購入や販売する場所です。広告は商品探索の際に表示されるため、購買意欲の高いユーザーにアプローチするのに適しています。特に買い物が好きなユーザーに対して効果的な配信エリアです。

3.Facebook動画フィード

Facebook動画フィードは、ユーザーが動画を視聴する際に広告を表示する場所です。動画は視覚的に訴求力が高く、視聴者の興味を引きやすいため、ブランドのメッセージを効果的に伝えられます。また、広告の視認性も高く、ブランドの認知度向上にも役立ちます。

4.Facebookの右側広告枠

Facebookの右側広告枠は、パソコン専用の表示エリアです。ユーザーがページをスクロールしても画面に残るため、視界に留まりやすいという特徴があります。

したがって、長時間の閲覧中でも広告が目に留まりやすく、ブランドメッセージを効果的に伝えることができるでしょう。

5.Facebookストーリーズ

Facebookストーリーズは、24時間で消える投稿形式の広告表示エリアです。広告主は、動画や画像を使用してブランドのストーリーを伝えることができ、ユーザーの興味関心を引き寄せることが可能です。また、ストーリーズはスクロールしても画面に残らないため、ユーザーに広告疲れを与えにくいという側面もあります。

6.Facebookインストリーム動画

Facebookインストリーム動画は、Facebookの記事内で再生される動画広告の配信先です。記事の内容と統一感があり、ユーザーが興味を持ちやすいエリアともいえます。15秒以内の動画広告でありながらも効果的なメッセージを伝えることができるため、TikTokが好きだったりタイパにこだわったりする若者世代にもおすすめです。

7.Facebookの検索結果

Facebookの検索結果は、検索したキーワードに関連した投稿や広告が表示されるエリアです。ユーザーの検索意図に合わせた広告を表示するため、高いターゲット精度を実現し、コンバージョン率の上昇に寄与します。ユーザーが意思を持って情報検索している場所に広告を出さないのは大きな機会損失につながるので、押さえておきたい配信面のひとつです。

8.Facebookインスタント記事

Facebookインスタント記事は、Facebookアプリ内で高速に読み込める記事配信サービスです。記事内に広告を表示することで、ユーザーが関心を持つ記事と同じくらい興味を引きやすくなります。また、他の記事になじむため広告感を軽減させることも可能です。

とはいえ、アプリ版のみの表示なので、スマホ以外のモバイルユーザーに向けた記事やクリエイティブのサイズが求められます。

2.Instagram

若い世代に大人気のInstagramにも配信面があります。

「インスタ映え」という言葉からも想起できるようなビジュアルコンテンツに特化した4種類の配信面には、それぞれ異なった特徴があります。美容業界やアパレル、食品関係といったビジュアル訴求が効果的な分野では、Instagramの配信面を上手に活用しましょう。

1.Instagramフィード

Instagramフィードは、ユーザーがアプリを起動した際に表示される投稿場所です。写真や動画がしっかり表示されるため、広告には色彩豊かな訴求が適しています。こちらもInstagram同様にコスメや美容、アパレル、食品などがおすすめです。

なお、InstagramフィードはFacebookのニュースフィードと同様、広告はアプリユーザーにのみ表示されるので注意しましょう。

2.Instagram発見タブ

Instagram発見タブとは、ユーザーの興味や関心に合ったコンテンツが表示される場所です。Facebook検索結果と異なるのは、ユーザーが能動的に検索しなくても、興味関心に合わせた広告が表示されることです。機械学習が進めば、よりユーザーが求める広告が表示されやすくなるので、コンバージョンにつながる可能性が上がります。

3.Instagramストーリーズ

Instagramストーリーズは、24時間で消える投稿形式の広告表示エリアです。ニュースフィードに表示されないため、ユーザーの閲覧時間を邪魔しない点がメリットです。ぜひ、縦長のクリエイティブを存分に活かし、ブランドの認知度向上や商品・サービスの訴求に活用してください。ストーリーズを利用するユーザーは非常に多いため、リーチ数拡大も期待できます。

4.IGTV動画

IGTVはInstagramの動画共有機能で、長尺動画の投稿に特化しています。15分間の動画または、フォロワー数が1万人以上の場合はなんと最大60分間の動画を投稿できます。この動画視聴には専用アプリがあるため、ユーザーはある程度動画を閲覧する意欲が強いといえます。このように専用アプリを持っているユーザーに訴求しやすく、フォロワー以外にも視聴してもらえるメリットもあるため、縦型のYouTube動画のような感覚で活用することが可能です。

3.Messenger

Messengerは、メッセージアプリとしての特性を活かし、他の配信面と組み合わせて効果を発揮します。

1.Messenger受信箱

Messenger受信箱は、ユーザーがメッセージのやりとりを受信する場所です。広告は、受信箱のスレッドとスレッドの間に戦略的に配置されます。ユーザーが広告をタップすると、アプリ内でクリエイティブが表示され、CTA(Call to Action)ボタンやリンクをクリックさせることでランディングページへ誘導できます。

2.Messengerストーリーズ

Messengerストーリーズは、FacebookやInstagramのストーリーズと同じ機能を持ちます。受信箱のストーリーズとストーリーズの間が広告の配信エリアなので、メールチェックをしているユーザーの注意を引くことができます。また、Messengerストーリーズは豊富なスタンプを利用できるため、インパクトのある広告を作成することも可能です。

3.Messenger広告メッセージ

Messenger広告メッセージは、過去に1回以上Messengerでやりとりしたことがあるユーザーに直接配信される広告です。たとえば、クーポンや最新情報などのメッセージが、Messengerアプリ内に表示されます。「見なきゃ損!」「在庫わずか!」といったインパクトのあるメッセージを表示させれば、リードの獲得やコンバージョン数増加が期待できます。

4.Audience Network

Audience Networkは、Facebookのターゲティング機能を利用して、Facebookが提携しているアプリやWebサイトに広告を配信するサービスです。Audience Networkの配信面には2つの種類があります。

1.ネイティブ、バナー、インタースティシャル広告

Audience Networkでは、ネイティブ広告、バナー広告、インタースティシャル広告を使ってユーザーに広告が配信されます。

ネイティブ広告は一般的なコンテンツに自然に馴染むように配置されるため、ユーザーが広告を気軽に閲覧できます。バナー広告は、画像やアニメーションで作られ、特定の場所に表示されます。クリックすると、商品やサービスのページに移動できます。

インタースティシャル広告は、聞き慣れない言葉かもしれませんが、ユーザーがサイトを表示した際に一部を隠すように表示され、スクロールや画面の切り替わりなどのタイミングで表示される広告のことです。

2.動画リワード広告

リワード広告とは、ユーザーが動画を視聴することで、ゲーム内で使用できるアイテムやマンガの続きを読めるなどの特典が得られる広告です。

アプリで電子書籍を読んでいる最中、次の話を読むために広告視聴を求められた経験を持つ方は多いでしょう。そして、リワード広告は最後まで視聴しないと特典を受け取れないため、高い認知度を確保できます。

また、リワード広告はリンク先から直接Webサイトやストアに遷移させることも可能です。そうすると、ゲームアプリの広告をクリックすれば、そのままAppStoreやGooglePlayといったアプリストアに飛ぶため、インストールにつながる可能性が高いです。

Facebook広告の4つのフォーマット            

Facebook広告では、商品やサービスの魅力を効果的に伝えるために、多様なフォーマットが用意されています。

そして、各広告フォーマットには独自の特徴があり、それぞれ異なる配信先も存在しているのです。ここからは、さまざまな広告フォーマットの特徴や配信先について解説し、ビジネスがどのように効果的に広告を展開できるかについて探っていきます。

1.写真広告

写真広告は、魅力的なビジュアルを使って広告を作成し、ユーザーをリンク先のWebサイトやアプリに誘導する広告形式です。この広告形式は、Webサイトへの誘導や商品の認知度向上に人気です。加えて、Facebookのリサーチによれば写真のみの広告は他の広告フォーマットよりも効果が高いこともわかっています。そのため、写真広告は多くの広告目的においておすすめのフォーマットです。

2.動画広告

主に、映像や音楽、モーションを駆使してブランドのアピールを行う広告フォーマットです。特徴としては、まずタイムライン上で強制的に動画視聴が開始されるため、他の広告フォーマットよりも視聴率が高い点が挙げられます。そのため、CTR(クリック率)も他のフォーマットより高く、ユーザーの関心を引きやすい傾向にあります。

また、動画ならではの映像や音声を活用することで、伝えられる情報量が豊富になります。そのため、ブランディング効果を高めるのに最適です。さらに、動画広告のCPM(1,000回あたりの配信量単価)は静止画に比べて安価な場合が多く、費用対効果が高いというメリットもあります。

このような特性から、企業や商品のブランディングを行いたい場合や、静止画では伝わりづらい商品やサービスの魅力をアピールしたい場合におすすめのフォーマットです。

3.カルーセル広告

カルーセル広告は、3〜10枚の画像や動画をスライド形式で表示させることができる広告フォーマットです。特徴としては、まず1つの広告内で複数の画像や動画、URLを設定できる点が挙げられます。さらに、各画像で個別のCTAボタンを設置できるので、見積もりやお問い合わせ、予約など企業が目標とする行動を促すことができます。

また、自動的にパフォーマンスが高いクリエイティブを先頭に配置する機能もあります。ただし、目的としては「エンゲージメント」と「動画の再生数アップ」を選択することはできないので注意しましょう。

また、カルーセル広告の特徴として、スライド形式を有効に活用し、それぞれの画像に連続性を持たせた面白い魅せ方ができる点が挙げられます。たとえば、商品やサービスのカルーセル広告では、複数の画像や動画がスライド形式で表示されます。各画像や動画が一貫したストーリーやテーマを持ち、次の画像や動画に自然な流れでつながって配信されるため、ユーザーの注意を引きやすいです。

4.コレクション広告

コレクション広告は、商品をスムーズに購入に導くためのフォーマットで、メインのクリエイティブ(静止画または動画)と複数の商品クリエイティブを組み合わせて使います。

特徴としては、他の広告フォーマットよりも商品の販売に特化していることや、複数の商品を一度に紹介できることが挙げられます。また、FacebookやInstagramのアプリ内で、商品の値段や性能などの詳細な情報を提示できる点も大きな特徴です。しかし、商品情報を詳細に伝えるためには、商品データの加工に手間がかかることも注意しましょう。

そして、商品の販売に特化したこのフォーマットは、アプリ内での検討から購入までのプロセスをスムーズにする役目を果たします。

ECサイトなどで複数の商品を広告配信したい場合や、Googleショッピング広告などのフィードを利用したダイナミック広告(=ユーザーに合わせて自動的に生成される広告)を活用している広告主には、ぜひ活用頂きたいフォーマットです。

また、商品同士の比較や商品の利用イメージを表現したい場合にも有効に活用できます。たとえば、色違いの比較や試着動画の配信などがおすすめの活用事例です。

Facebook広告の2つの課金方法       

Facebook広告の効果的な運用には課金方法の理解が欠かせません。Facebook広告では主に2つの課金方法があります。ここではそれぞれの仕組みを紹介するので、しっかり押さえておきましょう。

1.インプレッション課金

広告が表示された回数に対して料金が発生します。つまり、広告がユーザーの画面に表示されるたびに課金され、その表示回数を基準にして広告料金が計算されます。料金の単位は「CPM(Cost Per Mille)」と呼ばれ、表示された1000回ごとに料金が発生します。なお、「Mille」はラテン語で「1000」を意味し、表示回数の単位です。

そして、広告の表示回数(Impressions)に対する料金を示すCPMは、広告がたくさん表示されるほど費用がかかることを示しています。

2.クリック課金

ユーザーが広告をクリックした場合にのみ料金が発生します。広告がクリックされた回数を基準にして広告料金が計算され、料金の単位は「CPC(Cost Per Click)」と呼ばれます。

つまり、CPCはクリックされた数に対する料金を示し、ユーザーのアクションに応じて料金が発生する仕組みです。

この仕組みによって、ユーザーの興味を引いて実際に広告をクリックしてもらった場合にのみ料金が発生するため、少額からでも広告配信が可能となります。つまり、広告主はクリックされた数に応じて支払うことになり、効果的な広告を作成してユーザーの関心を引きつけることが成功のカギとなります。

Facebook広告の始め方

ここからは、Facebook広告の配信を始めるステップを紹介します。一連の流れは次の通りです。

1.Facebookページを作成する

Facebook広告を始めるには、まず広告の土台となるFacebookページを用意する必要があります。サイドバーメニューの「ページ」から「新しいページを作成」をクリックします。そこでページ名やカテゴリ、詳細説明、連絡先、プロフィール画像などの情報を追加し、設定を完了させます。これで、広告を出稿するためのFacebookページが完成します。

2.ビジネスマネージャーを作成する

ビジネスマネージャーは、FacebookやInstagramなどのMetaの広告プラットフォームを管理するためのツールです。このツールを使用することで、Facebook広告の配信に必要な「広告アカウント」を作成し、管理することができます。

また、ビジネスマネージャーを利用することで、複数のチームメンバーが効率よく広告キャンペーンを管理し、適切に調整することが可能です。広告をより効果的に管理するためには、「Facebookビジネスマネージャー」を開設することが推奨されるので、覚えておきましょう。

3.広告アカウントを作成する

Facebook広告を出稿するためには、まずFacebookアカウントが必要です。Facebookアカウントを持っていれば、Facebook内で活動したりコンテンツを閲覧したりすることができます。「広告アカウント」から「新しい広告アカウントを作成」の順に進み、広告アカウント名を入力するだけで、広告を出稿する準備が整います。

4.キャンペーンを設定する

キャンペーンとは広告の目的を指し、種類は次の通りです。

  • ブランド認知
  • コンバージョン
  • サイト誘導
  • アプリのインストール
  • アプリ内イベント
  • 動画の再生数
  • エンゲージメント
  • リード獲得

キャンペーンを作成するためには、「広告マネージャ」のキャンペーンタブから「作成する」をクリックし、目的を選びます。

なお、複数の目的において広告配信する際には、広告ごとにキャンペーンを設定する必要があります。つまり、同じ獲得とはいえ、アプリインストールとコンバージョンを同じキャンペーンから配信することはできません。

5.広告セットを作成する

続いては「広告セット」の設定です。作業が最も多い箇所になりますが、次のステップ通りに進めば問題ありません。

  • 広告セット名の入力:テキストボックスにわかりやすい名前を入力
  • コンバージョンの場所の設定:期待するビジネス成果が発生する場所
  • ピクセルを選択:ターゲットユーザーに適切な広告を表示するためのタグ
  • カスタムコンバージョンを選択:追加コードを使わずに標準イベントが設定可能
  • ダイナミッククリエイティブの設定:オンにしておけば広告レベルで配置ごとに広告を手動でカスタマイズする必要がなくなる
  • 最適化と配信の設定:効果的に結果を出すための設定
  • 予算と掲載期間の設定:1日の予算または通算予算を入力
  • オーディエンス設定:カスタムオーディエンス、もしくは類似オーディエンスを使用。また、[地域]、[年齢]、[性別]、[詳細ターゲット設定]、[言語]にマウスを重ねて[編集]を選択し、新しいオーディエンスも作成可能
  • 配置の設定:[Advantage+配置]を選択すると、高いパフォーマンスが期待できる

以上で「広告セット」の設定は完了です。

6.広告を作成する

広告セットを設定した後は、「広告」でコンテンツの詳細を決めます。Facebook広告のフォーマットには「Facebook広告の4つのフォーマット」でお伝えしたとおり、以下の種類があります。

  • 写真広告
  • 動画広告
  • カルーセル広告
  • コレクション広告

7.支払い方法を設定する

設定メニューから「支払い方法」を選択します。支払い方法は、クレジットカード、デビットカード、またはPayPalのいずれかです。

8.タグを発行してWebサイトに設置する

最後に、リターゲティングを行うためのオーディエンスリスト作成や効果測定に不可欠なFacebookピクセルを発行します。

リターゲティングとは、過去にWebサイトやアプリを訪れたユーザーや、広告に反応したユーザーに再び広告を表示するマーケティング手法です。リターゲティングを行うことで、ユーザーに関心を持ってもらったり、購買行動につなげたりすることができます。

そして、オーディエンスリストとはリターゲティングを実施する際に使用するターゲットユーザーのリストです。このリストには、過去のWebサイト訪問者やアプリの利用者などが含まれます。オーディエンスリストを使用することで、特定の行動や興味を持つユーザーにターゲティングしたり、広告のパーソナライズを強化したりすることができます。

そして、Facebookピクセルは、Facebook広告を効果的に管理し、ターゲットユーザーに適切な広告を表示するために重要です。具体的には、Webサイトやアプリ上でのユーザーの行動を追跡するための「Webページに埋め込むコード」を指します。

このFacebookピクセルを発行するには、「イベントマネージャー」をクリックし、次に「データソース」をクリックします。画面の指示に従えばピクセルタグが発行できるので、Webサイトに設置してください。

9.Facebookの審査を待つ

FacebookやInstagramで広告を掲載する際には、その広告がMetaの広告規定に準拠しているかどうかが審査されます。審査は広告が掲載される前に自動的に行われ、広告マネージャの配信列で確認することが可能です。

なお、広告の審査は通常、24時間以内に完了しますが、場合によってはそれ以上の時間がかかることがあります。また、広告は公開後も再審査が実施されるケースもあるため、広告を入稿する際には規定に準じているかをしっかり確認しましょう。

Facebook広告のおすすめ運用方法    

Facebook広告を効果的に運用するためには、適切な戦略や手法を取り入れることが重要です。効果的な運用方法を知ることで、目標達成に向けて効率的に広告を展開することが可能となります。最後にFacebook広告のおすすめ運用方法をご紹介します。

1.機械学習による最適化のために予算とターゲティングを絞りすぎない

広告を最適化するために、予算とターゲティングをバランスよく設定しましょう。あまりにも予算やターゲティングを厳密に設定しすぎると、広告の効果が損なわれる可能性があります。

機械学習を行わせるためには、材料となるユーザー数が必要です。ターゲティングを広範囲に設定するだけでなく、ユーザーの母数を貯めるために配信する広告予算もあらかじめ確保しておかなければなりません。

2.クリエイティブは「1:1(スクエア)」と「9:16(縦長)」の2サイズを用意する

ユーザーが利用するデバイスやプラットフォームに合わせて、適切なサイズの広告を用意しましょう。スクエアや縦長の広告はユーザーの目を引きやすいのでおすすめです。

3.自動入札を積極的に活用する

自動入札は広告の表示やクリックを最適化するための手法です。Facebookの自動入札機能を活用することで、広告のパフォーマンスを向上させることができます。人の手を必要としないので、人的リソースの削減にもつながります。結果として、費用対効果アップにも寄与するので、積極的に取り入れましょう。

4.クリエイティブ検証を実施する

複数の広告を試してみて、どれが一番効果的かを比較検証しましょう。テキストや画像、キャッチコピーなどを変えて実験し、ユーザーの反応を見てみると、効果の良いクリエイティブを特定することが可能です。たとえば、CTRやCVRの高いクリエイティブに予算を寄せるとより獲得を増やすことも期待できます。クリエイティブ検証はFacebookに限らず、広告運用の基本となります。

5.ユーザーとのコミュニケーションを取る

ユーザーとのコミュニケーションを活発に行うことは、広告の効果を高めるために重要です。Facebookではユーザーが広告にコメントしたりメッセージを送ったりすることがあります。そのため、広告主は返信や「いいね」などの反応を通してユーザーとの対話を促進し、関係性を築きましょう。迅速で丁寧な対応は、ユーザーの興味を引くだけでなく、ブランドのファン獲得にも寄与します。

まとめ

今回の記事では、初心者向けにFacebook広告の基本的な始め方や、管理画面の設定方法、そして運用する際のポイントを紹介しました。Facebook広告は情報の拡散力が高く、マーケティング効果も期待できるため、オンラインビジネスに最適です。Facebook広告の特徴とメリットを最大限に活用し、効果的な運用を目指しましょう。

当社は、ユーザーの興味関心や属性を考慮して広告を配信し、広告主様のサービス利用促進を支援します。認定パートナー最高位である「バッジ取得パートナー」を獲得した広告代理店として、ターゲットユーザーに最適なクリエイティブで効果的なアプローチを提案し、広告効果の改善に取り組んでいます。Facebook広告をご検討の方、顧客獲得にお悩みの方は、ぜひDYMにご相談ください。

DYMの「SNS広告」サービスページはこちら

DYMでは WEB、人材、医療 を軸に様々なサービスを取り扱っております ご質問やご相談がございましたら、
まずはお気軽にお問い合わせください

【筆者・監修者企業】

株式会社DYM

【筆者・監修者企業】

株式会社DYM

「世界で一番社会を変える会社を創る」というビジョンのもと、WEB事業、人材事業、医療事業を中心に多角的に事業を展開し、世界で一番社会貢献のできる会社を目指しています。時代の変化に合わせた新規事業を生み出しながら世界中を変革できる「世界を代表するメガベンチャー」を目指し、日々奮闘しています。

DYMでは WEB、人材、医療 を軸に様々なサービスを取り扱っております ご質問やご相談がございましたら、
まずはお気軽にお問い合わせください

関連記事

【初心者向け最新】DSPとは?仕組みや機能、導入方法や効果を解説 【初心者向け最新】DSPとは?仕組みや機能、導入方法や効果を解説
公開日: 2024.05.30 更新日: 2024.06.14
Criteo(クリテオ)広告とは?仕組みやメリット、導入ポイントや事例まで解説 Criteo(クリテオ)広告とは?仕組みやメリット、導入ポイントや事例まで解説
公開日: 2024.05.30 更新日: 2024.06.14
WEBサイト制作の全体の流れや進め方、成功の鍵や依頼のポイントを解説 WEBサイト制作の全体の流れや進め方、成功の鍵や依頼のポイントを解説
公開日: 2024.05.30 更新日: 2024.06.14
SNSコンサルとは?運用代行との違いや流れ、業務内容や費用相場についても解説 SNSコンサルとは?運用代行との違いや流れ、業務内容や費用相場についても解説
公開日: 2024.05.30 更新日: 2024.06.14
【2024年最新】SEOとは?SEO対策の基本と具体的な3つの施策を解説! 【2024年最新】SEOとは?SEO対策の基本と具体的な3つの施策を解説!
公開日: 2024.05.30 更新日: 2024.06.14
アフィリエイトとは?仕組みや報酬獲得の方法、サイトの作り方を解説 アフィリエイトとは?仕組みや報酬獲得の方法、サイトの作り方を解説
公開日: 2024.05.30 更新日: 2024.06.14

DYMのサービスに関するお問い合わせ

DYMへのご質問やサービスについてのご相談等、お気軽にお問い合わせください。

ホーム お知らせ 会社情報

WEB 事業部>

リスティング広告

SEO

SNS広告
(Instagram、Facebook、Twitter、LINE、TikTok)

DSP・アドネットワーク

アフィリエイト

WEB制作

SNS運用代行
(Instagram・Facebook・Twitter・LINE・TikTok・Youtube)

タレントシェア

HR Tech 事業>

Indeed

スタンバイ・求人ボックス

RAKUSAI(採用管理ツール)

コールセンター

人材事業>

新卒採用(イベント、新卒紹介、スカウト)

DYM就職・DYM第二新卒

DYMハイクラス

人材育成・研修

エグゼパート

DYMテック

Ready Career

障がい者採用事業

ウェルフェアステーション事業

M&A・投資育成事業>

M&Aコンサルティング事業

投資育成事業

医療事業>

タイ

香港

NY

ベトナム

不動産事業>

不動産仲介・オフィスコンサルティング事業

ビジョン 社会貢献 コラム一覧 採用情報 お問い合わせ

このページのトップへ戻る

Back to top