Page Top

入社前研修は何をすればいい?研修内容や目的、入れるべき内容を解説

公開日:2024.05.30  更新日:2024.06.14

「入社前研修は何をすればいい?」

このように考えている経営者の方もいらっしゃるでしょう。

入社前研修ではビジネスマナー研修、グループワークなどを行うのがおすすめです。

事前に質の高い研修を行うことで、内定者のレベルアップ、離脱防止を図れます。

そこで今回の記事では、入社前研修に何をすればいいか悩んでいる経営者の方向けに、以下の情報を解説します。

  • 入社前研修の概要
  • 入社前研修に入れるべき内容
  • 入社前研修の目的
  • 入社前研修を成功させるためのコツ

「入社前研修で何をやるべきなのか事前にすべて知っておきたい」と考えている場合は、ぜひ今回の記事をチェックしてみてください。

<この記事で紹介する3つのポイント>

  • 入社前研修を行う目的
  • 入社前研修で実施すべき内容
  • 入社前研修を成功させるためのコツ

入社前研修とは?

入社前研修について、初めて触れる場合もあるでしょう。

ここからは入社前研修の概要についてまとめて解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

入社前研修の概要

入社前研修は内定者が社会人としての基礎的なスキルを身につけ、入社後にスムーズに業務に取り組めることを目的として行います。

研修内容は企業によって異なりますが、ビジネスマナーやコミュニケーションスキル、PCスキルなどが一般的です。

また、社会人としての心構えや企業理念の理解、業界知識の習得などもカリキュラムに含まれます。

研修方法は講義形式やグループワーク、ロールプレイングなど様々です。

入社前研修には入社後の早期戦力化はもちろん、モチベーション向上を図り、内定辞退を防ぐ役割もあります。

入社前研修の実施時期

入社前研修は、ほとんどの場合が年内10月から4月にかけて行われます。

10月はどの企業でも内定式が行われる時期であり、内定者との接点を持つ良い機会となります。

その後、年末年始を挟んで、2月から3月にかけて本格的な入社前研修が行われることが一般的です。

4月の入社式までに、内定者が社会人としての心構えを身につけ、スムーズに業務に取り組めるようにしましょう。

ただし、企業によっては、内定後すぐに入社前研修を実施したり、入社式直前に集中的に行ったりするケースもあるので、あくまで参考程度に留めてください。

入社前研修の実施方法

入社前研修の実施方法は、企業によって異なりますが、主に以下のような方法があります。

  • eラーニング
  • グループワーク
  • 合宿型研修
  • 実践研修

どれか1つを行うよりも、組み合わせることで、効果的な入社前研修の実施が可能です。

インプットとアウトプットのバランスを見て、内定者にとって学びやすい研修カリキュラムを組みましょう。

入社前研修に入れるべき内容

入社前研修に入れるべき内容として、以下の5つが挙げられます。入れるべき理由も解説しているので、事前にすべてチェックしておきましょう。

ビジネスマナー研修

入社前研修では、ビジネスマナーを学ぶことが重要です。

社会人としての基本的なマナーを身につけることで、入社後のスムーズな業務遂行につながります。

具体的には挨拶や敬語の使い方、電話応対、名刺交換、ビジネスメールの書き方などが主なカリキュラム内容です。

ビジネスマナー研修では、ロールプレイングなどを通すとよりスムーズに内定者がスキルを獲得できます。

座学だけではなく実際に動いてもらって、より効率良く覚えてもらうようにしましょう。

eラーニング

eラーニングではパソコンやスマートフォンを使用して、PCスキルやビジネス知識などを自分のペースで学習できます。

入社前研修ではeラーニングを活用することで、効率的な学習が可能です。

具体的にはOfficeソフトの使い方や、ビジネス文書の書き方などを学びます。

さらに企業によっては、eラーニングの学習状況を確認し、課題を課すことで定着度を図るケースもあります。

学習の効果を確認するためにも、課題の実施まで想定しておきましょう。

グループワーク

グループワークでは、内定者がチームを組んで、与えられた課題に一丸となって取り組みます。

入社前研修ではグループワークを取り入れることで、内定者同士の交流を深められます。

課題は企業によって異なりますが、新商品の企画や営業戦略の立案などが一般的です。

グループワークは内定者の主体性を重視した研修方法であり、入社後の業務遂行にも活かせます。

チームワークを早い段階で醸成できるので、取り組む価値は大きいと言えるでしょう。

実務研修

入社前研修では実務に沿った研修を行うことで、内定者の実践的なスキルを養えます。

実務研修では、企業の業務内容に合わせた研修を行います。

具体的には、営業職であれば営業スキルや商品知識の習得、事務職であれば事務処理スキルや業務フローの理解などが一般的です。

実務研修は内定者にとって、入社後の業務をイメージする良い機会になります。

内定前の離脱防止にもつながるので、実務研修もカリキュラムに組み込みましょう。

課題

入社前研修では、研修内容を振り返るための課題を課すことが重要です。

課題の実施で、研修で学んだ内容を定着させることはもちろん、内定者の理解度を確認できます。

課題の内容としてはレポートの作成や、プレゼンテーションの準備などが考えられます。

課題の結果を見て内定者の能力を把握し、入社後の育成方針を決めることも可能です。

課題の実施までカリキュラムに入れて、内定者のより詳しい情報を集めましょう。

株式会社DYMでは、上記5つの入社前研修を一気通貫で、実施可能です。

入社前研修をしようか悩んでいる場合は、以下のリンクからぜひ一度無料でご相談ください。

DYMの「人材育成・研修」サービスページはこちら

入社前研修の目的

入社前研修の目的は複数に分かれます。企業によっても異なりますが、具体例として、以下の5つをチェックしておきましょう。

スキルの早期習得

入社前研修を実施すると、内定者は社会人として必要な基礎スキルを事前に習得可能です。

ビジネスマナーやコミュニケーションスキル、PCスキルなどを入社前に習得しておくことで、入社してすぐにスムーズに業務へ取り組めます。

一方、入社後に一から育成しようとすると、内定者の負担が大きくなるだけでなく、指導する側の社員の負担も増えてしまいます。

入社前研修を活用して、教育にかかるコストを減らせるように心がけましょう。

内定者辞退の防止

入社前研修は、内定者と企業の関係性や理解を深める重要な機会となります。

研修を通じて内定者は、企業の理念や文化、業務内容などを深く理解する機会を得ることが可能です。

また、内定者同士や先輩社員とのコミュニケーションを通じて、企業への帰属意識を高められます。

関係性の構築と理解促進により内定者の不安や疑問を解消し、内定辞退を防止する効果が期待できます。

内定者の離脱を防ぎ、優秀な人材を確保するためにも、入社前研修は欠かせない取り組みと言えるでしょう。

会社・事業に対する理解促進

入社前研修では会社の理念や事業内容、業界動向などを内定者に伝えられます。

就職活動では得られない現場の情報を提供すると、内定者の会社や事業に対する理解を深めることが可能です。

会社や事業への理解が深まることで、内定者は自分の働く意義や目的を明確に認識できるようになります。

入社後の働きぶりにも好影響を与え、高いモチベーションを持って業務に取り組むことが期待できるでしょう。

社会人への意識転換

入社前研修は、学生から社会人への意識転換を内定者に促す重要な機会となります。

学生気分のまま入社してしまうと、社会人としての心構えや行動が身につかず、慣れるのに時間がかかってしまいます。

入社前研修で社会人としての心構えやビジネスマナーなどを教えることで、内定者の意識を社会人へと切り替えられます。

また、先輩社員との交流を通じて、社会人としての立ち振る舞いを身につけることも可能です。

コミュニケーション促進

入社前研修では、内定者同士のコミュニケーションが促進され、同期入社の仲間意識を持たせられます。

先輩社員との交流の機会を設けることで、入社後の人間関係構築のベースを作ることも可能です。

内定者間や先輩社員とのコミュニケーションを通じて、内定者は安心感を得ることができ、入社への不安を解消できます。

入社前研修は内定者の人間関係構築をサポートし、組織への適応力を高める重要な機会となるでしょう。

入社前研修で成功するためのコツ

入社前研修で成功するためには、以下のコツを理解しておく必要があります。

内定者からの印象に関わるものもあるので、チェックした上で臨みましょう。

事前に部署からヒアリングしておく

入社前研修を効果的に実施するためには、事前に各部署の要望をヒアリングできると理想的です。

内定者が配属される予定の部署から、どのようなスキルや知識を身につけてほしいのかを確認します。

部署の要望を踏まえて研修内容を考えると、内定者が入社後にスムーズに業務に取り組みやすくなります。

将来的に上司側が内定者に教育するコストを減らすことにもつながるので、研修のカリキュラムを組む前に事前に部署からヒアリングしましょう。

研修の目的とゴールを内定者に共有する

入社前研修を成功させるためには、研修の目的とゴールを内定者と共有する必要があります。

なぜ入社前研修を実施するのか、研修を通じて何を身につけてほしいのかを明確に伝えると、お互いに認識の齟齬をなくすことが可能です。

また、目的やゴールを共有することで、内定者と企業の間で共通認識を持ちながら研修を進められます。

内定者のモチベーションを高め、研修の効果を最大化するためにも、目的とゴールの共有は早い段階で行いましょう。

スケジューリングを十分に行う

入社前研修を円滑に進めるためには、スケジュールの綿密な計画が必要です。

研修の期間や各回の内容などを事前に決めておくことで、効率的な運営が実現します。

また、短期集中型にするのか、長期間に分けて実施するのかも検討が必要です。

内定者の学事日程や企業の業務状況を考慮しながら、最適なスケジュールを組みましょう。

毎回の研修でデータを取る

入社前研修の内容をブラッシュアップするために、毎回の研修でデータを収集しましょう。

内定者にアンケートを実施し、研修内容への評価や理解度、満足度などを確認します。

データを分析することで、研修の改善点や内定者のニーズの明確化が可能です。

また、研修担当者だけでは気づきにくい課題や問題点も把握できるので、データ収集も欠かさずに実施しましょう。

研修のフィードバックを行う

入社前研修の終了後は、内定者と社員それぞれにフィードバックを行いましょう。

内定者に対して研修での成果や課題をフィードバックし、自分に足りない部分を認識してもらいます。

自分の強みや弱みを理解させると、入社後の成長速度を早めることが可能です。

また、社員に対しては、内定者の様子や研修効果をフィードバックします。

より効率的な指導法やカリキュラムを考えるヒントになるので、積極的に情報を共有しましょう。

入社前研修に関するよくある質問

初めて入社前研修を行う場合、いろいろと疑問に思うことも多いでしょう。

入社前研修に関するよくある質問として、以下の3つを解説しているので参考にしてみてください。

内定者はどんなことに悩んでいることが多いの?

入社前研修に臨む内定者は、研修の内容や期間について不安を感じていることが多い傾向にあります。

具体的にはどのようなことを学ぶのか、どれくらいの期間で研修が行われるのかといった点が挙げられるでしょう。

また、研修中の人間関係や、自分の適性に対する不安を抱えている内定者も少なくありません。

企業側としては内定者の不安や悩みを理解し、適切な情報提供を行う必要があります。

事前に開示できる情報に関しては、内定者側にすべて共有すると良いでしょう。

入社前研修で労災保険は適用されるの?

入社前研修中の事故やケガについて、労災保険の適用は状況によって異なります。

一般的な入社前研修であれば、労災保険の適用対象にはなりません。

ただし、アルバイトの形で実際に業務を行わせている場合など、労働性が認められる場合は、労災保険の適用対象となる可能性があります。

また、研修中の事故などについて、企業側の安全配慮義務違反が認められる場合は、損害賠償責任を負うケースもあります。

入社前研修中の事故やケガに備えて、企業側として保険の適用範囲を事前に確認しておくことが大切です。

入社前研修の依頼はDYMにお任せください!

入社前研修を行うと、早期のスキル習得や将来的な教育コストの削減、内定者の離脱防止などが実現しやすくなります。

正しい手順で入社前研修を行うと、内定者が安心でき、より高いモチベーションで働いてくれるようになるでしょう。

入社前研修の概要、実施する際のポイントは本記事にすべて記載しているので、読みながら実践してみてください。

ただし、自社でリソースやノウハウがなく不安に感じる場合は、研修のプロにすべて任せるのがおすすめです。

株式会社DYMでは、入社前研修を一気通貫で実施できる体制とノウハウを用意しています。

業界問わず数多くの企業の研修に携わってきたプロが登壇し、質の高い研修を実施することが可能です。

単純に研修を行うだけではなく、意識改革研修や合宿型の研修にも柔軟に対応可能なので、以下のリンクからぜひ無料でご相談ください。

DYMの「人材育成・研修」サービスページはこちら

DYMでは WEB、人材、医療 を軸に様々なサービスを取り扱っております ご質問やご相談がございましたら、
まずはお気軽にお問い合わせください

【筆者・監修者企業】

株式会社DYM

【筆者・監修者企業】

株式会社DYM

「世界で一番社会を変える会社を創る」というビジョンのもと、WEB事業、人材事業、医療事業を中心に多角的に事業を展開し、世界で一番社会貢献のできる会社を目指しています。時代の変化に合わせた新規事業を生み出しながら世界中を変革できる「世界を代表するメガベンチャー」を目指し、日々奮闘しています。

DYMでは WEB、人材、医療 を軸に様々なサービスを取り扱っております ご質問やご相談がございましたら、
まずはお気軽にお問い合わせください

関連記事

女性におすすめの派遣の仕事とは?人気の職種や企業が活用するメリットも解説 女性におすすめの派遣の仕事とは?人気の職種や企業が活用するメリットも解説
公開日: 2024.06.14 更新日: 2024.06.14
監査役や社外取締役の紹介サービスとは?種類やおすすめの選び方について解説 監査役や社外取締役の紹介サービスとは?種類やおすすめの選び方について解説
公開日: 2024.06.14 更新日: 2024.06.14
既卒とは?既卒採用のメリットや新卒との違い、おすすめの就活の進め方も解説 既卒とは?既卒採用のメリットや新卒との違い、おすすめの就活の進め方も解説
公開日: 2024.06.14 更新日: 2024.06.14
障害者雇用とは?条件や一般雇用との違い、支援制度や助成金、メリットを解説 障害者雇用とは?条件や一般雇用との違い、支援制度や助成金、メリットを解説
公開日: 2024.06.14 更新日: 2024.06.14
営業顧問とは?役割や導入のメリット、報酬体系の種類について解説 営業顧問とは?役割や導入のメリット、報酬体系の種類について解説
公開日: 2024.06.14 更新日: 2024.06.14
マーケターを業務委託するメリットとは?費用相場やメリット・デメリットを解説 マーケターを業務委託するメリットとは?費用相場やメリット・デメリットを解説
公開日: 2024.06.14 更新日: 2024.06.14

DYMのサービスに関するお問い合わせ

DYMへのご質問やサービスについてのご相談等、お気軽にお問い合わせください。

ホーム お知らせ 会社情報

WEB 事業部>

リスティング広告

SEO

SNS広告
(Instagram、Facebook、Twitter、LINE、TikTok)

DSP・アドネットワーク

アフィリエイト

WEB制作

SNS運用代行
(Instagram・Facebook・Twitter・LINE・TikTok・Youtube)

タレントシェア

HR Tech 事業>

Indeed

スタンバイ・求人ボックス

RAKUSAI(採用管理ツール)

コールセンター

人材事業>

新卒採用(イベント、新卒紹介、スカウト)

DYM就職・DYM第二新卒

DYMハイクラス

人材育成・研修

エグゼパート

DYMテック

Ready Career

障がい者採用事業

ウェルフェアステーション事業

M&A・投資育成事業>

M&Aコンサルティング事業

投資育成事業

医療事業>

タイ

香港

NY

ベトナム

不動産事業>

不動産仲介・オフィスコンサルティング事業

ビジョン 社会貢献 コラム一覧 採用情報 お問い合わせ

このページのトップへ戻る

Back to top