Page Top

DYM

QUESTION 1

DYMで働くことを決意した経緯を教えてください。

圧倒的に成長をしている企業であること、そしてDYMで働く人に魅力を感じたからです。 面接を通して、やる気のあるメンバーが集まり、本気でビジネスに取り組む姿勢が見受けられ、カッコイイなと思いました。社内イベントも活発で、社風に活気があり楽しそうだとも思いました。 また、就職すると人生の大半が仕事で時間を過ごすことになります。週5で働いている時間をなんとなく過ごすのではなく、せっかく働くのなら成長でき充実した日々を送りたいと考えていました。 特に20代の若いうちに様々なチャンスをいただけるDYMでは、圧倒的に成長できそうだと考え入社を決意しました。

QUESTION 2

DYMでの仕事内容を教えてください。

現在は、人事部で幅広い仕事に携わっています。採用、広報、人事労務等です。どの仕事もPDCAを回し、勉強の日々でとても楽しいです。 一番最初は人材事業部に配属されましたが2ヶ月で人事部への異動がありました。当時人事部の実務は2名で行っており、誰かがやってくれると思う考えは捨て、気になったことやもっとこうすべきだと思うことは、とことんやっていきました。新卒1年目で研修担当をしたのは、今では考えられないです。 その後、人事労務の仕事もするようになり、EXCELが上達したり、より多くのことを学べました。 人事部で労務の領域をも担当することによって、より人事として、職場改善や採用するうえでも参考となるデータがとれます。分析することで、より会社全体の改善提案が可能になりました。社員の働きやすい環境を作ることにより、感謝の言葉を頂くこともあり、人事をやっていて喜びを感ます。

QUESTION 3

仕事をするうえでの、スタンスやポリシー、譲れないポイントを教えてください。

付加価値をつけることです。 小さな仕事だとしても、ただやるのではなく、私がこの仕事をしたことにより、精度が上がった、成果が出た、また任せたいなど思っていただけるように心がけています。 また、採用や労務、広報等の仕事を通じてミスコミュニケーションとならないように、なるべく分かりやすく正確に伝えるということも気をつけています。 丁寧に説明したつもりだったが伝わらないということも稀にあります。そういった場面で、相手のせいにするのではなく、自分の伝え方の問題だと思い、より分かりやすく伝えられるよう工夫をしています。採用業務を長くやっていたので求職者とのやり取りを通じ、レスの速さや、こちらの熱意を伝えたり、少しでも良い印象を与えられるようなコミュニケーションも自然と意識して行っています。また、普段仕事をしていて、他の人の良いところは、取り入れるようにもしています。

QUESTION 4

DYMで働く魅力を教えてください。

飽きない毎日を過ごすことができます。 新規事業を年に数本立ち上げたり、新しい制度の導入が始まったり、日々会社の成長のために新しいことに挑戦する文化があります。本当に目まぐるしいです。 私の場合は、1年目で採用に関するあらゆる業務を経験できたり、2年目でコーポレートサイトの作成に携わることが出来たり、労務業務も経験したり、広報之仕事も担当させていただきました。 若い人が中心となり、毎日スピード感ある中で働けるので、20代の若い内から実力が付けられる環境があると感じています。また、平等にチャンスを与えてくれる会社だからこそ一人ひとりが真剣に取り組みます。 仕事をしている時はみんな仕事へ全力に取り組み、ONもOFF本当に全力です。その環境が私には本当に合っていると感じています。

QUESTION 6

人生で一番がんばったことを教えてください。

2019年の11月頃のことです。2019年5月から中途採用と労務の仕事に加え、広報の仕事を担うようになり、新聞にDYMが取り上げてもらうにはどうすればよいのか右も左も分からない中で、様々なセミナーに参加したり、他社の広報の方から情報を得たりして、まずはアクションを起こすことを意識してKPIを設定し行動していきました。その結果、ご縁もあり5大紙全てに掲載していただくことができ、社内でも社長賞をいただきました。 その頃、労務業務に関する資格取得の勉強も同時並行で進め、仕事終わりは毎晩1~2時間勉強し、土日もカフェや図書館で勉強していました。無事資格試験も合格しました。忙しい日々を過ごしていたなと思い出します。

QUESTION 7

入社してからのギャップはありますか?

想像以上に任せてくれる環境であったことです。実際に一年目の3ヶ月目から人事に配属になり、実務を2名で行っていたため、採用関連全ての仕事を全うしました。採用計画も昨年のものを参考に設計し、業者への対応、HPやムービー・パンフレット作成、説明会の設営、運営面の業務改善、面接、調整業務、海外の採用、中途採用、アルバイト雇用、内定者フォロー、内定式の段取り決め手配準備、進捗の確認、、、失敗も沢山しましたがチャレンジングに働けました。急成長しているDYMでは、チャンスが山のようにあります。新規事業も沢山取り組みますし、次々と色々な事を決めていく必要があるので、新卒だろうと、インターンだろうと、やる気のある人にどんどん仕事を任せてくれます。普通なら企業に入社して半年も働けば、学ぶ速度は減退していきますが、ベンチャー企業は逆です。意思決定能力の向上によって、学習速度が加速していきます。新卒一年目からここまで任せてくれる会社は本当にDYMだけだと思います笑

DYMの魅力社長
社長1
社長2
社長3
社長4
他のDYMの魅力も読む
成長
社風
事業内容
社長

DYMのサービスに関するお問い合わせ

DYMへのご質問やサービスについてのご相談等、お気軽にお問い合わせください。

このページのトップへ戻る

Back to top